ダニエル太郎 4回戦進出ならず… 今後の全豪オープン2022の放送予定(テレビ中継・ネット)・試合日程・ライブ速報・男子ドロー

ダニエル太郎,全豪オープンテニス

全豪オープン2022・ダニエル太郎、男子シングルス4回戦進出ならず日本時間1/22(土)16:07より始まったダニエル太郎選手、今年の全豪OPは3回戦は敗退となりました…

しかし、自身最高のグランドスラム3回戦進出と着実に力をつけているダニエル太郎選手、今後の活躍が期待されます。

Taro Daniel(1/22 18:56現在)最新情報第1セットを落とすも、第2セット以降、相手に隙を与えず動きが良くなるにつれ、調子が更に上がるダニエル太郎、第3セット・第4セットはシナーのプレーが落ちることなく、徐々に引き離される展開となり、セットカウント1-3でダニエル太郎選手が敗れています。

 

対戦カード45
ダニエル太郎(120位)4631
ヤニック・シナー(10位)666

ダニエル太郎3回戦の放送予定・試合詳細を掲載
全豪オープンテニス2022掲載情報一覧他…

全豪オープンテニス4回戦の試合予定(開始時刻)

■メルボルンとの時差:日本が2時間遅れています
・第1試合は現地11:00→日本9:00

時差※試合日予定時刻
日本時間1/23(日)
1/24(月)
時間未定
現地時間1/23(日)
1/24(月)
時間未定
現地日時メルボルンの天気予報気温
1/23(日)
1/24(月)
当日・前日に更新ー℃/ー℃

【全豪オープンテニス2022】男子シングルス4回戦のテレビ/ネット配信 番組表

1-3回戦とも日本選手を含め全豪OPの放送はNHKでありませんでした。4回戦も未定ですが情報が入り次第更新しますので時折ご覧下さい。

WOWOWはテレビ・ネットを駆使し全コート・全試合を生中継

中継先放送日放送時間中継情報
WOWOW1/23(日)
1/24(月)
8:50~テレビ中継
ネット配信
NHK G(総合)
NHK Eテレ
NHK BS1
※NHKプラス
1/23(日)
1/24(月)
未定未定
民放予定無

※NHKプラスとは(NHKのネットサービス)

・ネット配信は加入者限定のWOWOWオンデマンドでライブ配信が決定、利用方法はWOWOW公式サイトでご確認ください。また、公式情報によると初月は料金なしでネットからの加入だと約15分程度で視聴が出来るとの事。

WOWOW公式ページ←

【全豪オープンテニス2022】4回戦のテレビ放送予定と視聴について

1-3回戦とも日本選手を含め全豪OPの放送はNHKでありませんでした。4回戦も未定ですが情報が入り次第更新しますので時折ご覧下さい。

中継先テレビ情報
WOWOW生中継
NHK G(総合)未定
NHK BS1未定
民放各局

(ー)表示は放送予定がありません

TV番組表・配信スケジュールは下記をご覧下さい。
テレビ/ネット配信 番組表

WOWOWのテレビ放送について

テレビ放送を契約で、ネット配信サービスのWOWOWオンデマンドも利用可能
※テレビが無い方は、スマホ・タブレット・PCがあれば、WOWOWオンデマンド(ネット配信)のみの契約も可能

下記はテレビでの視聴する場合

  1. BS放送の視聴が可能(YES or NO)
  2. YESで視聴可能の場合 BSカードの番号を確認

■リモコン操作でのカード番号を確認し利用する方法

  1. チャンネルをNHKのBSデジタル放送BS1(101チャンネル)に合わせ、リモコンの青ボタンを5秒以上押し続けてください。
  2. 表示される20桁の数字の先頭の4桁がカード番号となりますので、メモなので控えてください。
  3. 下記のWOWOWホームページをスマホ・PCからクリックし、指示通りに手続することで約10分程度で視聴が可能となります。

詳しくは下記WOWOWホームページよりご確認下さい。

WOWOW公式ページ←

NHK総合・NHK BS1のテレビ放送について

2022年のNHKは1-3回戦とも放送は無し4回戦も未定

過去のNHK放送について

  • 全豪オープンテニスはNHK総合で録画放送が予定
  • 2021年は大坂なおみ 選手の試合は生中継に切り替えて放送
  • 日本選手が敗退した場合は、注目のカードを録画放送

ライブ放映となった場合、NHK総合、NHK総合サブチャンネル、NHK Eテレ、NHK Eテレサブチャンネルで中継され、時間帯によっては、リレー中継が行われます。今年は錦織圭選手も戻って来るので、錦織戦・大坂戦共にLIVE中継が期待されます。

NHKサブチャンネルの視聴方法


基本的にはリモコンの上下ボタンで、上側を押すとサブチャンネルが表示されるかと思います。万一、表示されない方は、次をお試し下さい。リモコンのチャンネル番号入力ボタンを探し

  • NHK総合をリモコンの1のボタンで見ている方は、012を入力
  • NHK総合をリモコンの3のボタンで見ている方は、032を入力
  • NHK Eテレは023を入力
  • NHK BS1は102を入力

※入力の0はリモコンの10がほとんどだと思います。

チャンネル番号入力ボタンが無い!との方は、リモコンに番組表ボタンがついていると思いますので、そちらから、該当のサブチャンネルを探し決定すれば視聴可能です。

NHKのホームページでもサブチャンネルについてご覧頂けます。
https://www.nhk.or.jp/info/digital/broadcast/multi.html

その他、地上波、BS放送について

民放キー局の地上波(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)、BS放送(BS日テレ・BS朝日・BS TBS・BSテレ東・BSフジ)での放送はありません。

【全豪オープンテニス2022】4回戦のネット配信サービスについて

全豪オープンテニス 2022のインターネット配信は下記の通りです。
詳しい解説は引き続きご覧下さい。

NHKプラスでの中継情報は入っていません。

配信先配信情報
WOWOW
オンデマンド
ライブ配信
NHKプラス未定
DAZN(ダゾーン)視聴方法予定なし
Paravi(パラビ)視聴方法予定なし

TV番組表・配信スケジュールは下記をご覧下さい。

テレビ/ネット配信 番組表

WOWOWオンデマンドのネット配信について

テレビで放送されない試合は、スマホ・タブレット・PC・対応TVで視聴可能、練習の模様など中継されています。

WOWOW加入後、オンデマンドに登録すると使用できるネット配信サービス、インターネットに接続できる環境があれば、WOWOWオンデマンドHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE視聴・見逃し配信など、テニスだけではなく映画・音楽なども利用できます。

利用方法などに関してはWOWOWのホームページよりご覧下さい。
WOWOW公式ページ←

NHKプラスとは?NHKネット配信について

NHK G(総合)・NHK Eテレの番組を放送中から放送後※1週間、PCやスマホでいつでもどこでも、何度でも楽しめるサービス
※ 地域の番組の一部は最長2週間配信しています。

全豪オープンテニスの配信は未定

利用方法については、NHKホームページなどでご確認下さい。
NHKプラス公式ページ←

DAZN(ダゾーン)のネット中継について


DAZN(ダゾーン)は男子のみリアルタイム配信されています。

ダニエル太郎選手が出場の男子テニス(WTAツアー)を中心に放送、また、サッカー日本代表が出場を目指す、2022カタールワールドカップ アジア最終予選の放映権を獲得、アウェー戦はDAZNが独占配信となっています。

ご利用方法や加入に関してはDAZN公式ホームページをご確認下さい。
DAZN(ダゾーン)←

ABEMA TVのネット中継について

ここ数年スポーツ中継に力を入れているABEMA TV、年初めのATPカップを配信していますが、ATP250は配信はありません。

7/1よりネット配信テレビのABEMAで、国のメジャーリーグで活躍する、大谷翔平選手の試合をLIVE中継が開始されました。視聴方法など詳しくは下記公式ページをご覧下さい。

AbemaTV公式ページ←

全豪オープンテニス(男子)シングルスドロー 2022


トップハーフ全豪オープンテニス2022男子シングルス・トップハーフ4回戦までボトムハーフ
全豪オープンテニス2022男子シングルス・ボトムハーフ4回戦まで

出典元一覧

→https://ausopen.com/
→https://www.atptour.com/
→https://www.wtatennis.com/

全豪オープンテニス公式SNS一覧

公式情報・公式SNSを元に作成、内容や記載についてのご不明点・ご意見は→お問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら