大坂選手は東レPPO3度目の決勝進出!!
大坂なおみ・東レPPOテニスの試合予定
錦織圭、復帰戦はエルステバンクの可能性?
錦織圭・エルステバンクオープンの試合予定
羽生結弦、次戦はGPシリーズカナダ大会
羽生結弦スケートカナダ大会の試合予定

ラグビーW杯2015 ニュージーランドVS.オーストラリアの決勝戦試合結果速報!

ラグビーワールドカップ2015ニュージーランド(オールブラックス)VS.オーストラリア(ワラビーズ) 決勝戦試合結果速報となります。9月18日から開幕したら大会も最後の試合となりました。ランキング1位・2位とどちらが優勝してもおかしくありませんが、一体、結末はどうなったのかお知らせ致します。


ニュージーランドVSオーストラリアの決勝戦の試合結果|ラグビーワールドカップ2015

ニュージーランド VS オーストラリア
34  得点 17 
MA Nonu

BJ Barrett

NR Milner-Skudder

トライ(5点)

DW Pocock

RT Kuridrani

DW Carter (2) コンバージョン(2点) B Foley (2)
DW Carter (4) ペナルティー(3点) B Foley
DW Carter ドロップゴール(3点)

前半

 前半、16-3とニュージーランド(オールブラックス)がエリアを支配する展開が多く見られました。攻守がめまぐるしく変わる展開でペナルティーキックでの得点でしか入らない様な流れかと思われる中、前半、終了間際にニュージーランドが、目が覚める流れるようなトライを決め、点差を離します。

オールブラックス

1トライ・3ペナルティー・1コンバージョン

ワラビーズ

1ペナルティー

後半

開始早々、ニュージーランドのMa’a Nonuが抜け出し、約30m近くを走り圧巻のトライには驚きました。一時は21-3とお、ズルズルと離されるかと思いきや、オーストラリアの守備は崩れることなく、巻き返しを図ります。

後半60分には、オーストラリアが2トライ・2コンバージョンを決め、21-17まで迫ります。

ニュージーランドのレジェンド、ダニエル・カーターが意表をつく、ドロップゴールで24-17と引き離すと、長い距離のペナルティーキックを決め27-17とさらに追加点を決めます。

諦めないオーストラリアですが、後半79分にトライを奪われそのまま試合終了となりました。

ニュージーランド(オールブラックス)の優勝はラグビーワールドカップ史上初の2連覇を達成し、長きにわたって激戦が行われたラグビーワールドカップ2015大会の幕が降ろされました。

関連記事

ラグビーワールドカップ2015 全試合の試合結果は下記をご覧ください。

ラグビーワールドカップ2015 試合結果一覧

LINE@への登録はこちら
LINE@の公式アカウントを開設!LINE@に登録で錦織選手の最新情報や試合開始予定、各スポーツの最新情報をお届けします。登録は無料でいつでも解除ができます。もし良ければご参加下さい。
LINE@ぐぐスポ!