読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐぐスポ!ニュース速報

錦織圭・フィギュアスケート・ラグビー・野球・サッカー日本代表・なでしこなど、様々なスポーツの試合日程や放送予定をお伝えします。

MENU

WBC 2017の試合日程・放送予定と出場メンバー一覧|ワールド・ベースボール・クラシック

プロ野球 WBC2017 野球

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2017年3月7日(火)~3月22日(水)の日程で開催されます。すでに出場国のグループ分けも発表され、侍ジャパン(野球日本代表)の出場予定メンバー一覧など、最新情報をご覧いただけます。

試合日程(1次ラウンド・2次ラウンド・決勝ラウンド)及び放送予定など随時お知らせしております。

■大会概要|WBC 2017
■試合日程|WBC 2017
 □1次ラウンド
 □2次ラウンド
 □決勝ラウンド(決勝トーナメント)
■出場メンバー(2/4更新)
■放送予定|WBC 2017

 

ワールド・ベースボール・クラシック 2017最新情報

 マリナーズからウェーバーで、アストロズに550万ドルの1年契約で移籍した、青木宣親がメジャーリーガーとして選出されました。2013年のWBCは日本人メジャーリーガーは参加していない為、2大会ぶりのMLBからの参加となります。

カブス入団が決まっている上原浩治投手(41)は参加辞退となりました。

ワールド・ベースボール・クラシック 2017大会概要

●大会名称:2017 WORLD BASEBALL CLASSIC
(第4回ワールド・ベースボール・クラシック2017)
●大会期間:2017年3月7日(火)~3月22日(水)
●決勝ラウンド出場条件
1次ラウンド(各4チーム・4グループ=4プール)に分かれ上位2チームが2次ラウンドへ進出

・プールA(韓国、台湾、オランダ、イスラエル)
・プールB(日本、キューバ、中国、オーストラリア)
・プールC(アメリカ、ドミニカ共和国、カナダ、コロンビア)
・プールD(メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラ、イタリア)

2次ラウンド(各4チーム・4グループ=4プール)に分かれ上位2チームが決勝ラウンドへ進出

・プールE(プールA1位・2位:プールB1位・2位)
・プールF(プールC1位・2位:プールD1位・2位)

決勝ラウンド(決勝トーナメント)

・準決勝1(プールE 2位 vs プールF 1位)
・準決勝2(プールE 1位 vs プールF 2位)
・決勝戦(準決勝1:勝者 vs 準決勝2:勝者)

試合日程(大会予定)|WBC 2017 

侍ジャパン(野球日本代表)のプールBの試合日程を掲載

1次ラウンド|WBC 2017 

・1次ラウンドの全体日程
 2017年3月7日(火)~3月11日(土)
・試合会場:東京ドーム

  • 2017年3月7日(火)19:00
    日本 vs キューバ
  • 2017年3月8日(水)12:00
    中国 vs キューバ
  • 2017年3月8日(水)19:00
    日本 vs オーストラリア
  • 2017年3月9日(木)19:00
    オーストラリア vs 中国
  • 2017年3月10日(金)12:00
    キューバ vs オーストラリア
  • 2017年3月10日(金)19:00
    日本 vs 中国
  • 2017年3月11日(土)19:00
    プレイオフ

 

2次ラウンド|WBC 2017 

侍ジャパン(野球日本代表)が2次ラウンド進出が決定し次第更新

・2次ラウンドの全体日程
 2017年3月12日(日)~3月16日(木)
・試合会場:東京ドーム

決勝ラウンド|WBC 2017 

侍ジャパンが決勝ラウンドに進出した場合は、試合会場は日本(東京ドーム)→アメリカ(ドジャースタジアム)へ場所を移し行われます。

侍ジャパン(野球日本代表)が決勝ラウンド(決勝トーナメント)に進出が決まり次第更新

・決勝ラウンドの全体日程
 2017年3月20日(月)~3月22日(水)
・試合会場:ドジャー・スタジアム

出場メンバー一覧|WBC 2017 

今後の日程は2017年2月23日~26日に侍ジャパンの強化合宿が行われ、数試合の強化試合を行った後、1次ラウンドに挑みます。 

大谷翔平は右足首を痛め出場辞退となりました。小久保裕紀監督「昨日から今日の情報を見させてもらい、本人とも話をし、28名から外す話をしました。100%で動けない。無理をさせられない状況」とのコメントがあり、武田翔太(福岡ソフトバンク)を追加招集しました。

投手
増井浩俊 北海道日本ハム 
宮西尚生 北海道日本ハム 
大谷翔平 北海道日本ハム 
牧田和久 埼玉西武
則本昂大 東北楽天
菅野智之 読売
秋吉亮 東京ヤクルト
松井祐樹 東北楽天
藤浪晋太郎 阪神タイガース
石川歩 千葉ロッテ
岡田俊哉 中日ドラゴンズ
千賀滉大 福岡ソフトバンク
平野佳寿 オリックス
武田翔太 福岡ソフトバンク
捕手
大野奨太 北海道日本ハム 
嶋基宏 東北楽天
小林誠司 読売
内野手
中田翔 北海道日本ハム
松田宣浩 福岡ソフトバンク
菊池涼介 広島東洋
坂本勇人 読売
山田哲人 東京ヤクルト
田中広輔 広島カープト
外野手
青木宣親 アストロズ
内川聖一 福岡ソフトバンク
秋山翔吾 埼玉西武
鈴木誠也 広島東洋
筒香嘉智 横浜DeNA
平田良介 中日ドラゴンズ

2016年12月20日に出場メンバーの一部が発表されました。メジャーリーグで活躍しているイチロー・田中将大・ダルビッシュ有・上原浩治・岩隈久志・前田健太・田沢純一・川崎宗則の招集されるような事になれば盛り上がることは間違いないと思いますが、侍ジャパンの今後に期待が掛かります。

放送予定とテレビ中継

前大会のWBC2013ではテレビ朝日系例・TBS系列にて放送されましたが。ワールド・ベースボール・クラシック2017の放送予定については情報が入り次第お知らせ致します。

 

第4回目となるWBCですが、侍ジャパンは2006年・2009年は優勝、2013年は日本は3位(優勝はドミニカ共和国)と2大会ぶりの優勝奪還を目指し大会を戦う事となります。202年の東京オリンピックで復活する事となった野球とソフトボールですが、東京五輪での金メダル獲得を目指す上でも重要な大会となるのではないでしょうか?