錦織圭、2020年の日程と最新ニュース!
錦織圭の最新ニュース
大坂なおみ2020年の日程を更新!
大坂なおみ今後の予定

【大坂なおみ】最新の試合予定とテレビ放送・ネット配信・結果速報|2020年

2019-11-11大坂なおみ

大坂なおみ が出場する最新の試合予定とテレビ放送・ネット配信「地上波・BS・CS・インターネット中継」情報や放送予定(放送時間)など、いつどこで生中継が見られるかなどを随時速報にて更新しています。また、大坂なおみ の2020年の出場予定や最新情報も掲載しております。

試合日程と共に、大会ドロー(トーナメント表)や過去の対戦成績や、試合開始時刻(現地時間・日本時間)など詳細情報を特設サイトにてお伝えしております。

大坂なおみ 2019年12月・2020年1月の最新情報と試合日程

最新情報に更新

随時更新を行っている為、上記をクリックすると最新情報がご覧頂けます。

最新情報(2019/12/02 13:46更新)

つかの間のシーズンオフ、噂の彼氏とNBA観戦を楽しむ、大坂選手(12/2)

大坂なおみ選手の2020年シーズンのスケジュールを更新、女子テニス(WTA)でもTOP10選手は特定の大会へ出場義務が課せられます。出場義務大会を中心に作成しました、今後、スケジュールの変更も予想される為、ご参考までにご覧下さい。

「現地10/29 14:53頃、ラウンドロビン2試合目が行われる数時間前に大会主催者の発表があり、大坂なおみ選手は右肩の負傷により、WTAファイナルズ欠場を表明しました。」

大坂選手のコメント
「WTAファイナルズを棄権しなければならなくて非常に残念です。今年最大のWTAイベントです。この様な形でトーナメントやシーズンを終わらせたかったのではありません。来年、深センで元気にプレーする事を楽しみにしています。」

→【大坂なおみ】WTAファイナルズ・10/29予選2試合目の試合予定と放送情報

大坂なおみのATPツアー最新ランキング(2019/12/09発表)
シングルス3位(ー)

大坂なおみ 2020年シーズンの試合日程と結果

試合日程出場court大会名
~
entryHardブリスベン国際
(Premier)
時差:日本1時間遅れ
~
entryHard全豪オープンテニス
(グランドスラム)
時差:日本2時間遅れ
~
未定フェドカップ予選
(国別対抗)
~未定Hardカタール トータル オープン
(PREMIER 5)
時差:日本6時間進み
~entryHardBNPパリバオープン
(PREMIER MAND ATORY)
時差:日本16時間進み
~entryHardマイアミオープン
(PREMIER MAND ATORY)
時差:日本13時間進み
~entryClayマドリード・オープン
(PREMIER MAND ATORY)
時差:日本7時間進み
~entryClayマドリード・オープン
(PREMIER MAND ATORY)
時差:日本7時間進み
~未定ClayBNLイタリア国際
(PREMIER 5)
時差:日本7時間進み
~entryClay全仏オープン
(グランドスラム)
時差:日本7時間進み
~entryGrassウィンブルドン
(グランドスラム)
時差:日本8時間進み
~未定Hard東京オリンピック
~未定Hardロジャーズ・カップ
(PREMIER 5)
時差:日本13時間進み
~未定Hardウエスタン&サザン・オープン
(PREMIER 5)
時差:日本13時間進み
~entryHard全米オープン・テニス
(グランドスラム)
時差:日本13時間進み
~未定Hard東レパンパシフィックOP
(Premier)
~未定Hard武漢オープン
(Premier5)
~entryHardチャイナ・オープン
(PREMIER MAND ATORY)
時差:日本1時間進み
~未定HardWTAファイナルズ
(Finals)
時差:日本1時間進み
■用語解説
・entry:エントリーが確認出ている大会、出場義務大会
※TOP10選手はグランドスラム、プレミア マンダトリー、プレミア5(4大会)の出場が課せられます

・未定:プレミア5、オリンピック、フェドカップ
※プレミア5は全5大会すべて掲載

■WTAツアーレベルは1(グランドスラム)>5(インターナショナル)となります。

1・グランドスラム(4大会)
2・プレミア マンダトリー(4大会)
3・プレミア5(5大会)
4・プレミア(32大会)
5・インターナショナル

・オリンピック(東京五輪2020)
・フェドカップ(国別対抗)

※出典はWTA公式カレンダーより、エントリーが確認でき次第更新、また暫定スケジュールの為、変更があり次第修正します。

次戦は2020年ブリスベン国際・大会日程・開始時刻

※2020年シーズンの初戦はブリスべン国際が予定、2019/11~2019/12 期間にエキシビジョンマッチ・チャリティーマッチの参加情報が入った場合は、内容を変更しお届けしますのでご了承下さい。

■時差:ブリスベンとは日本が1時間遅れています。

●現地時間:2020年1月6日(月)・1月7日(火)時間未定
●日本時間:2020年1月6日(月)・1月7日(火)時間未定

※ブリスベン国際2020の大会主催者より発表があり次第更新

LINE@などに登録されている方には、日程や試合直前のお知らせ、注目スポーツ情報をお届けしています。無料登録で費用は一切かかりません、もしよろしければご参加下さい。詳しくはページ最後の登録方法をご覧下さい。

次戦の対戦相手・1回戦|ブリスベン国際

●対戦相手未定

試合予定(開始時刻)や放送情報を始め、対戦者相手との対戦成績など詳細情報は下記特集サイトにてご案内しています。また、試合進行状況によっては試合開始予定が大きく前後する場合があります。試合当日は開始前から進行状況をお知らせしていますのでご活用ください。
→準備中【大坂なおみ】ブリスベン国際2020・1回戦の試合予定と放送情報

ブリスベン国際のテレビ放送・ネット配信情報

2019年の国外のWTAツアーはDAZNが独占でライブ配信(見逃し配信あり)、2020年初戦の情報は問い合わせ中の為、確認でき次第お知らせ致します。下記は2019年実績を元に掲載、内容が確定し次第修正、追記いたします。

●DAZN(未定)
ネット配信サービスの為、スマホ・タブレット・PCから自宅や外出先からも視聴可能です。また、テレビでの視聴する方法もありますので、詳しくは下記のDAZNホームページでご確認下さい。

  • リンク先→DAZN
現在、1ヶ月の無料体験を利用し視聴可能です

DAZNとは女子テニスツアー(WTA)、Jリーグ、プロ野球、欧州サッカー、MLB、F1、バスケットボール (Bリーグ)、総合格闘技、NFL、その他多数のスポーツを生中継また、1ヶ月無料でいつでも退会可能との事

■テレビ放映情報

●WOWOW(未定)
グランドスラムは全大会、日本で開催のジャパンウィメンズオープン・東レパンパシフィックの試合をLIVE中継、申し込み15分程度でテレビ・ネットで利用可能です。インターネットからの加入は24時間可能です。また、ネット配信のWOWOWメンバーズオンデマンドでは、テレビ同時配信や見逃し配信などスマホ・PC・タブレットからも利用可能です。詳しくはWOWOWのホームページをご覧下さい。

リンク先→WOWOWホームページ

●NHK(総合・Eテレ・BS)、地上波、BS放送
下記チャンネルでの放送は予定されていません。
・地上波(NHK総合・日本テレビ・TBS ・テレビ朝日・テレビ東京・フジテレビ)各系列
・BS(NHKBS1・BS日テレ・BS-TBS・BSフジ・BSジャパン・WOWOW)
・CS(スカパーなど)

大坂なおみ のプロフィール

国籍 日本
2019年までは日本とアメリカの二重国籍でしたが、日本国籍を選択し日本代表としてオリンピック出場を表明
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1997年10月16日
身長 180㎝
利き手 右利き・両手バックハンド
タイトル WTAツアーシングルス5勝
GS(USオープン2018・全豪オープン2019)
ラケット YONEX(EZONE LIMITED 98)
ウェア
シューズ
ナイキ(2019/4/5~)
コーチ 父親のレオナルド・フランソワが2019年9月に代理コーチとして就任
マネージメント IMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)、本社はニューヨーク、錦織圭も契約
スポンサー
※2019/10現在
日清食品・ヨネックス・ナイキ・WOWOW・シチズン時計・日産自動車・P&Gジャパン・資生堂
タイトル WTAツアーシングルス5勝
GS(USオープン2018・全豪オープン2019)
チーム大坂 ・ストレングス&コンディショニングコーチ
アブドゥル・シラー・アスレティックトレーナー
茂木奈津子、クリスティ・スター
公式SNS TwitterInstagramFacebook
日本語 2001年にアメリカに移住した為、英語を話すが、日本語については言ってることは分かるが、話すまで至らないとの事、現在勉強している最中
来歴 大坂なおみの身長(180㎝)を活かしたサーブが魅力の選手で、2016年の全米OPでは201.2㎞のファーストサーブを記、2016年は男子選手並みのサーブが注目されましたが、強打が打てる反面怪我が多く、2017年はわき腹の負担を考えてフォームの改善と球種など多彩なサーブで試合展開を組み立てているのが伺えました。2018年はコーチを、セリーナ・ウィリアムズ(8年間)やビクトリア・アザレンカなど世界ランキング1位のヒッティングパートナーを務めた、サーシャ・バインがコーチとなり、2017年に取り組んだサーブ・フォアの技術力アップを活かし、メンタル面では試合中うまくいかなくてもイライラする事なく、常にポジティブな姿勢で試合を行うことが大切と指導し、大坂選手も自信をもってプレーが出来ている姿が大きな結果を出しましたが、2019年2月12日にコーチ契約の解消を発表しています。

その後、2019年3月BNPパリバ・オープンからジャーメーン・ジェンキンス氏がコーチとなり、9月13日に「今が変化のために適切なときだと思う」とSNSで発信し半年でコーチ契約を解消、以降は父のレオナルド・フランソワがコーチを務めています。

母親が日本人で父親はハイチ系アメリカ人、3才からアメリカに渡った為、日本語は勉強中ですがなるべく日本語でインタビューにも答えるように頑張っている姿にも注目です。また、女子国別対抗(フェドカップ)では日本代表として出場し、大坂なおみ選手も日本人選手として今後も活躍が期待されます。

最近は200㎞に近いサーブは見ることはありませんが、それでも180㎞後半のスピードを出しています。サーブが決めらないとリズムが作れない場面の多く見られますが、2018年はフットワーク力が上がり、強力なフォアやバックハンドに加え、ドロップショットなども練習するなどバリエーションが広がり、グランドスラムのタイトルがさらに増えそうです。

大坂なおみ 出場のテレビ放送・ネット配信情報のまとめ

WTAツアーのテレビ放送は少なく、日本国外で開催されるWTAツアーの中継は2017年~2019年とネット配信のDAZNが独占しています。

ただし、グランドスラム中継はWOWOW・NHKで放送され、日本開催の東レパンパシフィック、ジャパンウィメンズオープンはWOWOWやTBS系列で放送されています。

下記の各テレビ局での試合中継についてのまとめ

・地上波(NHK総合・日本テレビ・TBS・テレビ朝日・テレビ東京・フジテレビ)各系列
・BS放送(WOWOW・NHK BS1・BS日テレ・BS-TBS・BS-フジ・BS-朝日・BS-ジャパン)
・CS放送(スカパー!GAORA・その他)

●NHK総合・BS1

グランドスラム
(全豪オープン・ウィンブルドン)

●WOWOW
グランドスラム全大会と一部の大会、、またWOWOW加入者はテレビの他に、スマホ・タブレット・PCでもLIVE中継がWOWOWオンデマンドにて視聴ができます。
リンク先→WOWOW

●ネット配信サービス
国外のWTAツアー・国別対抗戦のフェドカップはDAZNが独占LIVE配信

サッカー(Jリーグ・ブンデスリーガ・セリエAほか)・MLB(大谷・田中・ダルビッシュ)やプロ野球・バレーボール・モータースポーツ・ラグビー・総合格闘技・ゴルフなど様々なスポーツを配信し、1ヶ月の無料体験があるのが特徴です。

詳しくはHPをご覧ください→DAZN

ITF(国際テニス連盟)
WTA(女子テニス協会)

大坂なおみ 2019年シーズンの試合結果

2019年シーズンに出場した全大会を記録、各試合の対戦相手やスコアなどは、『大坂なおみ 2019年~2012年シーズンの試合結果一覧』からご覧頂けます。

大坂なおみ 2019年~2012年シーズンの試合結果一覧

大坂なおみは、ITFジュニアサーキットに出場することはなく、ITF女子サーキット(WTAでは最も低いカテゴリ)に14才の時から出場

大坂選手のプロ宣言は2013年6月、ランキング431位からキャリアが始まります。

  1. 大坂なおみ 2019年シーズンの試合結果一覧
  2. 大坂なおみ 2018年シーズンの試合結果一覧
  3. 大坂なおみ 2017年シーズンの試合結果一覧
  4. 大坂なおみ 2016年シーズンの試合結果一覧
  5. 大坂なおみ 2015年シーズンの試合結果一覧
  6. 大坂なおみ 2014年シーズンの試合結果一覧
  7. 大坂なおみ 2013年シーズンの試合結果一覧
  8. 大坂なおみ 2012年シーズンの試合結果一覧
The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら