【世界陸上選手権2022・オレゴン22/アメリカ】大会日程、放送予定、ツアー情報

世界陸上選手権

世界陸上選手権2022

オリンピックに次ぐ、陸上の大会として開催される。2022年の世界陸上競技選手権大会は、現地2022年7月15日(金) – 2022年7月24日(日)の日程で、アメリカのオレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールドで行われます。

世界陸上選手権2022の試合日程・出場選手・放送情報(テレビ放映・ネット配信)・ツアー情報もまとめてご覧頂けます。

アメリカでの大会は初となり、初開催の1983年から、18回目の開催となります。この大会は、通称は通称オレゴン22(Oregon22)と呼ばれます。

世界陸上選手権最新情報

※2020年に世界的に流行している新型コロナウィルスの影響により、当初は2021年8月6日~15日予定でしたが、1年延期されての開催となります。

世界陸上選手権2022-大会概要

  • 大会名:2022 World Athletics Championships
  • 通称:Oregon 2022
  • 開催期間:2022.07.15(金) – 2022.07.24(日)
  • 開催地:オレゴン州ユージーン(アメリカ)
  • 時差:日本が16時間進んでいます。

世界陸上選手権2022の開催について

新型コロナウィルスの世界的な流行を受け、2020年のスポーツ大会が軒並み、中止・延期され、東京オリンピックは予定通りの開催となりましたが、2020年4月8日に世界陸上2021の延期を発表、2022年開催となっています。

世界陸上選手権 2022-試合会場

  • 開催地:1580 E 15th Ave, Eugene, OR 97403 アメリカ合衆国
  • 試合会場:オレゴン大学内ヘイワード・フィールド

このヘイワード・フィールドは下記の地図の様にオレゴン大学内にあり、スタジアム(現在の収容人数:10,500)、新しいトラックサーフェス、常設ライト、ビデオボードなど最新設備へ改善されています。

ヘイワード・フィールド-世界陸上選手権2022

世界陸上選手権 2022の競技一覧

種目男子・女子
100m男子・女子
200m男子・女子
400m男子・女子
800m男子・女子
1500m男子・女子
5000m男子・女子
10000m男子・女子
110mハードル男子・女子
400mハードル男子・女子
3000m障害男子・女子
4×100mリレー男子・女子
4×400mリレー男子・女子
マラソン男子・女子
20km競歩男子・女子
50km競歩男子・女子
走高跳男子・女子
棒高跳男子・女子
走幅跳男子・女子
三段跳男子・女子
砲丸投男子・女子
円盤投男子・女子
ハンマー投男子・女子
やり投男子・女子
十種競技男子
七種競技女子
4×400mリレー男女混合

各選手のスケジュールや怪我などによっては変更となる可能性もあります。

世界陸上選手権 2022-大会スケジュール

  • 開催地:オレゴン州ユージーン(アメリカ)
  • 時差:日本が16時間進んでいます。

下記は日本日時
各種目など競技時刻は発表があり次第掲載

開始日時男女競技
7/16(土)予選男子100m
7/16(土)予選女子1500m
7/16(土)予選男子走幅跳
7/16(土)予選男子3000m障害
7/16(土)決勝混合4×400m
7/16(土)決勝男子20km競歩
7/17(日)準決勝
決勝
男子100m
7/17(日)予選男子110mH
7/17(日)予選男子400mH
7/17(日)準決勝女子1500m
7/17(日)決勝女子10000m
7/17(日)決勝男子走幅跳
7/17(日)決勝男子マラソン
7/18(月)準決勝
決勝
女子100m
7/18(月)準決勝
決勝
男子110mH
7/18(月)準決勝男子400mH
7/18(月)決勝男子10000m
7/18(月)決勝男子砲丸投
7/18(月)決勝女子棒高跳
7/18(月)決勝女子マラソン
7/19(火)決勝女子1500m
7/19(火)予選男子200m
7/19(火)決勝男子3000m障害
7/19(火)決勝男子走高跳
7/19(火)決勝女子三段跳
7/20(水)決勝男子400mH
7/20(水)準決勝男子200m
7/20(水)決勝男子1500m
7/20(水)決勝女子走高跳
7/21(木)予選女子5000m
7/21(木)予選女子やり投
7/21(木)準決勝女子400mH
7/21(木)準決勝女子400m
7/21(木)準決勝男子400m
7/21(木)決勝女子円盤投
7/22(金)決勝女子200m
7/22(金)決勝男子200m
7/22(金)予選男子5000m
7/22(金)予選男子やり投
7/23(土)決勝女子400mH
7/23(土)決勝女子400m
7/23(土)決勝男子400m
7/23(土)予選男子4×100m
7/23(土)決勝女子やり投
7/24(日)決勝男子4×100m
7/24(日)決勝女子4×100m
7/24(日)決勝女子5000m
7/24(日)決勝男子三段跳
7/24(日)決勝男子やり投
7/24(日)決勝男子36km競歩
7/24(日)1日目男子十種競技
7/24(日)決勝男子4×400m
7/25(月)決勝女子4×400m
7/25(月)準決勝
決勝
女子100mH
7/25(月)決勝男子5000m
7/25(月)決勝男子棒高跳
7/25(月)決勝女子走幅跳
7/25(月)2日目男子十種競技

 

世界陸上選手権 2022の試合結果一覧

世界陸上選手権 2022の試合結果は競技が開始され次第掲載します。

世界陸上選手権の大会記録一覧

男子の記録一覧

種目記録選手
100m9秒58ウサイン・ボルト
200m19秒19ウサイン・ボルト
400m43秒18マイケル・ジョンソン
800m1分43秒06ビリー・コンチェラー
1500m3分27秒65ヒシャム・エルゲルージ
5000m12分52秒79エリウド・キプチョゲ
10000m26分46秒31ケネニサ・ベケレ
マラソン2時間06分55秒アベル・キルイ
110mハードル12秒91コリン・ジャクソン
400mハードル47秒18ケビン・ヤング
3000m障害8分00秒43エゼキエル・ケンボイ
20km競歩1時間17分21秒ジェファーソン・ペレス
50km競歩3時間36分03秒ロベルト・コジェニョフスキ
走高跳2m41ボーダン・ボンダレンコ
棒高跳6m05ドミトリー・マルコフ
走幅跳8m95マイク・パウエル
三段跳18m29ジョナサン・エドワーズ
砲丸投22m91ジョー・コバックス
円盤投70m17ウィルギリウス・アレクナ
ハンマー投83m89イワン・チホン
やり投92m80ヤン・ゼレズニー
十種競技9045点アシュトン・イートン
4×100mリレー37秒04ネスタ・カーター
マイケル・フレーター
ヨハン・ブレーク
ウサイン・ボルト
4×400mリレー2分54秒29アンドリュー・バルモン
クインシー・ワッツ
ブッチ・レイノルズ
マイケル・ジョンソン

女子の記録一覧

種目記録選手
100m10秒70マリオン・ジョーンズ
200m21秒63ダフネ・シパーズ
400m47秒99ヤルミラ・クラトフビロバ
800m1分54秒68ヤルミラ・クラトフビロバ
1500m3分58秒52タチアナ・トマショワ
3000m8分28秒71曲雲霞
5000m14分26秒83アルマズ・アヤナ
10000m30分04秒18ベルハネ・アデレ
マラソン2時間20分57秒ポーラ・ラドクリフ
100mハードル12秒28サリー・ピアソン
400mハードル52秒16ダリラ・ムハンマド
3000m障害9分06秒57エカテリーナ・ボルコワ
10000m競歩42分55秒49アナリタ・シドチ
10km競歩42分13秒イリナ・スタンキナ
20km競歩1時間25分41秒オリンピアダ・イワノワ
50km競歩4時間05分56秒イネス・エンリケス
走高跳2m09ステフカ・コスタディノヴァ
棒高跳5m01エレーナ・イシンバエワ
走幅跳7m36ジャッキー・ジョイナー・カーシー
三段跳15m50イネッサ・クラベッツ
砲丸投21m24ナタリア・リソフスカヤ
バレリー・アダムス
円盤投71m62マルティナ・ヘルマン
ハンマー投80m85アニタ・ヴォダルチク
やり投71m99マリア・アバクモワ
七種競技7128点ジャッキー・ジョイナー・カーシー
4×100mリレー41秒07ベロニカ・キャンベル=ブラウン
ナターシャ・モリソン
エレイン・トンプソン
シェリー=アン・フレーザー=プライス
4×400mリレー3分16秒71グウェン・トーレンス
ジール・マイルス=クラーク
ナターシャ・カイザー
マイセル・マローン

世界陸上選手権 2022のテレビ放送・ネット配信情報

1997年のアテネ大会から2019年のドーハ大会まで12大会連続で、TBS系列局で中継されています。

世界陸上選手権など国際陸上競技連盟(IAAF)主催の日本の放映権は、2020年から2029年も電通が取得しており、テレビ放送・インターネット配信・マーケティング権など多岐にわたり、権利を取得しています。

世界陸上選手権 2022のテレビ放送情報

例年通りであればTBS系列の可能性が高いと思われます。詳細は発表があり次第更新

● TBS系列(生中継)地上波

2022年も生中継が決定
2019年のドーハ大会では、メインキャスターがの織田裕二さん、中井美穂さんが12大会、22年に渡り務めています。

●BS-TBS(未定)BS放送

TBS系列で生中継あり、BS-TBSは2019年のドーハ大会と同じく、連日ハイライト放送が予想されますす。

●NHK総合・NHK BS1(未定)

過去に世界陸上選手権の放送は1991年の東京大会のみとなります。

放映権の問題もあり放映の可能性は低いと思われます。

世界陸上選手権 2022のネット配信サービス情報

2019年のドーハ大会では、Paravi(パラビ)でも配信されています。

●Paravi(パラビ)とは?

・配信未定

なぜパラビで世界陸上選手権大会が配信されたのかですが、主要株主に、東京放送ホールディングス(TBSホールディングス)・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの為、Paravi(パラビ)での配信が実現

Paravi(パラビ)は国内ドラマ、バラエティ、ビジネス・報道、国内映画、アニメ、音楽・ステージ、韓流・華流、スポーツ、海外作品など多数を配信しています。

詳しくはパラビのホームページからご覧下さい。

詳しくは→Paravi(パラビ)視聴方法

世界陸上選手権 2022の旅行ツアー情報

世界陸上選手権のツアー情報は確認できませんが、大会の日程に合わせ、ツアーを申し込み、チケットを直接購入すれば観戦は可能だと思われます。

メジャーな旅行会社で観戦するのにどの位、費用がかかるなども想像しながら、マイアミオープンを楽しむのもありなのかもしれません。メジャーなツアー会社を調べてあります。興味のある方はホームページからご確認下さい。

世界陸上選手権2022 SNS(Twitter)情報

2020年の新型コロナウィルスの影響が、2021年まで影響するのは間違いありませんが、全米陸上競技連盟から発信される情報をできる限りお伝えします

この記事の世界陸上選手権2022情報は出典元の全米陸上競技連盟(USATF)の公式情報を元に作成しています。内容や記載についてのご不明点・ご意見はお問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら