錦織圭が全豪オープンテニス2018の欠場を発表

怪我からの復帰を目指しリハビリを重ねている 錦織 圭 選手28才(ランキング22位)が全豪オープンテニスの欠場を自身の公式サイトで発表しています。

昨年の8月に開催されたウェスタン&サザンオープン大会前の練習中に右手首の小指側にある腱(尺側手根伸筋腱)の部分断裂との大けがからの復帰を目指してしていた錦織選手

2018年復帰に向けて、1月に行われるブリスベン国際・シドニー国際・全豪オープンテニスとエントリーをしていましたが、すべて欠場する事となりました。

全豪オープンテニスについては、リハビリは順調に進んでいるが5セットマッチを戦う準備が出来ていないとの様子、復帰が期待されますが次戦のATPツアーエントリーは2月に開催されるニューヨークオープンとなります。

※ATPツアー復帰までに下部ツアー(チャレンジャーツアー)での予定が発表されています。
1月22日開催のNewport Beach Challenger
1月29日開催のDallas Challenger

復帰についても錦織選手も1月は早いような気がするとコメントしていただけに、手首の回復具合も含め更なる調整をする模様です。出来る限り現役を続けていきたいとインタビューにも答えている為に、無理はせず完全に復帰できる状態でプレーする事を目標に進めている様子が伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です