Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大坂なおみ次戦はWTAファイナルズ!!
WTAファイナルズの試合予定
錦織圭、復帰戦はエルステバンクが予定に!
エルステバンクオープンの試合予定
ラグビーW杯日本代表が決勝ラウンド進出!
日本vs南アフリカ戦の日程・放送情報

エルステバンクオープン2019の日程、放送予定、ドロー、ポイント、賞金などについて?

2019-09-21錦織圭特集, 錦織圭, エルステ・バンク・オープン

エルステ・バンク・オープン2019
エルステ・バンク・オープンはオーストリアのウィーン(Vienna)で2019/10/21(月)~10/27(日)の試合日程で開催される、室内コートのATP500シリーズとなります。

試合日程、LIVE情報(TV放送・ネット配信)、ドロー、出場選手、賞金、ポイント情報などまとめてご覧頂けます。

エルステ バンク オープン大会概要

大会名 Erste Bank Open 500
開催期間 2019年10月21日(月)~10月27日(日)
開催地 オーストリア/ウィーン
時差 日本の方が7時間進んでいます
コート 屋外ハードコート
本戦 シングルス32ドロー
賞金 €2,296,490(約2億7千万円)
グレード グランドスラム>マスターズ1000>
ATP500>ATP250
この大会は2015年よりATP250→ATP500にグレードが上がっています。

出場選手一覧も載せますが、今季好調の ダニエル・メドベージェフ(RUS)、地元ドミニク・ティエム(AUT)、カレン・ハチャノフ(RUS)、そして錦織圭も出場が予定されています。錦織選手の試合情報は下記をご覧下さい。

エルステバンクオープンの試合会場について

試合会場・ヴィエナ・シュターレ
所在地: Roland-Rainer-Platz 1, 1150 Wien, オーストリア

コンサートなども行われ、テニスでも入場の際に鮮やかな演出が昨年は見られました。

エルステ・バンク・オープン試合会場

エルステバンクオープン2019のポイントと賞金

優勝賞金はATP500なので億越えはありませんが次の通りです。

ラウンド ポイント 賞金
優勝 500 約5600万円
準優勝 300 約2700万円
ベスト4
準決勝進出
180 約1350万円
ベスト8
準々決勝進出
90 約700万円
2回戦 45 約360万円
1回戦 0 約190万円

参考までのグランドスラムの賞金

  • 全豪オープン(約3億8千万円)
  • 全仏オープン(約2億7千万円)
  • ウィンブルドン(約2億7千8百万円)
  • 全米オープン(4億1千5百万円)

全米は過去最高の賞金総額となって話題となりました。

エルステバンクオープン2019の大会日程

  • 1回戦:10月21日(月)・22日(火)・23日(水)
  • 2回戦:10月23日(水)・24日(木)
  • 準々決勝:10月25日(金)
  • 準決勝:10月26日(土)
  • 決勝戦:10月27日(日)

※10/27にサマータイムが終了となる為、時差が7時間→8時間に変わります。その為、決勝戦の開始時刻には要注意です。

テレビ放送とネット配信の視聴方法は?|エルステ バンク オープン2019

エルステ バンク オープンの中継先をまとめてみました。

スカパー!GAORA(生中継)

ATPツアー 500・ATPツアー マスターズ1000・Nitto ATPファイナルズ・NEXT GEN ATPファイナルズを中心に放送しています。
リンク先→スカパー!

●スカパー!オンデマンド(LIVE中継)
GAORA利用者はスカパー!オンデマンドを利用しスマホ・PC・タブレット・TVで視聴可能
リンク先→スカパー!

BS朝日(録画or生中継)

ATPワールドツアー500の一部大会をBS朝日で放送、エルステ バンク オープンは年間スケジュールで予定されています。錦織圭の試合中継の情報が入り次第更新します。

WOWOWメンバーズオンデマンド(LIVE中継)

【ネット配信のみ】WOWOWメンバーズオンデマンドでATPマスターズ1000の全9大会、ATP500の10大会、ATP250の12大会、最終戦のATPファイナルズの合計32大会を生配信、インターネットに接続できる環境があれば、WOWOWメンバーズオンデマンドHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE配信にて視聴可能です。ご利用や加入に関しての詳しい情報はWOWOWのホームページよりご覧下さい。

●WOWOWテレビ(予定なし)
テレビ放映での予定はありません。ネット配信限定のWOWOWメンバーズオンデマンドで視聴可能

NHK総合・BS1 (予定なし)

ATP500の為、NHK総合(地上波)・NHKBS(BS放送)での予定はありません。

DAZN(予定なし)

大坂なおみ出場の女子テニスツアーと一部の男子ATP250をLIVE配信。そのほか、メジャーリーグ(大谷翔平・田中将大・ダルビッシュ)・サッカー(Jリーグ・ブンデスリーガ・セリエAほか)・プロ野球・バレーボール・モータースポーツ・ラグビー・総合格闘技・ゴルフなど様々なスポーツを配信しています。

  • リンク先→DAZN
現在、1ヶ月の無料体験を利用し視聴可能です

エルステバンクオープン出場予定選手など

選手名身長
4Daniil Medvedev
ダニール・メドベージェフ
RUS23198
5Dominic Thiem
ドミニク ティエム
AUT26185
8Kei Nishikori
錦織 圭
JPN29178
9Karen Khachanov
カレン・ハチャノフ
RUS23198
12Gael Monfils
ガエル モンフィス
FRA33193
13Matteo Berrettini
マッテオ・ベレッティーニ
ITA23196
15Borna Coric
ボルナ コリッチ
CRO22188
16Diego Schwartzman
ディエゴ シュワルツマン
ARG27170
17Nikoloz Basilashvili
ニコロズ バシラシビリ
GEO27185
21Felix Auger-Aliassime
フェリックス・オジェ アリアシム
CAN19193
22Guido Pella
グイド ペジャ
ARG29185
24Milos Raonic
ミロシュ ラオニッチ
CAN28196
25Grigor Dimitrov
グリゴール ディミトロフ
BUL28191
26Lucas Pouille
リュカ・プイユ
FRA25185
27Nick Kyrgios
ニック キリオス
AUS24193
32Kyle Edmund
カイル エドモンド
GBR24188
33Denis Shapovalov
デニス・シャポバロフ
CAN20183
35Fernando Verdasco
フェルナンド ベルダスコ
ESP35185
36Hubert Hurkacz
ホベルト・ホルカシュ
POL22196
37Gilles Simon
ジル シモン
FRA34183

エルステバンクオープン歴代優勝者2015年以降

優勝者 準優勝者 決勝結果
2018  ケビン・アンダーソン  錦織圭 6-3, 7-6(3)
2017  リュカ・プイユ  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 6–1, 6–4
2016  アンディ・マリー  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 6–3, 7–6(6)
2015  ダビド・フェレール  スティーブ・ジョンソン 4–6, 6–4, 7–5

錦織圭選手は2018年に初参戦し準優勝

2015年よりATP250→ATP500になった為、2015年から掲載、2014年以前にはアンディ・マリー、フアン・マルティン・デル・ポトロ、ノバク・ジョコビッチなども優勝しています。

エルステ バンク オープン2019のドロー(トーナメント表)

エルステ バンク オープン(オーストリア/ウィーン)のドロー(トーナメント表)が発表され次第掲載

錦織圭選手は全仏オープン以降、右ひじの痛みに悩まされ、肘に水が溜まっていたと明かし確実に良くなってきている。ただ、医者らと話し、まだ3~4週間はテニスをしない方がいいと決め、楽天ジャパンオープンと上海マスターズを欠場、楽天については最も好きな大会に出られないのは非常に残念。ただ、必ず強くなって戻ってくると力強いコメントを残しています。

このエルステ バンク オープンも怪我の回復次第となりますが、来年は東京オリンピックもあり完全復活に期待です。

このエルステバンクオープン情報は出典元のATP TourErste Bank Openスカパー!WOWOWBS朝日の公式情報を元に作成しています。内容や記載についてのご不明点・ご意見は→お問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!ライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ又は下記SNSからもご連絡頂けます。