【錦織圭・大坂なおみ】最新情報

錦織選手がモンテカルロ準決勝に進出!ベスト4
→錦織モンテカルロマスターズ準決勝の試合予定
大坂選手が4/21から兵庫開催される日本代表としてフェドカップに出場決定!
→大坂なおみ フェドカップの試合予定

錦織圭 怪我を乗り越えて復帰までの道のり

2017年に錦織 圭 選手がケガをし復帰までの道のりを記録しています。

各マスコミでは手首の状態に関して慎重なコメントが多かっただけに心配されますが、順調に回復している様子も伺えます。ただ、錦織選手本人は「1~2月とは考えているけど、1月は急な気もする」と話していた為、1月のATPツアーは欠場を決めたようです。

錦織選手の今後の日程は下記ページをご覧ください。

錦織圭 最新の試合予定とテレビ放送|2018年

2018/2/1|復帰第2戦・2回戦の試合結果(ダラス)

試合開始は日本時間・2月1日(木)10:17頃始まり、Bachinger Matthias[162位]30才ドイツと対戦し、4-6・6-4・6-4の2-1と逆転勝利し準々決勝に進出

ダラス・チャレンジャーの2回戦はファーストサーブ(成功率51%・獲得率61%)・セカンドサーブ(獲得率67%)とファーストサーブが入らない試合内容となりました。手首の状態は問題なさそうですが、有利に展開しながらもネットにかける場面や、ボール1・2個分入らないなど微妙なショットが多数あり、錦織選手も時折苛立ちを見せていました。

2018/1/30|復帰第2戦・1回戦の試合結果(ダラス)

錦織圭のダラス チャレンジャーツアー1回戦の試合結果
日本時間・1月30日(火)7:20頃始まった、復帰2試合目はニューポートビーチで対戦したデニース・ノビコフ[238位]24才との再戦となり、6-3・6-3のストレートで勝利し2回戦に進出しています。

復帰2戦目となったダラスチャレンジャーの1回戦は、ニューポートビーチで対戦したデニース・ノビコフ[238位]24才との再戦となりました。この日の錦織選手はファーストサーブ(成功率60%・獲得率78%)・セカンドサーブ(ポイント獲得率67%)とサーブが向上しているのが伺えます。また、相手のファースト・セカンドサーブ時のポイント奪取率も高く、復帰戦に比べ動きも良くなり2回戦に進出

2018/1/23|復帰第1戦・1回戦の試合結果(ニューポート)

日本時間:2018年1月24日(水)6:00試合開始となった錦織圭の復帰第1戦はデニース・ノビコフ[238位]24才と対戦、試合勘やサーブに不安を残す内容となりました。セットカウント2-1の3-6・6-3・4-6で復帰戦を飾る事ができず初戦敗退となりました。

2018/1/16|ニューポートビーチで練習を行う

ニューポートビーチ(オラクルチャレンジャーシリーズ)で錦織 選手 が練習を行う模様が公式facebbokで公開されました。フォアやサーブを打つ場面も見られ復帰目前に迫りました。

2018/1/16|ニューポートビーチへ出発

錦織圭がニューポートビーチ出場の準備の為に、練習拠点となるIMGアカデミーから開催地となるカルフォルニアに飛び立ちました。2018年シーズン復帰はチャレンジャーツアー(ATPツアーの下部大会)のニューポートビーチとなりますが、いよいよ錦織選手の試合が目前と迫ってきたのかもしれません。

2018/1/4|復帰戦のスケジュールを発表(ニューポートビーチ)

下部ツアー(チャレンジャーツアー)での復帰を予定を発表

1月22日開催のニューポートビーチ(Newport Beach)
復帰第1戦の特集記事→【錦織 圭】ニューポートビーチ テニス大会の試合予定と放送情報←

1月29日開催のRBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス
復帰第2戦の特集記事→【錦織 圭】RBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラスの試合予定と放送情報←

上記チャレンジャーツアーで調整し、ATPツアー復帰は今年2月に新設されたニューヨークオープンとなる可能性が出てきました。

全豪オープンが1月15日より、錦織 圭 は1月22日のニューポートビーチに向け準備を進めています。錦織選手はサーブと同じような動きをする、オーバーハンド(スマッシュ)も力強いショットを見せるなど回復ぶりを見せています。手首への負担の大きいサーブとフォアに不安が無くなれば、1/22から開催されるニューポートビーチ(チャレンジャーツアー)での本格復帰に向けて錦織圭の2018年が始まるかもしれません。

2018/1/4|全豪オープン欠場を発表

自身の公式アプリで欠場を表明、リハビリは順調ですが5セットマッチを戦う準備が出来ていないとしています。

iPhone/iPod公式アプリ→Kei Nishikori Official APP – Social Channel, Inc.

android公式サプリ→Kei Nishikori Official APP – Social Channel, Inc.

2017/12/31|全豪オープンについて

錦織 選手 としては全豪への出場には前向きと、コーチのダンテボッテイーニが12/30にフジテレビ系列で放送された世界力2で明かしています。しかし、コーチも中途半端な状態ではなく万全でなければGOサインは出さないと話している

2017/12/30|シドニー国際の欠場を発表

エントリーしていたシドニー国際の欠場を、シドニー国際公式ツイッターで判明

シドニー国際については錦織選手からのコメントはありませんでした。

2017/12/22|ブリスベン国際の欠場を発表

ブリスベン国際で試合する準備が整わないとして欠場を公式サイトで表明しました。体やテニスは順調に回復している様子ですが、第1週のツアー間に合わないとの事のようです。ツアーに戻れるようにトレーニングを続けているので、どこかのタイミングで復帰となるようですが、明言はしていない為、いつになるかは未定となります。

2017/12/5|怪我の状態を明かす

すでに日本を離れ、アメリカに戻った錦織選手ですが、スピンサーブを打つのが怖いとの事で、肉体的には完治しても恐怖心(怖さ)をとっていかなくてはならないと言うメンタル面の回復も重要になりそうです。

2017/11/25|ドリームテニスARIAKEにゲスト出演

ドリームテニスARIAKEに錦織選手が登場し、松岡修造さんのインタビューを受け次のようにコメントしています。右手首にはまだ痛みがあるが順調に回復している、1月・2月に間に合わせるようにしたいが、なるべく焦らず100%、120%で戻って来たい。全豪オープンの優勝については、出れるかもわからないが、正直考えていない、来年の目標としてはマスターズ・グランドスラムを優勝したいのはあるが、テニスがしっかりできていいないので、1週間ずつ経過を見てなどでもう少し待ってほしい。いつまで現役を続けるのかについては、フェデラーも36才ですし35才前後で活躍している選手も多いので、できるだけやりたいと話しています。

2017/11/15|回復状況と来季のエントリーを公表

錦織選手の回復状況ですが、フォアハンド・バックハンドも含め練習を開始しています。手首の回復も順調に進み2018年の初戦を昨年同様、ブリスベン国際から新しいシーズンを迎える模様です。

ブリスベン国際の公式ツイッターでエントリーを表明

2017/10/26|ベルギーでの治療からアメリカに戻る

ベルギーからアメリカに戻りトレーニングをしています。また、軽くですがサーブを打つ姿も見られますので、右手首の回復状況は順調かと思われます。

後に様々な医師に診断を求めたところ80%で手術と言われるが、数多くのテニス選手を治療してきたベルギーの医師に手術しなくても、トレーニングなどで復活する保存療法の為、ベルギーに出向き治療をしていたと話しています。

2017/10/5|2018年シーズンのエントリーを報告

2018年2月に新設されるニューヨーク・オープンに出場予定と大会主催が発表し、また、コーチのマイケルチャンは「すべてがうまくいけば、シーズン初めから行く準備ができている」とコメントしています。

2017/9/29|ギブスが取れた模様を報告

錦織選手はギブスの取れた手首の状態を披露し、手首のトレーニングやフィジカルトレーニングの模様を公式アプリで発信してくれました。

2017/9/17|伊達公子引退セレモニーでサプライズメッセージ

怪我についての情報は入っていませんが、フィジカルトレーニングの模様を公開しています。先日行われた伊達公子引退セレモニーでは手紙をサプライズで用意し次のようなメッセージを伝えています。

伊達さん、お疲れ様でした。
今まで僕は伊達さんからたくさんの刺激をもらいました。
多くの後輩たちもみんな刺激をもらって、切磋琢磨できていたと思います。これからの人生を楽しんで、伊達さんらしく生きてください。
これからも宜しくお願い致します。
錦織圭

2017/9/1|手首の状態をコメント

怪我をした右手首の大きなギブスから小さめなギブスとなり、ドクターによると回復しているとの事で、4週間後には手首も少しづつ動かせるようになるのではとコメントしています

2017/8/18|錦織 選手が怪我についてコメント

錦織圭が怪我について語り「なるべく気持ちを前向きに、来年までには治したい」とコメントしています。

2017/8/14|手首の診断結果が判明

右手首の怪我の状況についてですが、検査の結果、手首の小指側にある腱(尺側手根伸筋腱)の部分断裂と診断され、セカンドオピニオンも含め複数の専門家の意見を聞き、残りの2017年シーズン欠場を決めたようです。手術はしない方向ですが、3~4週間程度ギブスで固定し腫れが引いてから今後の治療方針を決める模様です。

これによりランキングも大きく後退する事となります、8月14日現在の3285ポイントから1900ポイント前後になる事が予想され、現時点でのATPツアーランキングを見ると22位前後となる可能性が高くなります。

2017/8/13|錦織選手右手首を痛める

ウェスタン&サザンオープン(シンシナティ)の大会前の練習中に「きょうの練習中に右手首に鋭い痛みを感じた。今は医療の専門家の診察を受けている」とし大会を欠如