10.23(日)・プロ野球日本シリーズ2022第2戦|今日の放送予定は?ネット配信(DAZN/ABEMA)、テレビ放送(NHK・民放)

プロ野球日本シリーズ

日本シリーズ2022第2戦/10.23(日)|今日の放送予定は?ネット配信(DAZN/ABEMA)、テレビ放送(NHK・民放)

プロ野球日本シリーズ2022・第2戦は10月23日(日)18:00開始、テレビ放送(NHK・民放での中継一覧)・ネット配信(Tver・ABEMA・DAZN)を始め、地上波ほかBS・CSでの予定を徹底掲載

第1戦はヤクルトがオリックスに5対3で勝利、対戦成績は1勝0敗、第2戦もヤクルト本拠地、神宮球場で行われます。

プロ野球日本シリーズ2022第2戦/今日のテレビ放送・ネット中継 番組表

各テレビ局の解説情報

R日程対戦カード放送
210/23(日)
18:00
ヤクルト
vs オリックス
▼テレビ朝日系列
18:00~
▼NHK BS1
17:45~
▼テレ朝ch2
(CS放送)
18:00~
▼Tver
(ネット配信)
18:00~延長あり
ABEMA (ネット配信)
17:50~

※ネット配信(DAZN・パ リーグTV・ベースボールLIVE)いずれも、LIVE中継の予定はありません。詳しい解説は下記からご覧いただけます。
日本シリーズのネット配信について

プロ野球日本シリーズ2022第2戦ヤクルト×オリックスの実況・解説

第2戦のテレビ中継はテレビ朝日・テレ朝ch2・NHK BS1と、第1戦と異なるので注意

ネット配信もTverに加え、ABEMAで中継と充実した第2戦となりました。

オリックスバッファローズ×ヤクルトスワローズ第2戦の解説者や実況など、公式情報を元に掲載

テレビ朝日 系列(地上波・CS)の解説者・実況

【解説】古田敦也、前田智徳、松坂大輔
【実況】清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー)
【リポーター】三上大樹、寺川俊平(共に、テレビ朝日アナウンサー)

▽2年連続で同じ顔合わせとなった日本シリーズ。今年も大熱戦が繰り広げられる!
▽セ・リーグは、昨年、歴史的大熱戦の末、日本一になったヤクルトが球団初の連覇を目指す!王貞治氏の日本選手シーズン本塁打記録を塗り替えた“令和の三冠王"村上宗隆を軸とした強力打線!
▽パ・リーグは、今季奇跡の大逆転優勝を決めたオリックス!2年連続首位打者の実績を持つ吉田正尚に加え、若き豪腕リリーフ陣が昨年のリベンジを誓う!

NHK BS1の解説者・実況

【解説】伊東勤,和田一浩
【実況】坂梨哲士

頂上決戦、第2ラウンド!ヤクルト球団初の連覇か、オリックス26年ぶり頂点か
▽三冠王・村上×勝負強い吉田
▽髙津×中嶋、カギ握る采配の機微たっぷり
▽盤石リリーフ陣

プロ野球日本シリーズ2022・第2戦のネット配信サービスは?

第2戦はTverとABEMAで配信となっています。

公式戦、クライマックスでは、DAZN・パ・リーグTV・ベースボールLIVEでLIVE中継がありましたが、日本シリーズは配信はいずれのサービスでも予定はありません。

中継先月額
(税込)
配信先詳細
Tver無料「SMBC日本シリーズ2022」全試合のリアルタイム配信
ABEMA\960第2戦のみ配信
DAZN¥3,000▼セ・パ両リーグ主催試合
※広島カープ主催試合を除く
▼クライマックスシリーズ
▼オープン戦はセ・パ両リーグ主催試合
※一部除く
▼交流戦は広島カープ主催試合を除く
▼日本シリーズの配信はありません
パ・リーグTV¥1,595▼パ・リーグ主催の1軍公式戦を全試合
▼クライマックスシリーズ
▼オープン戦はパ・リーグ本拠地主催試合
▼交流戦は巨人、阪神主催試合
▼日本シリーズの配信はありません
ベースボールLIVE¥508▼パ・リーグ主催の1軍公式戦を全試合
▼クライマックスシリーズ
▼オープン戦はパ・リーグ本拠地主催試合
▼交流戦はパ・リーグ主催試合のみ
▼日本シリーズの配信はありません

プロ野球日本シリーズ2022のDAZN(ダゾーン)での配信について

日本シリーズは配信外となっています。

2022年10月は阪神タイガース・ジャイアンツのドキュメンタリーや引退セレモニーを特集

プロ野球日本シリーズ第2戦の予告先発

■ヤクルトスワローズ
サイスニードが先発、今季23試合に先発、チームトップタイの9勝、防御率3.54をマーク

■オリックス
山﨑福也が先発、今季24試合に登板、5勝8敗2ホールド、防御率3.45をマーク

プロ野球日本シリーズ初戦のYouTube解説

 

The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら