読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐぐスポ!ニュース速報

錦織圭・フィギュアスケート・ラグビー・野球・サッカー日本代表・なでしこなど、様々なスポーツの試合日程や放送予定をお伝えします。

MENU

羽生結弦 四大陸選手権フィギュア2017の男子ショートプログラム得点速報・結果一覧

フィギュアスケート 羽生結弦特集 羽生結弦 田中刑事 宇野昌磨 四大陸選手権2017

日本からは羽生結弦・宇野昌磨・田中刑事らが四大陸フィギュアスケート選手権2017に出場します。

大会会場となる韓国の江陵アイスアリーナは、来年(2018年)に開催される平昌オリンピック(冬季五輪)でも使用されることが決まっている為、ここのリンクで表彰台に上がることは重要と、羽生選手もコメントしています。

男子ショートプログラム(SP)は2017年2月17日(金)17:45~予定されております。試合の得点結果・順位をなどを速報にてお知らせいたします。

四大陸選手権2017の試合日程一覧

下記、日時は現地時間ですが、韓国平昌(ピョンチャン)と日本の時差はありません。

日程時間男子女子結果
2/16(木) 18:30~21:44   SP 女子SP結果
2/17(金) 17:45~21:55 SP   男子SP結果
2/18(土) 18:00~21:47   FS 女子総合結果
2/19(日) 11:00~15:07 FS   男子総合結果

※SP=ショートプログラム・FS=フリースケーティング

女子は樋口新葉・本郷理華・三原舞依が出場

 

男子ショートプログラム得点詳細|四大陸選手権2017

男子SP(ショートプログラム)の滑走時刻は発表がありました。

  • 田中刑事(16番滑走:20:15-20:22)
  • 羽生結弦(22番滑走:21:22-21:28)
  • 宇野昌磨(23番滑走:21:28-21:35)
順位名前得点滑走
1 Nathan CHEN USA 103.12 19
2 宇野昌磨 JPN 100.28 23
3 羽生結弦 JPN 97.04 22
4 Boyang JIN CHN 91.33 26
5 Patrick CHAN CAN 88.46 24
6 Han YAN CHN 84.08 15
7 Grant HOCHSTEIN USA 81.94 20
8 Misha GE UZB 81.85 25
9 Jason BROWN USA 80.77 21
10 Brendan KERRY AUS 78.11 5
11 田中刑事 JPN 77.55 16
12 Kevin REYNOLDS CAN 76.36 14
13 Nam NGUYEN CAN 72.99 17
14 Michael Christian MARTINEZ PHI 72.47 18
15 Julian Zhi Jie YEE MAS 72.21 11
16 June Hyoung LEE KOR 67.55 8
17 Sihyeong LEE KOR 65.40 7
18 Jinseo KIM KOR 64.26 10
19 Andrew DODDS AUS 60.17 13
20 Mark WEBSTER AUS 54.92 2
21 Leslie Man Cheuk IP HKG 52.86 9
22 Chih-I TSAO TPE 51.02 6
23 Kai Xiang CHEW MAS 47.38 4
24 Micah TANG TPE 46.41 1
25 Harry Hau Yin LEE HKG 45.27 12
26 Harrison Jon-Yen WONG HKG 45.12 3

ショートプログラムが終了し次第、男子フリーの滑走順・滑走時間を始め結果速報を下記サイトに掲載いたします。

→男子フリーの得点と総合結果速報

 

テレビ放送と中継情報|四大陸選手権2017

四大陸選手権のテレビ放送はフジテレビ系列にて放送されます。

放送予定では男女ともショートプログラムはLIVE中継され、男女フリーは録画放送が予定されています。

  • 2月16日(木) 夜8:00~9:54[LIVE]
    女子ショートプログラム
  • 2月17日(金) 夜7:57~10:9[LIVE]
    男子ショートプログラム
  • 2月18日(土) 夜9:00~11:10
    女子フリー
  • 2月19日(日) 夜7:00~8:54
    男子フリー

 

2016年12月23日~25日の日程で行われた、全日本選手権2016では大会直前にてインフルエンザに掛かり欠場となりましたが、今シーズンはグランプリファイナルを4連覇の偉業を達成し、NHK杯では2年連続で総合得点300点超えと素晴らしい演技を披露しています。

この、4大陸選手権は4年ぶりとなりますが、羽生選手は「順調にきました。何事もなく、いい練習ができました」とコメントしていますので平昌オリンピックの予行となる今大会も期待が持てそうです。