サッカー日本代表ロシアW杯2018最終予選の試合日程と放送予定

サッカー日本代表 2018年開催FIFAワールドカップロシア大会の最終予選が2016年9月1日から開幕します。

最終予選の開催期間は2016年9月1日~2017年9月5日となり、試合数は合計10試合行われます。また、ワールドカップ本戦は2018年6月14日~7月15日の日程が予定されています。

試合日程や放送予定・放映テレビ局情報を始め、各対戦国の世界ランキング・最終予選の順位表・W杯出場条件など、最新の情報が入り次第速報にてお知らせ致します。

サッカー日本代表の次戦は東アジアE-1サッカー選手権2017となります。開催期間は2017/12/08(金)~12/16(土)となります。詳しくは下記の特集サイトをご覧ください。

→サッカー日本代表の試合日程と放送予定 東アジアE-1サッカー選手権2017←

サッカー日本代表の試合日程|ロシアW杯最終予選

日本代表の第10節が最終予選最後の試合となります。対戦はサウジアラビアとなりアウェーでの対戦となります。

最終節の(日本代表vsサウジアラビア)戦の放送日程と中継テレビ局一覧

■日本代表0-1サウジアラビア
日本代表は敗れましたがすでにワールドカップ出場が決まっている為、2018年6月14日~7月15日より開催されるW杯ロシア大会に向けて、新たなスタートとなりました。また、グループBの本戦出場はサウジとオーストラリアが勝ち点で並び、サウジアラビアの勝利数が上回り2位でワールドカップ出場が決まっています。

試合開始時刻(キックオフ)

  • 現地時間:2017/9/5(火)20:30
  • 日本時間:2017/9/6(水)2:30
    ※時差:日本が6時間進んでいます

テレビ局情報と放送予定

  • NHK BS1
    9月6日(水)午前2:15-(午前4:50)
  • テレビ朝日系列
    9月6日(水)午前2:00~




第9節の試合結果(日本代表2-0オーストラリア)

■20:16・(41分)長友佑都→浅野拓磨がゴールし1点リード!
■20:21・前半終了
■20:37・後半開始
■21:14・井手口陽介がゴール!2-0
■21:25・試合終了!ワールドカップ出場決定

  • 対戦カード:日本代表vsオーストラリア
    試合日程:2017/8/31(木)19:35キックオフ
    ※試合会場:埼玉スタジアム2002
  • NHK BS1(生中継)
    8月31日(木)午後6:30-(午後9:50)
  • テレビ朝日系列(生中継)
    8月31日(木)午後6:30~

※この試合に勝利で2018年FIFAワールドカップロシア大会に出場となる重要な1戦が始まります。

2017年8月30日・31日行われた第10節(Bグループ)の試合結果一覧

  • ◎UAE 2-1 サウジアラビア
  • ◎イラク 2-1 タイ
  • ◎日本代表  2-0 オーストラリア
試合日時間対戦カード
2016/9/1(木)19:00日本1-2UAE※H
2016/9/6(火)21:00タイ2-0日本A
2016/10/6(木)19:35日本2-1イラクH
2016/10/11(火)18:00豪州※1-1日本A
2016/11/15(火)19:35日本2-1サウジ※H
2017/3/24(金)0:30UAE※0-2日本A
2017/3/28(火)19:35日本4-0タイH
2017/6/13(火)21:25イラク1-1日本A
2017/8/31(木)19:35日本2-0豪州※H
現地:9/5(火)
日本:9/6(水)
20:30
2:30
サウジ※1-0日本A

H=[ Home ]・A=[ Away ]※( 豪州=オーストラリア・サウジ=サウジアラビア・UAE=アラブ首長国連邦)

グループB順位表|ロシアW杯最終予選

上位2チームがロシアワールドカップ本戦出場。
3位はグループAと大陸間プレーオフをかけて対戦

※2017年9月5日・6日(最終節)の各試合終了後の順位表

  • ◎イラク1-0アラブ首長国連邦
  • ◎オーストラリア2-1タイ
  • ◎サウジアラビア1-0日本
順位チーム名勝点得点失点得失点
1日本20622177+10
2サウジアラビア196131710+7
3オーストラリア195411611+5
4アラブ首長国連邦(UAE)134151013-3
5イラク113251112-1
6タイ2028624-18

放送予定とテレビ局情報

地上波・BS放送共に各テレビ情報が入り次第お知らせいたします。
テレビ朝日系列・NHK BS1での放送日程は、詳しい放送情報が入り次第随時更新中

第9節の(日本代表vsオーストラリア)戦の放送日程と中継テレビ局一覧

  • NHK BS1
    8月31日(木)午後6:30-(午後9:50) 
  • テレビ朝日系列
    8月31日(木)午後6:30~

下記テレビ局での放送情報が入った場合はお知らせいたします。

■日本テレビ系列
■TBS系列
■フジテレビ系列
■テレビ東京系列


第10節の(日本代表vsサウジアラビア)戦の放送日程と中継テレビ局一覧

  • NHK BS1
    9月6日(水)午前2:15-(午前4:50)
  • テレビ朝日系列
    9月6日(水)午前2:00~

試合開始時刻(キックオフ)

  • 現地時間:2017/9/5(火)20:30
  • 日本時間:2017/9/6(水)2:30
    ※時差:日本が6時間進んでいます

アジア2次予選ですが、地上波(TBS系列・テレビ朝日系列・NHK総合)・BSはNHK BS放送にて行われました。

ワールドカップロシア大会2018出場条件

2次予選通過チームをA・Bグループに分け、ホーム・アンド・アウェー方式にて、総当たり戦を行い各グループの上位2チームが、ロシアW杯2018へ出場権を獲得となります。

サッカー日本代表に課せられた条件

  • Bグループの上位2チームに入ること

上位2チームに入れなかった場合は?

A・Bグループの上位3チーム同士が、ホーム・アンド・アウェーで対戦し、勝利したチームが大陸間プレーオフに進出

北中米カリブ海エリアのプレーオフ出場チーム(予選4位チーム)と、ホーム・アンド・アウェーで対戦し、総得点の多い方がロシアW杯2018の出場権獲得となります。



最終予選出場国と対戦成績

サムライブルーはBグループとなります。

ランキングはFIFAランク2016年06月02日時点

Bグループ

  • 日本[53位]
  • オーストラリア[59位]日本代表が8勝8分7敗
  • サウジアラビア[65位]日本代表が7勝1分3敗
  • アラブ首長国連邦[70位]日本代表が5勝8分2敗
  • イラク[102位]日本代表が6勝2分3敗
  • タイ[117位]日本代表が14勝4分2敗

Aグループ

  • イラン[39位]
  • 韓国[50位]
  • ウズベキスタン[66位]
  • 中国[81位]
  • カタール[84位]
  • シリア[101位]

Bグループの全日程|ロシアワールドカップ最終予選

予選が進むにつれ気になる、各国の試合日程や結果なども更新していきます。
■日本時間にて表記

試合日時間対戦カード
1節2016/9/1(木)18:30豪州2-0イラク
2016/9/1(木)19:35日本1-2UAE
2016/9/1(木)26:30サウジ1-0タイ
2節2016/9/6(火)20:30イラク1-2サウジ
2016/9/6(火)21:00タイ0-2日本
2016/9/6(火)24:30UAE0-1豪州
3節2016/10/6(木)26:45サウジ2-2豪州
2016/10/6(木)25:00UAE3-1タイ
2016/10/6(木)19:45日本2-1イラク
4節2016/10/11(火)21:30イラク4-0タイ
2016/10/11(火)26:45サウジ3-0UAE
2016/10/11(火)18:00豪州1-1日本
5節2016/11/15(火)24:20UAE2-0イラク
2016/11/15(火)21:30タイ2-2豪州
2016/11/15(火)19:35日本2-1サウジ
6節2017/3/23(木)22:00イラク1-1豪州
2017/3/23(木)24:30UAE0-2日本
2017/3/23(木)21:00タイ0-3サウジ
7節2017/3/28/(火)26:30サウジ1-0イラク
2017/3/28/(火)19:35日本4-0タイ
2017/3/28/(火)18:00豪州2-0UAE
8節2017/6/8(木)19:00豪州3-2サウジ
2017/6/13(火)21:00タイ1-1UAE
2017/6/13(火)21:25イラク1-1日本
9節2017/8/31(木)21:00タイ1-2イラク
2017/8/30(水)1:30UAE2-1サウジ
2017/8/31(木)19:35日本2-0豪州
10節2017/9/5(火)21:10イラク1-0UAE
2017/9/5(火)19:00豪州2-1タイ
2017/9/6(水)2:30サウジ1-0日本

表記について
( 豪州=オーストラリア・サウジ=サウジアラビア・UAE=アラブ首長国連邦)



これまでの対戦成績やランキングを見る限り、オーストラリア・UAE(アラブ首長国連邦)との試合が鍵となりそうです。

ワールドカップ最終予選のアウェイでは、侍ブルーに対して試合はもちろんですが、ホテルや練習場など厳し環境を覚悟しなければなりません。

1戦1戦選手を始め、応援するサポーターも気が抜けない試合が続きそうです。