【羽生結弦】フィギュアスケート・ロシア大会2017の試合結果速報とテレビ放送予定 | ぐぐスポ!ニュース速報

【羽生結弦】フィギュアスケート・ロシア大会2017の試合結果速報とテレビ放送予定

羽生結弦 出場のフィギュアスケート・ロシア大会2017の男子シングルのショート(SP)・フリー(FS)の結果速報(順位・得点・リザルト)を中心に、試合日程(日本時間及び現地時間を表記)・滑走スケジュール・出場選手・テレビ放送・インターネット中継(ライブ配信情報)など詳細情報を一覧にしていまとめてお伝えします。

羽生結弦 出場予定のグランプリシリーズ初戦はフィギュアスケート・ロシア大会2017(ロステレコム杯)となります。

開催地はロシア(モスクワ)となり、開催期間は現地・ 2017年10月20日(金)~10月22日(日)[時差は日本が6時間進んでいます]

ロシア大会2017(ロステレコム杯)への出場は羽生結弦、田中刑事・樋口新葉、坂本花織の4名がエントリー、グランプリシーズン2017/18は平昌オリンピックを間近に控え、日本代表を選ぶ上でも重要なシーズンとなります。そのGPシリーズ初戦を羽生結弦が更なる進化を見せてくれるのか、テレビ放送や試合観戦で演技を見たいところです。

ロシア大会2017(GPシリーズ)の大会日程

羽生結弦 選手が出場するフィギュアスケート・グランプリシリーズ2017/18のロシア大会2017(ロステレコム杯)はロシア[モスクワ]で開催される為、時差は日本が6時間進んでいます。

下記は現地スケジュールと日本時間を掲載しています。
羽生結弦・村上大介出場のショートプログラムの日程とフリー(FS)の日程を合わせて載せています。また、エキシビジョンは出場が決まり次第掲載する予定です。

カテゴリー 時差 試合日程 開催時刻 選手
男子ショート(SP) 現地時間 10/20(金) 14:00~15:33 羽生結弦
日本時間 10/20(金) 20:00~21:33 田中刑事
女子ショート(SP) 現地時間 10/20(金) 20:00~21:33 樋口新葉
日本時間 10/21(土) 2:00~3:33 坂本花織
男子フリー(FS) 現地時間 10/21(土) 13:30~15:25 羽生結弦
日本時間 10/21(土) 19:30~21:25 田中刑事
女子フリー(FS) 現地時間 10/21(土) 19:20~21:07 樋口新葉
日本時間 10/22(日) 1:20~3:07 坂本花織
エキシビジョン 現地時間 10/22(日) 15:00~17:30
日本時間 10/22(日) 21:00~23:20



ロシア大会2017(ロステレコム杯)のタイムスケジュール

下記がグランプリシリーズ・フィギュアスケート・ロシア大会2017(ロステレコム杯)の試合予定ですが。下記が公式に発表されいるスケジュールになります。羽生結弦選手は下記の男子ショート・男子フリー(FS)が該当するスケジュールとなります。スケジュールの変更があり次第更新いたします。

時差は日本が13時間進んでいる為、日本では日付を跨ぐ形となります。

男子ショートプログラムの得点結果速報と滑走順(時間)

フィギュアスケート・グランプリシリーズ初戦となる、羽生結弦のショート・フリーでどこまで記録を更新するのか気になりますが、参考までに羽生選手の自己ベストを掲載してありますので、観戦のでご参考にしてください。

ショートプログラム・日本時間10/20(金) 20:00~21:33
※時差:モスクワとの時差は日本が6時間進んでいます。

ショートプログラムの滑走時間が分かり次第、羽生選手を含め日本時間にてお知らせ致します。ショートプログラムの滑走順は世界ランキングの低い選手が1番滑走となり、出場選手の中で最も世界ランキングの高い選手が最終滑走となります。現在、世界ランキング1位の羽生選手は最終滑走となる見込みです。また、得点情報は当日速報にて掲載いたしますのでご活用ください。

羽生結弦の自己ベスト情報

GPシリーズ開幕のISUチャレンジャーシリーズのオータムクラシック2017で、ショートプログラム世界最高得点をいきなり叩き出した羽生結弦ですが、インタビューでは「まだ初戦ですし」とまだ先があると感じさせるコメントから、フィギュアスケート・ロシア大会2017(ロステレコム杯)でも期待が持てそうです。

  • GPファイナル 2015/16(トータル)・330.43
  • オータムクラシック2017(ショート)・112.72
  • World Championships 2017(フリー)・223.20
滑走時間 名前 SP得点 SP順位
Nam NGUYEN CAN
Daniel SAMOHIN ISR
羽生結弦 JPN
村上大輔 JPN
Denis TEN KAZ
Deniss VASILJEVS LAT
Dmitri ALIEV RUS
Mikhail KOLYADA RUS
Andrei LAZUKIN RUS
ネイサン・チェン USA
Grant HOCHSTEIN USA
Misha GE UZB

※上記は出場予定選手となります。体調不良や怪我による欠場もありますが、情報が入り次第掲載いたします。



男子フリーの得点と総合結果速報及び滑走順(時間)

フリースケーティング(FS)・日本時間10/21(土) 19:30~21:25
※時差:モスクワとの時差は日本が6時間進んでいます。

男子フリーの滑走時間が分かり次第、羽生選手を含め日本時間にてお知らせ致します。また、フリーの得点や試合結果は速報にてお知らせ致します。

ライバルとなりうる存在はアメリカのネイサン・チェン(18才)が唯一迫る可能性がある選手ではないでしょうか?「5種類の4回転ジャンプ」が飛べる選手で、ジャンプの構成は羽生結弦 選手をも上回るとも言われていますが、果たしてどうなるのか楽しみです。

総合 滑走
時間
名前 SP
得点
SP
順位
FS
得点
FS
順位
Nam NGUYEN CAN
Daniel SAMOHIN ISR
羽生結弦 JPN
村上大輔 JPN
Denis TEN KAZ
Deniss VASILJEVS LAT
Dmitri ALIEV RUS
Mikhail KOLYADA RUS
Andrei LAZUKIN RUS
ネイサン・チェン USA
Grant HOCHSTEIN USA
Misha GE UZB

※上記は出場予定選手となります。体調不良や怪我による欠場もありますが、情報が入り次第掲載いたします。

女子ショート・フリーの得点結果速報と滑走順(時間)

女子GPシリーズ第1戦・フィギュアスケート・ロシア大会2017(ロステレコム杯)のショートプログラム(SP)及びフリーの試合結果はこちらをご覧ください。滑走時間(滑走順)や得点結果は速報にてお知らせ致します。

女子ショート(SP):日本時間 10/21(土) 2:00~3:330
女子フリー(FS):日本時間 10/22(日) 1:20~3:07

総合 滑走
時間
名前 SP
得点
SP
順位
FS
得点
FS
順位
Mae Berenice MEITE FRA
Carolina KOSTNER ITA
坂本花織 JPN
樋口新葉 JPN
Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
Soyoun PARK KOR
Evgenia MEDVEDEVA RUS
Valeriia MIKHAILOVA RUS
Elena RADIONOVA RUS
Mariah BELL USA
Mirai NAGASU USA

※上記は出場予定選手となります。体調不良や怪我による欠場もありますが、情報が入り次第掲載いたします。

ロシア大会2017(ロステレコム杯)の放送予定

フィギュアスケート・ロシア大会2017(ロステレコム杯)の放送情報は地上波はテレビ朝日系列・BSはBS朝日・スカパー!テレ朝チャンネル2が有力かと思われます。情報が入り次第更新いたします。

その他(NHK・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ東京)系列やBS(BS日テレ・BS-TBS・BSフジ・BSジャパン・WOWOW)での放送も確認できていませんが、放送情報が入り次第お知らせ致します。

テレビ朝日系列(録画)

放送時間 テレビ局 番組名
 10/20(金) よる8時 テレビ朝日系列 男子ショート(SP)
 10/21(土) よる6時56分~ テレビ朝日系列 女子ショート(SP)
男子フリー(FS)
 10/22(日)2時30分~ テレビ朝日系列 女子フリー(FS)
 未定 エキシビジョン

BS朝日(録画)※エキシビジョンのみ生中継

放送時間 テレビ局 番組名
 10/19(木)21:00~22:54 BS朝日 フィギュアスケート
GPシリーズ直前SP
 10/22(日)13:00~ BS朝日 男女ショート(SP)
10/22(日)21:00~ BS朝日 エキシビジョン(LIVE中継)
10/23(月)17:00~ BS朝日 男女フリー(FS)

スカパー!テレ朝チャンネル2ではフィギペディア2017 GPシリーズ2017開幕直前編として放送があります。また、Jr.グランプリシリーズもテレ朝チャンネル2で放送がありますので、興味のある方はご確認ください。
スカパー!ホームページ→スカパー!

インターネット配信【Live streaming】

ライブストリーミングですが日本での放映権などの問題もある為、公式情報が入り次第掲載いたします。フィギュアスケートを紹介しているサイトに【ライスト】とありますが、これはライブストリーミングの略で、LIVE配信について書かれているものです。

羽生結弦の最新情報など

グランプリシリーズに向けて都内で行われた会見で、今季のテーマをビデオメッセージで伝えてくれています。羽生結弦選手が選んだテーマは「一生懸命」とし、「一生をかけて、命をかけて頑張りたい」と語っています。また、NHK杯の会見もビデオメッセージで「こんにちは。羽生結弦です。さらにコンディションに気をつけながら、そして1つ1つのエレメンツを丁寧にやりながら、優勝目指して頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします」と話し、いよいよ始まるグランプリシリーズ初戦・フィギュアスケート ロシア大会(ロステレコム杯)に向け調整が続きます。

オータムクラシック(スケートカナダ)はショートプログラムで世界最高得点を記録し、試合後のインタビュー「まぁ初戦だし、やっぱりこれをベースに戦っていかないといけない」とコメントし、ショートプログラムの感想を聞かれ次のようなコメントをしています。

インタビュアー:シーズン初戦でいきなり世界最高得点

羽生結弦 選手
でもハビエル(フェルナンデス)も、100点超えしてましたし。自分自身しっかりとこの構成で、いい演技ができたこと、本当にミスなく、自分としても非常に納得できる演技でショートを終えられた。もちろん、構成を落としているから当然みたいな感じで言われるかもしれないですが、構成を落とそうがなんだろうが、後半ですべてを出しきるというのは、非常に難しいことだと思っているので。

インタビュアー:非常に丁寧に滑っていた

羽生結弦 選手
この曲を聴きこんでいるのもあるし、非常に静かなところから段々湧き上がってくるようなものを目指して今日はやっていた。

インタビュアー:演技後、手を広げて納得の表情

羽生結弦 選手
「うん、よかったね」と、笑。後半の4回転でターンから入って、手を上げるも初めてでしたし、ショー以外でSPで後半の4回転を決めたこともなかった。(4回転ループではなく)サルコーでしたけど、自分の中では、でもちゃんとここまでできたよ、ほらみて、みたいな感じのことを、ブライアンに向けて言いました。

インタビュアー:この曲は滑りやすいか

羽生結弦 選手
しっくりくるというか、表現したいことがすごく明確なプログラム。その時その時の自分を表現できるプログラムの1つだと思っているので、やっていて心地いい。ただ、やっていて心地いいと思えるには、ジャンプをしっかり決め、すべてのエレメンツをすべてこなさないと気持ちいいと思えない。そういった意味では、そこまで滑り込んでこれていると思います。

インタビュアー:得点を聞いた時の感想

羽生結弦 選手
そんなに出るんだ、と。あの時(世界最高点を出した15年GPファイナル)は前半に4回転2つなので、それとは全く違う、自分の中では全然違うレベルのものをやっていると思いますし、実際にターンから入ったり、手を上げたり、そういうことも成長できていること。点数も、おのずといい演技ができれば出るなと自信をもってやりました。初戦だし、これをベースに戦っていかないといけないことになると思います。このプログラムは2回も世界最高点を取っているし、110点台も2回取っているので、自信をもって滑れた。

インタビュアー:今シーズン自分に期待することは

羽生結弦 選手
まずは、今日の集中の仕方が、しっかりとはまりきったことを評価したい。まだ22ですけど、今までの人生の中で数えてみたら100回以上試合をやっているので、1つ1つを思い出しながら、自分がどういうときに、いい演技ができていたかなと振り返りながらやっていきたい。

引用:日刊スポーツ

オータムクラシック開幕前は羽生選手が右膝に痛みが出た為、練習を休んでいたとコーチが明らかにし心配されました。コーチ曰く大きな問題ではないが、プログラムを少しシンプルにしたと語っていましたが、蓋を開けるといきなりの自己ベスト更新と大きな問題ではなさそうですが、GPシリーズ初戦に向けてコンディションも上がってくると更なる記録更新もあるかもしれません。

羽生結弦のフリー楽曲

■ショートプログラムではショパンのピアノ曲「バラード第1番」
■フリーでは和風プログラム「SEIMEI」=「新・陰陽師」を選択
この曲は2015年グランプリファイナルで最高得点を獲得した楽曲で日本古来の風景が浮かんでるく様が外国人にエキゾチックな印象を与え、グランプリシリーズからの平昌オリンピックを見据えた上で今季の勝負に挑むようです。オータムクラシックでの演技が楽しみです。

今季の羽生選手のプログラム構成

モントリオールで一部プログラムを膝の負担を考え軽い物にしたと言われていますが、羽生結弦の2期前の演技構成はジャンプが2種類3本でしたが、新たなプログラムは3種類5本を予定しているとの事です。

宇野昌磨選手がロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)で、世界歴代2位の合計319.84点を出し大会2連覇を果たしましが、男子フィギアスケートは羽生結弦選手の背中を追いかける宇野昌磨選手の活躍により、両者とも刺激となり更なる進化が見られる年になるのかもしれません。羽生選手がオータムクラシックでどのような結果を出してくれるのか注目が集まります。

羽生結弦 が平昌五輪に出場する為の条件について

ここまで数々の記録を達成し魅了している羽生選手でも、平昌五輪(開催期間2018年2月14日 – 2月25日)の出場が確定した訳ではありません。羽生結弦 選手が大けがをしない限り、問題ない内容ですが、下記が日本代表枠獲得の条件となります。

男子シングルの選考基準【3枠】

1人目・全日本フィギュアスケート選手権優勝選手
2人目・全日本2位、3位の選手とグランプリファイナルの日本人上位2選手から選考
3人目・2人目の選考に漏れた選手と世界ランク日本人上位3人、シーズンランク日本人上位3人、シーズンベストスコア日本人上位3人の中から選考

有力候補は羽生結弦・宇野昌磨の2人はとびぬけている為、全日本を優勝しなくとも2人目・3人目の条件には確実に該当してくれると思われます。怖いのは怪我だけといった所ではないでしょうか?

ロシア大会2017(ロステレコム杯)の大会概要

  • 大会名【ロシア大会2017】
    ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup
    ロシア大会2017(ロステレコム杯)
  • 開催地
    ロシア[モスクワ]
  • 試合日程
    現地日程:2017年9月20日(水)~9月23日(土)
    日本時間:2017年9月21日(木)~9月24日(日)
  • 時差
    日本が13時間進んでいます。

グランプリ(GP)シリーズの開催国日程

下記が2017/2018シーズンのGPシリーズとなります。( )内は注目選手を記載しています。

  • 第1戦 ロシア大会(羽生結弦)
    日本時間 2017/10/20(金)~10/22(日)
  • 第2戦 カナダ大会(本田真凛・宇野昌磨)
    日本時間 2017/10/28(土)~30(月)
  • 第3戦 中国大会(本田真凜)
    日本時間 2017/11/3(金)~5(日)
  • 第4戦 日本大会=NHK杯(羽生結弦)
    2017/11/10(金)~12(日)
  • 第5戦 フランス大会(宇野昌磨)
    日本時間 2017/11/18(土)~19(日)
  • 第6戦 アメリカ大会
    日本時間 2017/11/25(土)~27(月)
  • 最終戦 グランプリファイナル
    12/7(木)~10(日)
    GPファイナルは日本開催(愛知・名古屋)
    日本ガイシホール
    〒457-0833 愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番地の16

グランプリファイナルが日本開催とうれしい情報もありますが、チケット情報が入り次第お知らせ致します。入手困難なプレミアチケットになる事は間違いなさそうです