【全米オープン テニス2020】放送予定、日程、トーナメント表(ドロー)、ポイント、ツアーなど|錦織圭・大坂なおみ 出場情報

全米オープンテニス,大坂なおみ,錦織圭,錦織圭特集

テニスの全米オープン2020、今年はコロナの影響が懸念されましたが、日程も変更することなく現地 2020/08/31(月)~09/13(日)の予定で開催が決定、男子・女子共に本戦がUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで行われます。

全米オープン・テニス2020の試合日程・放送情報(テレビ放映・ネット配信)・出場選手・トーナメント表・ポイント(賞金)・ツアー情報もまとめてご覧頂けます。

全米オープンは 錦織圭 選手にとって最も実績を残している大会、大坂なおみ 選手はグランドスラム初制覇を達成し、昨年は西岡良仁、土居美咲、Jrの望月慎太郎などが活躍していました。

サイト内人気項目

全米オープン 最新の試合情報大坂なおみが決勝に進出!日程は日本9/13(日)5:00~
⇒USオープン女子決勝のテレビ放送・ライブスコア(結果)

⇒日本選手の試合予定(結果)一覧/放送情報
・錦織選手はUSオープン欠場を発表、復帰は(オーストリア)で開催されるクレーコートのATP250 ゼネラリ・オープン(8/27更新)
⇒ゼネラリ・オープンの放送予定・試合日程

全米オープン・テニス2020-大会概要

  • 大会名:US OPEN 2020
  • 男子クラス:グランドスラム
  • 女子クラス:グランドスラム
  • 開催期間:2020.08.31(月) – 2020.09.13(日)
  • 開催地:ニューヨーク/USA
  • コート:ハードコート
  • 男子シングルスドロー:128
  • 女子シングルスドロー:128
  • 時差:日本の方が13時間進んでいます

■全米オープン・テニスの特徴とフォーマット

  • 観客動員数、賞金総額ともに世界最大のテニストーナメント
  • ファイナルセットはタイブレーク方式が採用されます。

錦織圭の全米オープン(USオープン)の関係性

錦織圭 選手が一躍有名になった試合と言えば、2014年のUSオープンではないでしょうか?マリン・チリッチvs錦織圭とグランドスラム初決勝進出者同士となった一戦は準優勝となりましたが世界に強烈な印象を残してくれました。また、全米オープンは不思議なジンクスがあり、1年置きに良い結果を残しています。

201420152016201720182019
決勝1回戦準決勝不参加準決勝3回戦

ジンクス通りで行けば今年は優勝もあるかもしれません

大坂なおみ の全米オープンの関係性

大坂なおみ選手と言えば2018年のセリーナ・ウィリアムズとの決勝は今でも記憶に新しい所ではないでしょうか?2019年はアメリカの超新鋭コリ・ガウフ15才、と3回戦で対戦し、涙するコリ・ガウフと共に異例の試合後のインタビューを行い、相手を思いやる優しい行動に世界が感動した試合となりました。この年は4回戦で敗退していますが、更に強くなった大坂選手が全米オープン2勝目を上げるかもしれません。

全米オープン・テニス 2020-試合会場

  • 開催地:USTA Billie Jean King National Tennis Center, Flushing, Queens, New York
  • 試合会場:USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター

ニューヨーク市クイーンズ区フラッシング・メドウに位置する全米オープンは、テニスの大会で世界最大級の規模を誇り、観客動員数、賞金額ともに桁違いの大会となります。

この時期のニューヨークは非常に暑く、2018年の全米オープンでは熱中症で倒れる選手が続出し、初めてエクストリーム・ヒート・ポリシー(酷暑対策)が適応されました。2019年は比較的涼しかった為、影響はありませんでしたが、2020年はどうなるのか気になるところです。

全米オープンの試合会場の画像をご覧頂くと分かるかと思いますが、開閉式コートが2面ある為、上位選手は天候の影響も受けにくく、また、酷暑の場合、屋根を閉め空調を利かせてから再開されます。

全米オープン・テニス試合会場の画像
全米オープン・テニス試合会場の画像中央がセンターコートのアーサー・アッシュ・スタジアム

全米オープン・テニス 2020-大会スケジュール

■全米オープン・テニス会場との時差は、日本の方が13時間進んでいます。

試合開始が現地11:00ですが、NIGHTセッションの2試合目なら、日本では10時位となる為、仕事の方は合間や休憩中に見れる可能性もあります。

全米オープンはかなり遅くまで試合を行うので、錦織圭や大坂なおみ などNIGHTセッションに組まれるとテレビやネットでは見やすいかもしれません。

下記のスケジュールは暫定的な為、トーナメント開始前又は最中に変更される可能性があるとの事です。

■ニューヨーク/USAとの時差:日本の方が13時間進んでいます。
■今年はUSオープンの予選は中止となり、本戦から開催となります。
ATPWTA日本時間現地時間
1回戦1回戦9/1(火)0:00
9/1(火)8:00
8/31(月)11:00
8/31(月)19:00
1回戦1回戦9/2(水)0:00
9/2(水)8:00
9/1(火)11:00
9/1(火)19:00
2回戦2回戦9/3(木)0:00
9/3(木)8:00
9/2(水)11:00
9/2(水)19:00
2回戦2回戦9/4(金)0:00
9/4(金)8:00
9/3(木)11:00
9/3(木)19:00
3回戦3回戦9/5(土)0:00
9/5(土)8:00
9/4(金)11:00
9/4(金)19:00
3回戦3回戦9/6(日)0:00
9/6(日)8:00
9/5(土)11:00
9/5(土)19:00
4回戦4回戦9/7(月)0:00
9/7(月)8:00
9/6(日)11:00
9/6(日)19:00
4回戦4回戦9/8(火)0:00
9/8(火)8:00
9/7(月)11:00
9/7(月)19:00
準々決勝準々決勝9/9(水)1:00
9/9(水)8:00
9/8(火)12:00
9/8(火)19:00
準々決勝準々決勝9/10(木)1:00
9/10(木)8:00
9/9(水)12:00
9/9(水)19:00
準決勝9/11(金)8:009/10(木)19:00
準決勝9/12(土)1:00
9/12(土)5:00
9/11(金)12:00
9/11(金)16:00
決勝戦9/13(日)1:00
9/13(日)5:00
9/12(土)12:00
9/12(土)16:00
決勝戦9/14(月)2:00
9/14(月)5:00
9/13(日)13:00
9/13(日)16:00
全米オープンテニス(USオープンテニス) 錦織圭

全米オープンテニス(USオープンテニス) 錦織圭

全米オープン2020のトーナメント表(ドロー)について

全米オープン・テニス 2020のトーナメント表(ドロー)が発表(現地8/27)

ATP・WTA共にシード数32、シード入りすると3回戦までは上位シード選手に当たる事が無い為、優位に大会を進められるますが、最近は怪我なのでランキングを落としていた選手がノーシードで出場し、いきなり強豪と当たる事も見受けられます。ただ、錦織圭や大坂なおみ が優勝を狙う上では、大会開催時にランキングが上であれば有利なのは間違いなさそうです。

全米オープン・テニス の男子トーナメント表(ドロー)

  • 内山靖崇⇒トップハーフ画像1枚目の上段
  • 添田豪⇒ ボトムハーフ画像2枚目の上段
  • 杉田祐一⇒ボトムハーフ画像2枚目の上段
  • ダニエル太郎 ⇒ボトムハーフ画像2枚目中段
  • 西岡良仁⇒ ボトムハーフ画像2枚目下段
USオープンテニス2020男子ドロー トップハーフ
USオープンテニス2020男子ドロー トップハーフ
USオープンテニス2020男子ドロー ボトムハーフ
USオープンテニス2020男子ドロー ボトムハーフ

全米オープン・テニス の女子トーナメント表(ドロー)

  • 大坂なおみvs土居美咲
    ⇒トップハーフ画像1枚目の中段
  • 奈良くるみ ⇒ボトムハーフ画像2枚目の上段
  • 日比野菜緒 ⇒ボトムハーフ画像2枚目の上段
USオープンテニス2020女子ドロー トップハーフ
USオープンテニス2020女子ドロー トップハーフ
USオープンテニス2020女子ドロー ボトムハーフ
USオープンテニス2020女子ドロー ボトムハーフ

全米オープン2020 の賞金とポイント

全米オープン・テニスの(男子テニス・ATP)・(女子テニス・WTA)のポイントは下記の通り、賞金額2019年度のものとなります。2020年度の賞金額が発表され次第修正致します。

2019年の賞金総額は前年比8%増の約5,700万ドル(約61億円)、テニス史上最高額となりました。2020年度の賞金額が発表され次第修正致します。

※日本円へは1ドル=109円で計算

全米オープン・テニス-男子の賞金とポイント

ラウンドGS賞金額
優勝2000$3,850,000419,650,000円
準優勝1200$1,900,000207,100,000円
準決勝720$960,000104,640,000円
準々決勝360$500,00054,500,000円
4回戦180$280,00030,520,000円
3回戦90$163,00017,767,000円
2回戦45$100,00010,900,000円
1回戦10$58,0006,322,000円
予選3回戦16$32,0003,488,000円
予選2回戦8$18,0001,962,000円
予選1回戦0$11,0001,199,000円

全米オープン・テニス-女子の賞金とポイント

ラウンドGS賞金額
優勝2000$3,850,000419,650,000円
準優勝1300$1,900,000207,100,000円
準決勝780$960,000104,640,000円
準々決勝430$500,00054,500,000円
4回戦240$280,00030,520,000円
3回戦130$163,00017,767,000円
2回戦70$100,00010,900,000円
1回戦10$58,0006,322,000円
予選通過40
予選3回戦30$32,0003,488,000円
予選2回戦20$18,0001,962,000円
予選1回戦2$11,0001,199,000円
全米オープンテニス(USオープンテニス) 大坂なおみ

全米オープンテニス(USオープンテニス) 大坂なおみ

全米オープンテニス2020のテレビ放送・ネット配信情報

毎年、全米オープンだけはWOWOWが独占放送となっています。その為、NHK 総合・BS1での放送はありません。

テレビ局男子女子
WOWOW生中継生中継
NHK総合 BS1予定なし予定なし

※ネット配信は加入者限定のWOWOWメンバーズオンデマンドでライブ配信が決定、テレビ・ネットの利用方法はWOWOW公式サイトでご確認ください。また、公式情報によると初月は料金なしでネットからの加入だと約15分程度で視聴が出来るとの事。

WOWOW公式サイト⇒WOWOW視聴方法

地上波(日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ・テレビ東京)を始め、BS放送(BS日テレ・BS朝日・BS-TBS・BSジャパン・BSフジ)、AbemaTV(アベマTV)での放送はありません。

全米オープン 2020のテレビ放送情報

●WOWOWテレビ
錦織圭・大坂なおみ の試合を含め、USオープンテニスの試合はWOWOWが独占放送、今年も放映権を持っているWOWOWで放送される模様

また、WOWOW加入者限定のWOWOWメンバーズオンデマンドを利用するとスマホ・PC・タブレットからLIVE配信にて視聴可能です。詳しくは下記のWOWOWホームページをご確認ください。

リンク先→WOWOWホームページ

●NHK 総合、NHK BS1
2018、2019と、NHKで全米オープンの放送はありません。

全米オープン 2020のネット配信サービス

●WOWOWメンバーズオンデマンド
ネット配信の加入者限定のWOWOWメンバーズオンデマンドでは、放送されない他コートを配信

2020年度はATPマスターズ1000の全9大会、ATP500の12大会、ATP250の15大会、最終戦のATPファイナルズを生配信、グランドスラムやデビスカップ、錦織圭や大坂なおみ出場のエキシビションマッチなど、テレビ中継と同時配信されるケースも多数あります。

インターネットに接続できる環境があれば、WOWOWメンバーズオンデマンドHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE配信にて視聴可能です。ご利用や加入に関しての詳しい情報はWOWOWのホームページよりご覧下さい。
リンク先→WOWOWホームページ

●paravi(パラビ)
今年はATPツアーの配信はありませんが、ATPマガジンの配信を実施、また、話題の『半沢直樹シーズン1がフルで配信、シーズン2はダイジェスト版がご覧いただけます』、ドラマは日本最大級で、スポーツ以外にのも楽しみたい方はお得なサービスかもしれません。
詳しくは→Paravi

●DAZN(ダゾーン)
大坂なおみ選手の試合も含め国外のWTAツアーを独占配信しています。グランドスラムはこれまで配信されていませんが、全米オープン情報が入った場合はお知らせします。

サッカー(Jリーグ・ブンデスリーガ・セリエAほか)・プロ野球・バレーボール・モータースポーツ・ラグビー・バスケットボール・総合格闘技・ゴルフなど様々なスポーツを配信し、1ヶ月の無料体験があるのが特徴です。

詳しくはHPをご覧ください→DAZN

全米オープン・テニス2020の出場予定選手

全米オープン・テニス大会の出場選手ですが、本戦に入れるのは128人となり、ランキングで言うと104位までがストレートできます。実際は怪我なので出場しない選手もいるのでもう少しランキング的には余裕があるケースが多く見られます。

なぜ128人なのに128位までではないかと言いますと、8名のワイルドカードと予選枠の16名が用意されている為となります。

グランドスラムの予選に参加する人数も決められ、こちらも128名となります、けが人などもあるためランキングでは240位前後の 選手までが予選に参加し、本戦入りを目指します。

男子テニスのATPでは前年度11月上旬のランキング上位30名は出場義務選手(コミットメントプレイヤー)として、特定の大会へ出場義務が課せられる為、錦織圭も怪我や体調不良などがない限り出場が予定となります。※錦織選手は欠場となりました。

男子シード選手一覧

#選手名
11Novak Djokovic
ノバク ジョコビッチ
SRB32
23Dominic Thiem
ドミニク ティエム
AUT26
35Daniil Medvedev
ダニール・メドベージェフ
RUS24
46Stefanos Tsitsipas
ステファノス・チチパス
GRE21
57Alexander Zverev
アレクサンダー ズべレフ
GER22
68Matteo Berrettini
マッテオ・ベレッティーニ
ITA23
710David Goffin
ダビド ゴフィン
BEL29
812Roberto Bautista Agut
ロベルト バウティスタ アグト
ESP31
913Diego Schwartzman
ディエゴ シュワルツマン
ARG27
1014Andrey Rublev
アンドレイ・ルブレフ
RUS22
1115Karen Khachanov
カレン・ハチャノフ
RUS23
1216Denis Shapovalov
デニス・シャポバロフ
CAN20
1318Cristian Garin
クリスチャン・ガリン
CHI23
1419Grigor Dimitrov
グリゴール ディミトロフ
BUL28
1520Felix Auger-Aliassime
フェリックス・オジェ アリアシム
CAN19
1621John Isner
ジョン イスナー
USA34
1823Dusan Lajovic
ドゥサン ラヨビッチ
SRB29
1924Taylor Fritz
テイラー・フリッツ
USA22
2025Pablo Carreno Busta
パブロ カレーロ バスタ
ESP28
2126Alex de Minaur
アレックス・デミノー
AUS21
2227Nikoloz Basilashvili
ニコロズ バシラシビリ
GEO28
2328Daniel Evans
ダニエル・エバンス
GBR29
2429Hubert Hurkacz
ホベルト・ホルカシュ
POL23
2530Milos Raonic
ミロシュ ラオニッチ
CAN29
2632Filip Krajinovic
フィリップ クラジノビッチ
SRB28
2733Borna Coric
ボルナ コリッチ
CRO23
2834Jan-Lennard Struff
ヤン=レナード・ストルフ
GER29
2935Guido Pella
グイド ペジャ
ARG29
3036Casper Ruud
キャスパー・ルード
NOR21
3137Marin Cilic
マリン チリッチ
CRO31
3238Adrian Mannarino
エイドリアン マナリノ
FRA31
2Rafael Nadal
ラファエル ナダル
ESP33
4Roger Federer
ロジャー フェデラー
SUI38
9Gael Monfils
ガエル モンフィス
FRA33
11Fabio Fognini
ファビオ フォニーニ
ITA32
17Stan Wawrinka
スタン ワウリンカ
SUI34
22Benoit Paire
ブノワ ペール
FRA30
31Kei Nishikori
錦織 圭
JPN30

女子シード選手一覧

#名前身長
13Karolina Pliskova
カロリナ・プリスコバ
28186
24Sofia Kenin
ソフィア・ケニン
21170
39Serena Williams
セリーナ・ウィリアムズ
38175
410Naomi Osaka
大坂 なおみ
22180
511Aryna Sabalenka
アリナ・サバレンカ
22182
612Petra Kvitova
ペトラ・クビトバ
30183
713Madison Keys
マディソン・キーズ
25178
814Petra Martic
ペトラ・マルティッチ
29181
915Johanna Konta
ジョアンナ・コンタ
29170
1016Garbiñe Muguruza
ガルビネ・ムグルサ
26182
1117Elena Rybakina
エレナ・リバキナ
21
1218Marketa Vondrousova
マルケタ・ボンドロウソバ
21173
1319Alison Riske
アリソン・リスク
30175
1420Anett Kontaveit
アネット・コンタベイト
24174
1521Maria Sakkari
マリア・サッカリ
25172
1622Elise Mertens
エリーズ・メルテンス
24179
1723Angelique Kerber
アンゲリク・ケルバー
32173
1824Donna Vekic
ドナ・ベキッチ
24179
1925Dayana Yastremska
ダイアナ・ヤストレムスカ
20175
2026Karolina Muchova
カロリーナ・ムチョバ
23
2127Ekaterina Alexandrova
エカテリーナ・アレクサンドロワ
25
2228Amanda Anisimova
アマンダ・アニシモバ
18180
2333Yulia Putintseva
ユリア・プチンツェワ
25163
2435Magda Linette
マグダ・リネッテ
28171
2536Shuai Zhang
張 帥
31177
2637Sloane Stephens
スローン・スティーブンス
27170
2739Ons Jabeur
オンス・ジャバー
25
2840Jennifer Brady
ジェニファー・ブレイディ
25178
2941Veronika Kudermetova
アナ・コニュ
23
3043Kristina Mladenovic
クリスティナ・ムラデノビッチ
27184
3144Anastasija Sevastova
アナスタシヤ・セバストワ
30169
3246Rebecca Peterson
レベッカ・ペテルソン
25
1Ashleigh Barty
アシュリー・バーティ
24166
2Simona Halep
シモナ・ハレプ
28168
5Elina Svitolina
エリナ・スビトリナ
25174
6Bianca Andreescu
ビアンカ・アンドレースク
20170
7Kiki Bertens
キキ・ベルテンス
28182
8Belinda Bencic
ベリンダ・ベンチッチ
23175
29Qiang Wang
ワン・チャン
28172
30Anastasia Pavlyuchenkova
アナスタシア・セルゲーエヴナ・パブリュチェンコワ
29177
31Barbora Strycova
バルボラ・ストリコバ
34164
32Svetlana Kuznetsova
スベトラーナ・アレクサンドロヴナ・クズネツォワ
35174
34Saisai Zheng
ジェン・サイサイ
26170
38Julia Goerges
ユリア・ゲルゲス
31180
42Jelena Ostapenko
エレナ・オスタペンコ
23177
45Fiona Ferro
フィオナ・フェロ
23

全米オープン・テニス 2020のチケット・ツアー情報

一般発売は2020年1月ころ予定されています。

チケット情報→https://am.ticketmaster.com/usopentennis/

全米オープンは試合会場がニューヨークということもあり人気で、各旅行代理店が全米オープン観戦ツアーを販売しています。

2019年のHISは下記の通りとなっています。2020年のツアー情報が分かり次第更新しますが、下記にHISホームページのリンクからもご確認頂けます

【安心の添乗員同行の旅】

■全米オープンテニス観戦 6日間
398,000円(大人お1人様/2名1室利用)

全米オープンテニス(イメージ)
【らくらく直行便で行く】

■全米オープンテニス観戦 5日間
248,000円~338,000円(大人お1人様/2名1室利用)

詳しい情報はHISツアーホームページ

HIS以外にも2019年はWOWOWとJALツアーがコラボレーションし、全米オープン観戦ツアーを販売していました。2020年もJALツアーでも予約できるかと思いますので、下記のJALツアー公式サイトよりご確認下さい。
詳しい情報はJALツアー

JTBでも試合チケット付きの観戦ツアーを募集していましたので、JTBツアー公式サイトからご確認下さい。
詳しい情報はJTBツアー

全米オープン2020チケット情報が発売され次第、アクセス先をお知らせします。

全米オープン・テニスのSNS(Twitter・facebook)情報

全米オープン・テニスより発信されるTwitter・facebook・InstagramなどSNSで発信される、錦織圭や大坂なおみ の最新情報をできる限り掲載していきます。

この記事の全米オープン・テニス情報は出典元のUS OPENATP TourWTA Tour公式情報を元に作成しています。内容や記載についてのご不明点・ご意見はお問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら