ぐぐスポ!ニュース速報

錦織圭・フィギュアスケート・ラグビー・野球・サッカー日本代表・なでしこなど、様々なスポーツの試合日程や放送予定をお伝えします。

MENU

四大陸選手権フィギュア2017の女子ショートプログラム得点速報・結果一覧

女子の四大陸フィギュアスケート選手権2017が2月16日~2月19日の日程で開催され、日本からは樋口新葉・本郷理華・三原舞依が出場します。

開催は韓国の江陵アイスアリーナとなり、この会場は来年(2018年)に開かれる平昌オリンピック(冬季五輪)の試合会場として使用されることが決まっています。予行大会となる4大陸での表彰台は冬季五輪に向け重要な大会となりそうです。

女子ショートプログラム(SP)は2017年2月16日(木)18:30~予定されております。試合の得点結果・順位をなどを速報にてお知らせいたします。

四大陸選手権2017の試合日程一覧

下記、日時は現地時間ですが、韓国平昌(ピョンチャン)と日本の時差はありません。

日程時間男子女子結果
2/16(木) 18:30~21:44   SP 女子SP結果
2/17(金) 17:45~21:55 SP   男子SP結果
2/18(土) 18:00~21:47   FS 女子総合結果
2/19(日) 11:00~15:07 FS   男子総合結果

※SP=ショートプログラム・FS=フリースケーティング

男子は羽生結弦・宇野昌磨・田中刑事が出場

 

女子ショートプログラム得点詳細|四大陸選手権2017

出場が予定されていた、宮原知子選手は左足股関節の疲労骨折の為、欠場となり替わって本郷理華選手が出場となりました。

女子SP(ショートプログラム)の滑走時刻は発表があり次第お知らせいたします。

  • 樋口新葉(12番滑走:20:19~20:25)
  • 本郷理華(18番滑走:21:05~21:12)
  • 三原舞依(9番滑走:19:37~19:43)
順位名前得点滑走
1 Gabrielle DALEMAN CAN 68.25 22
2 Kaetlyn OSMOND CAN 68.21 21
3 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 66.87 23
4 三原舞依 JPN 66.51 9
5 Mirai NAGASU USA 62.91 20
6 Dabin CHOI KOR 61.62 14
7 Mariah BELL USA 61.21 13
8 Zijun LI CHN 60.37 16
9 本郷理華 JPN 59.16 18
10 樋口新葉 JPN 58.83 12
11 Xiangning LI CHN 55.73 6
12 Karen CHEN USA 55.68 19
13 Kailani CRAINE AUS 54.70 4
14 Alaine CHARTRAND CAN 53.64 17
15 Ziquan ZHAO CHN 49.97 7
16 Brooklee HAN AUS 48.44 5
17 Nahyun KIM KOR 45.95 15
18 Amy LIN TPE 45.40 1
19 Maisy Hiu Ching MA HKG 43.55 3
20 Shuran YU SGP 43.26 2
21 Chloe ING SGP 41.61 11
22 Suh Hyun SON KOR 38.61 8
23 Michaela DU TOIT RSA 33.39 10

ショートプログラムが終了し次第、女子フリーの滑走順・滑走時間を始め結果速報を下記サイトに掲載いたします。

→女子フリーの得点と総合結果速報

羽生結弦・宇野昌磨・田中刑事が出場の男子ショートプログラムの滑走順や得点速報は下記リンクをご覧ください。

四大陸選手権フィギュア2017の男子ショートプログラム得点速報・結果一覧 

 

テレビ放送と中継情報|四大陸選手権2017

四大陸選手権のテレビ放送はフジテレビ系列にて放送されます。

放送予定では男女ともショートプログラムはLIVE中継され、男女フリーは録画放送が予定されています。

  • 2月16日(木) 夜8:00~9:54[LIVE]
    女子ショートプログラム
  • 2月17日(金) 夜7:57~10:9[LIVE]
    男子ショートプログラム
  • 2月18日(土) 夜9:00~11:10
    女子フリー
  • 2月19日(日) 夜7:00~8:54
    男子フリー

 

2016年の日本選手権で3年連続優勝を果たした宮原知子選手は、左股関節の疲労骨折で全治4か月の診断を受け、四大陸選手権・2017冬季アジア札幌大会を欠場と、宮原選手としても悔しい状況となっていますが、宮原選手に代わって急きょ出場がきまった本郷 理華が2016年の4大陸選手権では3位と今年も表彰台が期待されます。

今後の女子フィギア界を担う、樋口新葉(16才)・三原 舞依(17才)も来年の平昌五輪(ピョンチャン)を照準を合わせ1戦1戦、重要な大会となりそうです。