世界野球プレミア12 準決勝の試合日程と放送時間|侍ジャパン(野球日本代表)

プレミア12,プロ野球,世界野球WBSCプレミア12,野球

→【2019年 プレミア12・スーパーラウンド】テレビ放送・ネット配信と日程|侍ジャパン(野球日本代表)

世界野球WBSCプレミア12日本代表(侍ジャパン)が準決勝進出となりました。決勝トーナメントの各試合日程放送時間など生中継で試合を放送するテレビ局やネット配信の有無、地上波・BS・スカパー・WOWOWも含め各テレビ局(NHK・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京と系列)など、最新の情報を速報にてお知らせ致します。


3位決定戦と決勝の試合日程や放送予定については下記をサイトをご覧下さい。

世界野球プレミア12 決勝・3位決定戦の試合日程と放送時間|侍ジャパン(野球日本代表)

決勝トーナメント表と日程|世界野球WBSCプレミア12

■準決勝1

2015年11月19日(木)19:00試合開始

韓国VS.日本(侍ジャパン)

試合会場:東京ドーム

123456789
韓国0000000044
日本0003000003

先発は大谷翔平(日本ハム)

■準決勝2

2015年11月20日(金)19:00試合開始

メキシコVS.アメリカ

試合会場:東京ドーム

トーナメント表

f:id:h-koike027:20151116230844p:plain

準々決勝の結果一覧

試合日時カード球場結果
11/16(月)13:30カナダ – メキシコ◯台湾3-4
11/16(月)19:30オランダ – アメリカ◯台湾1-6
11/16(月)19:30キューバ-韓国◯台湾2-7
11/16(月)19:30 プエルトリコ –日本◯台湾3-9

決勝トーナメントの中継スケジュール|世界野球WBSCプレミア12

今後の世界プレミア12の放送スケジュールについて

■準決勝

→TBS系列

J SPORTS1(スカパー!)日本戦は録画

■決勝・3位決定戦

→テレビ朝日系列

J SPORTS1・2(スカパー!)録画

日本韓国戦の放送時間とテレビ局

TBS系列(生中継)

11月19日(木)よる18:30~試合終了まで

J SPORTS 1(スカパー!)録画

11月19日(木)24:00~28:40(4:30)

ネット配信

同時刻にスカパー!オンデマンドにて配信

BS設備が無くても契約しているとネットで視聴可能性です。インターネットに接続できる環境があれば、スマホ・タブレット・パソコンから外出先でも中継がみれるので、非常に便利です。

リンク先→www.skyperfectv.co.jp/(2週間お試しがあります)

メキシコ対アメリカ戦の放送時間とテレビ局

TBS系列

放送予定なし

J SPORTS 1(スカパー!)生中継

11月20日(金)よる18:30~試合終了まで

ネット配信

同時刻にスカパー!オンデマンドにてLIVE配信

BS設備が無くても契約しているとネットで視聴可能性です。インターネットに接続できる環境があれば、スマホ・タブレット・パソコンから外出先でも生中継がみれるので、非常に便利です。

リンク先→www.skyperfectv.co.jp/(2週間お試しがあります)

いよいよ戦いの場も東京ドームと日本に戻ってきます。

試合当初は思ったより視聴率も良くない為、関心度も低いと思われていました。

ここまでのサムライジャパン世界野球WBSCプレミア12の視聴率一覧

11月8日:韓国戦→19・0%(テレビ朝日)

11月11日:メキシコ戦→16・4%(テレビ朝日)

11月12日:ドミニカ共和国戦→15・4%(TBS)

11月14日:米国戦→18・2%(テレビ朝日)

11月15日:ベネズエラ戦→20・0%(TBS)

ベネズエラ戦では、日本代表の中村晃外がサヨナラヒットを打った場面に瞬間最高視聴率35.2%と関心が伺えます。

蓋を明けて見れば日本代表の強さが目立つこの大会ですが、一発勝負のトーナメントだけに何が起こるか分かりません。

初代チャンピオンを目指しサムライジャパンと共に応援したいと思います。

出場選手や世界野球プレミア12については下記よりご覧下さい。

侍ジャパン出場選手一覧と世界野球プレミア12とは?

決勝及び3位決定戦の試合日程や放送予定については下記をサイトをご覧下さい。

世界野球プレミア12 決勝・3位決定戦の試合日程と放送時間|侍ジャパン(野球日本代表)

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら