読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐぐスポ!ニュース速報

錦織圭・フィギュアスケート・ラグビー・野球・サッカー日本代表・なでしこなど、様々なスポーツの試合日程や放送予定をお伝えします。

MENU

錦織圭 準々決勝の放送時間と試合予定|ロジャーズ・カップ2015

テニス 錦織圭特集

錦織圭 出場のロジャーズ・カップ2015 準々決勝放送時間試合予定が発表されました。それに合わせ、ドロー(トーナメント表)や放送するテレビ局やインターネット中継・注目されるシード選手などを速報します。

2015年8月の最新試合日程は次のとおりです。

8月31日から開催の全米オープンテニスの最新情報を更新しました。

詳しくは下記をクリックし特別サイトを御覧ください。

錦織圭 最新の放送時間と試合予定|全米オープン2015

準々決勝の放送スケジュールと試合日程の詳細

大会名と試合会場

ロジャーズ・カップ2015

カナダ・モントリオール

準々決勝の試合日程|ロジャーズ・カップ2015

日本との時差(13時間日本が進んでいます)

8月14日モントリオールの天気予報

・晴れのちにわか雨または雷雨 ・夕方から夜にかけて雨が降りやすいとの事 ・降水確率59%

モッピー!お金がたまるポイントサイト

試合開始時刻

第2試合に組まれた場合は、1試合目の試合が長引くと予定時刻がずれ込みます。 下記日程は当初予定されているスケジュールです。

前日の天候不良により試合がスライドし、昼・夜の2試合目以降に組み込まれる場合もあります。 錦織圭の準々決勝は日本時間8月15日(土)あさ7:30予定です。

現地時間|昼の部

第1試合

8月14日(金)ひる12:30

第2試合

8月14日(金)午後2:30

日本時間

第1試合

8月15日(土)深夜1:30

第2試合

8月15日(土)深夜3:30 ※1試合目が長引いた場合、予定時刻がずれ込みます。

現地時間|夜の部

第1試合

8月14日(金)夕方6:30

第2試合

8月14日(金)前の試合が終わり次第

日本時間

■第1試合 

8月15日(土)あさ7:30

第2試合

8月15日(土)前の試合が終わり次第

目安として、1試合1時間~2時間程度なので、 あさ9時~9時30分ころになるかと思われます。

ただし、天候不良などがあればこの限りではありませんのでご了承ください。

放送予定時間とテレビ局|ロジャーズ・カップ2015

■地上波 NHK

※8月16日(日)のセミファイナルは生中継決定

■BS放送 NHK BS1

※錦織圭の試合をすべて生中継

■スカパー GAORA(ガオラ)有料

※錦織圭の試合をすべて生中継

■インターネット中継

スカパーオンデマンド(有料)で、スマホ・タブレット・pcから視聴できます。

詳しくはスカパーのホームページでご確認下さい。

リンク先→www.skyperfectv.co.jp/(2週間お試しがあります)

放送時間

錦織圭の詳細な放送時刻については、下記のNHK BS1とGAORA(スカパー)の項目をご覧下さい。

試合開始時間は何試合目に組まれるかにより時間がことなります。

また、1試合目以外は前の試合が終わり次第になりますのでご注意下さい。

天気予報によると、夕方から降水確率が高いようですので、日本時間のあさ7:30以降の中継は注意が必要かも知れません。

■NHK BS1

(日本時間8月15日(土)あさ7:30予定です)

■8月15日(土)あさ7:30~ごろ

■GAORA(スカパー)

8月15日(土)深夜1:30~ひる12:30/生中継

放送は通しで行っていますが、 錦織選手の試合時刻はNKK BS1をご覧下さい

■ネット中継(スカパーオンデマンド)

8月15日(土)深夜1:30~ひる12:30/生中継

放送は通しで行っていますが、 錦織選手の試合時刻はNKK BS1をご覧下さい

準々決勝の対戦相手|ロジャーズ・カップ2015

ラファエル・ナダル/Rafael Nadal[9位]

対戦成績

錦織圭は7戦0勝

2014年 ATPワールドツアー・マスターズ1000 マドリード ・スペイン 屋外クレー 錦織圭途中棄権

2014年 全豪オープン オーストラリア 屋外ハード

2013年 全仏オープン フランス 屋外クレー

2012年 ATPワールドツアー・マスターズ1000 マイアミオープン アウトドアハード

2011年 ATPワールドツアー・マスターズ1000 マイアミオープン アウトドアハード

2010年 ウィンブルドン イギリス アウトドア芝

2008年 クイーンズ・クラブ選手権 イギリス アウトド芝

注目されるシード選手

ノバク・ジョコビッチ[1位]準々決勝進出

アンディ・マレー[3位]準々決勝進出

スタン・ワウリンカ[5位]2回戦敗退

トマシュ・ベルディヒ[6位]2回戦敗退

マリン・チリッチ[8位]2回戦敗退

ラファエル・ナダル[9位]準々決勝進出

ミロシュ・ラオニッチ[10位]2回戦敗退

ジョン・イズナー[16位]準々決勝進出

 

ドロー(トーナメン表)

画像をクリックすると大きくなります。 トーナメント表

最大の鬼門、ラファエル・ナダルとの対戦です。対戦成績を見ていただくと分かる通り、7戦0勝と勝てていません。 さらに、その7戦の内セットポイントを獲得したのが、たったの2回と相性が悪いのか非常にきびしい状況です。 2014年の5月以来の対戦となりますが、この一年で錦織圭がどれだけ進化したのか真価が問われる一戦ではないでしょうか。