錦織圭、2020年の日程と最新ニュース!
錦織圭の最新ニュース
大坂なおみ次戦の試合予定!
大坂選手の次戦や最新情報!

大坂なおみの新コーチ【ウィム・フィセッテ】のプロフィールと写真画像など

大坂なおみ

大坂なおみ選手が2020年シーズンに向け、新しいコーチとしてウィム・フィセッテ(39才)を迎えることを、2019/12/15に発表しました。

日本でのウィキペディア(Wikipedia)は確認できませんが、ウィム・フィセッテ コーチのInstagram、Twitter、公式ホームページからこれまでの経緯やどのような方なのか、写真画像なども踏まえご覧下さい。

ウィム・フィセッテ コーチの写真画像

写真真ん中の方がウィム・フィセッテ コーチとなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sharing and learning 🙌 @wta and @ptrtennisofficial coaches conference

Wim Fissette(@fissettewim)がシェアした投稿 –

ウィム・フィセッテ コーチのプロフィール

全豪オープン2回、ウィンブルドン1回、全米オープン1回と4度優勝に導き、グランドスラムに次ぐ、プレミア・マンダントリーなど、多くの選手で実績を上げている為、日本のメディアでは優勝請負人として紹介されているようです。

名前ウィム・フィセッテ

(Wim Fissette)

生年月日1980年3月22日(39歳)
プレー年1999-2000
最高ランキングシングルス1291位(1999/8/23)
2004年9月 – 2007年4月Keramo-Steinzeug社で従業員として働きながら、※キム クライシュテルスのヒッティングパートナーを務める

※キム クライシュテルス元選手はベルギーの選手で、元世界ランキング1位、2012年に引退

ツアー通算 52勝
シングルス 41勝
ダブルス 11勝

ヒッティングパートナーを行なっていた2005年の全米オープンでキムクライシュテルス選手は優勝

2007年5月 – 2008年12月本格的なコーチを目指し、コーチングのスクールや本なので知識を学び力をつける
2009年1月 – 2011年9月以前からヒッティングパートナーなど関係があった、元1位のキム クライシュテルス選手からコーチのになる様に依頼があり、ここから本格的なコーチのキャリアをスタートする

コーチ在任中は、2009年・2010年の全米オープンと2011年の全豪オープンで優勝の実績

2011年12月 – 2013年5月2010年6月にジュニアランキング1位となったイリーナ・フロマチェワを指導
2013年5月 – 2013年9月全仏オープン直前に、ザビーネ・リシキのコーチに就任し、その年のウィンブルドンで決勝に進出させる実績
2013年10月 – 2014年1月オランダのIndy de Vroomeのコーチに就任

現在もプレーする1996年5月21日(23歳)の選手

2014年1月 – 2014年11月シモナ・ハレプのコーチとして就任

その年の全豪オープン準々決勝、全仏オープン決勝戦進出、ウィンブルドンは準決勝進出、全米オープンは3回戦、大きくランキングを上げる実績を残し、年末にコーチを解消する

2015年2月 – 2016年7月ビクトリア・アザレンカのコーチとして就任

怪我でランキングを落としていたアザレンカ復活させ2016年はブリスベン国際で優勝その後全豪オープンで準々決勝進出しインディアンウェルズマイアミの両方で優勝させる

その年の7月にアザレンカの妊娠が発表となり今終了となる

2016年12月 – 2017年11月ジョアンナコンタのコーチに就任

1月のシドニー国際で優勝させ、マイアミオープンでプレミ・アマンダトリー初優勝に導く

ウィンブルドンでは準々決勝進出ランキングを自己最高の4位に押し上げる

2017年11月 – 2018年10月アンゲリク・ケルバーーのコーチに就任

その年の全豪オープン準決勝進出、全仏オープンも準々決勝、そしてウインブルドンで優勝する

2018年11月 – 2019年12月WTAコーチを務めながらビクトリア・アザレンカのコーチとして活躍
2019年12月–2019年12月15日に大坂なおみ選手のコーチ就任を発表!

大坂なおみ選手がウィム・フィセッテ コーチの指導を受けどう変わるのか?

ウィム・フィセッテ氏はコーチの他、ビジネスアプリケーションを開発・販売するソフトウェア企業SAPのアンバサダーを務め、データ解析や分析なども得意としているようです。

SAPとは?

非常に簡単に説明すると、IT技術を使い選手のパフォーマンス向上・管理から、データ収集や解析を行う会社、テニスやF1・MLB・NBA・Jリーグの一部チームなど、多数のスポーツをITを活用し多くの実績を上げています。

これまでも対戦相手の解析などをしていたと思いますが、コーチング技術+ITを生かし、戦術や練習など、大坂選手のプレーもより一層、高いレベルに変わってくるのかもしれません。

以前にノバク・ジョコビッチ選手も。対戦相手のデータを求めた際に、通常であれば一部のプレイデータを求める選手が多い中、ジョコビッチ選手はすべてが欲しいと答えたそうです。

フィジカル面では、200㎞のサーブや強力なショットを持っている、大坂なおみ選手ですが、ここに、ウィム・フィセッテ氏の能力がプラスされる事により、より一層強くなる事は間違いなさそうです。

後は、性格など相性次第となるのかもしれません。

大坂なおみ選手とウィム・フィセッテ コーチとの初戦は、2020年1月6日(月)~1月12日(日)に行われるブリスベン国際が予定となります。

ブリスベン国際2020の試合情報は下記をご覧下さい。

ウィム・フィセッテ コーチのツイッター

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら