2018デビスカップ・プレーオフの試合予定とTV放送情報

ダニエル太郎,テニス,デビスカップ,杉田祐一,西岡良仁,錦織圭

デビスカップ2018プレーオフのワールドグループ残留をかけて、テニス日本代表がボスニア・ヘルツェゴビナ代表と、9月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間日程で大阪の靱(うつぼ)テニスセンターにて開催されます。

日本代表選手が9月4日に発表!、プレーオフは「ダニエル太郎・西岡良仁・綿貫陽介・内山靖崇・マクラクラン勉」に決定しました。

※錦織圭は不出場を発表!トップ10が目前に迫り、また、年間ポイント獲得ランキング上位8人が出場できるATPツアーファイナルズ出場に向ける為、9/17~フランス(メス)で行われるモーゼルオープン(ATP250)にエントリー
→ 【錦織圭】初戦(2回戦)・モゼール・オープン2018の試合予定・テレビ放送・ドローなど最新情報

現在年間ポイントランキングは11位、全米オープンテニス・楽天ジャパンオープンと続きますが、手の届く位置にいます。

デビスカップ2018大会概要|プレーオフ

  • 試合会場:靱(うつぼ)テニスセンター
    〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1−14 靱公園内
  • 開催日程:9月14日(金)~16日(日)
  • サーフェス:屋外ハードコート

勝敗について

  • 1日目シングルス2試合
  • 2日目ダブルス1試合
  • 3日目シングルス2試合

【5セットマッチ】計5試合行い3勝すれば勝利となります。
3連勝した場合の3日目は消化試合となり、3セットタイブレークマッチとなります。

出場予定選手一覧|DavisCup2018

大会規定により10日前に発表

日本代表ボスニア
ヘルツェゴビナ代表
ダニエル太郎[s72位]ミルジャ・バシッチ[s79位]
西岡良仁[s170位]トミスラフ・ブルキッチ[s240位]
内山靖崇[s212位]ネルマン・ファティッチ[s539位]
綿貫陽介[s276位]ダルコ・ボヤノビッチ[s958位]
マクラクラン・ベン[D21位]

※S(シングルス)・D(ダブルス)

試合スケジュール|デビスカップ2018プレーオフ

先に3勝をあげたチームが勝利、また、対戦カード発表後、当日の試合開始1時間前に変更することができる為、対戦カードの変更もありますので要注意です。

日本代表が先に3勝した為、残留が決定!!来年の予選へ出場権を獲得!

1日目:9月14日(金)

■シングルス第1試合(12:00開始)

Player1set2set3set4set5set
ダニエル太郎[72位]667
トミスラフ・ブルキッチ[s240位]426

■シングルス第2試合

Player1set2set3set4set5set
西岡良仁[s170位]666
ミルジャ・バシッチ[s79位]433

2日目:9月15日(土)

■ダブルス第3試合(13:00開始)

Player1set2set3set4set5set
マクラクラン・ベン[D21位]

内山靖崇[s212位]

666
トミスラフ・ブルキッチ[s240位]

ミルジャ・バシッチ[s79位]

244

3日目:9月16日(日)

■シングルス第4試合(12:00開始)

Player1set2set3set4set5set
綿貫陽介[s276位]66
ダルコ・ボヤノビッチ[s958位]13

■シングルス第5試合

Player1set2set3set4set5set
西岡良仁[s170位]
トミスラフ・ブルキッチ[s240位]

テレビ放送とスケジュール情報|DavisCup2018

WOWOWですでに放送スケジュールが発表、また、デビスカップ1回戦はネット配信サービスのDAZNでも中継が行われました。

スカパー!GAORAや地上波・BS放送の(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)民放系列と、NHK(総合、BS)でもの中継情報は確認できていません。

※情報が入った場合はお知らせ致します。

デビスカップ2018の放送スケジュール

  • WOWOW(生中継)
    大会1日目
    9月14日(金) 午前11:45 ~
    9月14日(金) 午後3:00 ~
    大会2日目
    9月15日(土) 午後0:45 ~
    大会3日目
    9月16日(日) 午前11:45 ~
    9月16日(日) 午後3:00 ~

試合をご覧頂くにはWOWOWへの加入が必要です。詳しくは下記のWOWOWのホームページをご覧ください。

リンク先→WOWOW

●インターネット配信(ネット中継)
インターネットに接続できる環境があればWOWOWメンバーズオンデマンドのHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE配信及び見逃し配信にても対応している為、生中継で見れなかった場合でも、試合の模様がご覧頂けます。ご利用や加入に関しての詳しい情報はWOWOWのホームページよりご覧下さい。

リンク先→WOWOW

●DAZN
男子テニスはATP 250の一部配信、女子のWTAを配信しています。そのほか、サッカー(Jリーグ・ブンデスリーガ・セリエAほか)・野球・バレーボール・モータースポーツ・ラグビー・総合格闘技・ゴルフなど様々なスポーツを配信しています。

来季のデビスカップ2019について

ATPツアーとの兼ね合いで、以前から過密日程や5セットマッチなど負担を考え、各国のトップ選手が不出場をしていましたが、2019年より新たなフォーマットが採用されます。

  • 2月に24か国でホーム・アンド・アウェー方式で予選を行う
    ※シングルス2試合とダブルス1試合で、いずれも3セットマッチ
  • 2019年11月18日~24日の期間で18ヶ国で決勝トーナメント形式で優勝を決める
    ・2月に行われた勝利した12ヶ国
    ・前年度の準決勝進出者4ヶ国
    ・ワイルドカード2ヶ国
  • 決勝グループリーグ→決勝トーナメント
    3チーム(6グループ)に分けラウンドロビン(総当たり戦)を戦う。グループ1位の6ヶ国と、2位の中で成績がよかった2ヶ国の計8ヶ国が準々決勝へと駒を進める。
    ※共にシングルス2試合、ダブルス1試合3セットマッチ

FCバルセロナのDFジェラール・ピケが設立したコスモス社がパートナーシップとなり、サッカーのワールドカップの大会形式が、停滞しているデビスカップの人気を回復させると考えてるとの事です。

大きな変更点
現在は年4回→2回に短縮
5セットマッチ→3セットマッチ
シングルス4試合・ダブルス1試合→シングルス2試合・ダブルス1試合

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら