【ATPカップー日本代表 vs スペイン 試合結果 速報 1/8】開始予定時刻とテレビ放送・ネット配信|西岡良仁、添田豪、マクラクラン勉、松井俊英 出場

ATPカップ,西岡良仁

ATPカップ2020 予選 最終戦(3戦目)の 日本代表 7位 vsスペイン代表 2位 が、2020年1月8日(水)にパース/オーストラリアで行われます。

日本代表選手、予選 最終戦(3戦目)の試合予定(開始時刻)・LIVE情報(テレビ放映・ネット配信)・対戦カードやスコア・試合結果などを、いつから試合が始まり、どこで中継されるのかなど、ATPカップ2020の大会主催者の発表に合わせ随時速報にて最新の情報を掲載

日本チームは西岡良仁(73位)、添田豪(121位)、マクラクラン勉(ダブルス44位)、松井俊英(ダブルス177位)

スペインチームはラファエル ナダル(1位)、ロベルト・バウティスタ・アグート(9位)、パブロ・カレーニョ・ブスタ(27位)、アルベルト・ラモス=ビノラス(41位)、フェリシアーノ・ロペス(55位)、昨年のデビスカップ(国別対抗戦)を優勝した最強チームと対戦となります。

見どころはNO1選手同士の対戦、は西岡良仁(73位)vs ラファエル ナダル(1位)は大注目です!

  1. →ATPカップ日本代表のATPカップ予選 最終戦(3戦目)の開始時刻
  2. →日本代表(西岡良仁、添田豪、マクラクラン勉、松井俊英) の試合速報
  3. →ATPカップ2020の放送予定
  4. →ATPカップ、日本代表の順位表とドロー
目次

ATPカップテニス2020、予選 最終戦(3戦目)の試合予定(開始時刻)|日本代表(西岡良仁、添田豪、マクラクラン勉、松井俊英)

■パースとの時差情報
→パースとの時差:日本の方が1時間進んでいます

現在発表されている試合スケジュールですが、対戦相手の変更もあります。

シングルス1試合目(NO2 対決)

  • 日本時間 2020/1/8(水)11:00
  • 添田豪[121位] vs
    ロベルト・バウティスタ・アグート(9位)

シングルス2試合目(NO1 対決)

  • 日本時間 2020/1/8(水)12:45前後
  • 西岡良仁[73位] vs
    ラファエル ナダル(1位)

ダブルス3試合目

  • 日本時間 2020/1/8(水)14:30前後
  • 日本代表[位]、日本代表[位] vs
    スペイン代表[位]、スペイン代表[位]

ATPカップテニス2020の予選 最終戦(3戦目)試合速報/結果
日本代表(西岡良仁、添田豪、マクラクラン勉、松井俊英)

  • 第1試合シングルス:出場チームのシングルス2番目のランキング同士の試合
  • 第2試合シングルス:出場チームのシングルス1位同士の試合
  • 第3試合ダブルス:ダブルスはチームキャプテンが決める事ができ、シングルスの選手もダブルスに出場できます。

シングルスランキングは、西岡良仁(73位)、添田豪(122位)
ダブルスランキングは、マクラクラン勉(ダブルス44位)、松井俊英(ダブルス177位)

シングルス第1試合・テニス日本代表vsスペイン代表|ATPカップ2020

日本時間 2020/1/8(水)11:00

Player1set2set3set
添田豪[121位]
ロベルト・バウティスタ・アグート(9位)
第1セットの詳細

11:16添田のサーブで開始
・5ゲーム、Rアグートが先にブレイク
・7ゲーム、Rアグートがブレイク

第2セットの詳細

添田のサーブから
・5ゲーム、Rアグートがこのゲームもブレイク

シングルス・テニス日本代表vsスペイン代表|第2試合・ATPカップ2020

日本時間 2020/1/8(水)12:45前後

Player1set2set3set
西岡良仁[73位]
ラファエル ナダル(1位)
第1セットの詳細

13:01ナダルのサーブで開始
・5ゲーム、動きが切れている西岡がブレイク!
・6ゲーム、ナダルがすぐにブレイクバック
・9ゲーム、西岡がブレイク!
・10ゲーム、気合が入るナダルがブレイクバック
タイブレーク
(西岡4ー7ナダル)
激しいラリーを繰り広げ、このセットを西岡が落としましたが、ここまでほぼ互角の戦いをしています。

第2セットの詳細

西岡のサーブから
・5ゲーム、ブレイクピンチを凌ぐ西岡キープ
・6ゲーム、ブレイクのチャンスを作る西岡、ナダルがキープ
・10ゲーム、仕掛けてきたナダルが先にブレイク

R.ナダルに敗れましたが、西岡選手は可能性を見せる試合となりました。日本チームはダブルスで勝利すれば決勝トーナメント進出できるため、次のダブルス戦へ向かいます!

ダブルス・テニス日本代表vsスペイン代表|第3試合・ATPカップ2020

日本チームのメンバーに変更がありました西岡良仁[73位]⇒添田豪(122位)、R.ナダルは休まずダブルスに出場

日本はダブルスに勝利すれば、セット数、ゲーム数に関係なく決勝トーナメント進出となります!

日本時間 2020/1/8(水)14:30前後

Player1set2set3set
マクラクラン勉(D44位)

添田豪(122位)

パブロ・カレーニョ・ブスタ(27位)

ラファエル ナダル(1位)

10
第1セットの詳細

15:50マクラクラン勉のサーブで開始
タイブレーク
(日本5ー57スペイン)
非常に緊迫した展開、

第2セットの詳細

スペインのサーブから
・4ゲーム ブレイクのピンチをサーブで凌ぐ日本
・5ゲーム この試合最初のブレイクは日本
最終セットは10ポイントのタイブレークへ

第3セットの詳細

スペインのサーブから
6ポイント現在日本は見にブレイク1本
10ポイント現在、イーブンに戻されます
15ポイント現在、スペインが2ミニブレイク

各試合接戦が続きましたが、最後のダブルス戦はギリギリでスペインに押し切られて、日本チームの決勝トーナメン進出とはなりませんでした…

ATPカップテニス2020・予選 最終戦(3戦目)の放送予定(LIVE配信)
日本代表(西岡良仁、添田豪、マクラクラン勉、松井俊英)

日本代表 7位 vs スペイン代表戦のテレビ中継は BS朝日・テレビ朝日系・CSテレ朝チャンネルで独占放送、ネット配信はAbemaTV(アベマTV)が配信

WOWOWやNHKでの放送予定はありません。

テレビ朝日系列・BS朝日・CSテレ朝チャンネルでのATPカップ(日本vsスペイン代表戦)の放送予定

テレビ朝日系列でのATPカップ放送予定

  • ATPカップ予選ラウンド最終戦
    日本代表 7位 vs スペイン代表2位
    2020/1/8(水)ひる12:50~

BS朝日でのATPカップ放送予定

  • ATPカップ予選ラウンド最終戦
    日本代表 7位 vs スペイン代表 2位
    2020/1/8(水)午前11:00~12:50
    ※リレー中継、12:50から地上波テレビ朝日へ

CSテレ朝でのATPカップ放送予定

  • ATPカップ予選ラウンド最終戦
    日本代表 7位 vs スペイン代表 2位
    2020/1/8(水) 午前11:00-午後4:00

CSテレ朝チャンネルの詳しい視聴方法はスカパーのチャンネル情報でご確認いただけます。
リンク先→スカパー!CSテレ朝チャンネル

AbemaTV(アベマTV)のATPカップ(日本vsスペイン代表戦)ライブ中継

インターネット配信(ライブストリーミング)、AbemaTV(アベマTV)が独占配信

  • ATPカップ予選ラウンド第1戦・
    日本代表 7位 vs スペイン代表 2位
    2020/1/8(水)10:50~
  • 解説:佐藤文平
  • 実況:足立清紀
  • 熱血応援隊長:杉村太蔵

視聴に関しては下記のAbemaTVよりご覧下さい。(見逃し視聴の対象外)

ホームページ→AbemaTV

ATPカップテニス2020、日本代表のドロー

RankATP CUP代表国グループ試合 会場
2スペインBパース
7日本Bパース
13ジョージアBパース
22ウルグアイBパース

終了:ATPカップ予選ラウンド第1戦

対戦カード日本代表7位 vs ウルグアイ22位
開始時刻日本時間2020/1/4(土)11:00
現地時間2020/1/4(土)10:00

ATPカップ予選ラウンド第2戦

対戦カード日本代表 7位 vs ジョージア13位
開始時刻日本時間2020/1/6(月)11:00
現地時間2020/1/6(月)10:00

ATPカップ予選ラウンド第3戦

対戦カード日本代表 7位 vs スペイン 2位
開始時刻日本時間2020/1/8(水)11:00
現地時間2020/1/8(水)10:00

ATPカップテニス2020、予選、日本代表・ジョージア・ウルグアイ・スペイン順位表

日本のグループはRナダル率いる、スペイン代表が入っている為、ジョージア・ウルグアイの2戦での勝利が重要となります。

1/6終了時点で、日本チームはグループ全体の2位の中で最上位、スペイン戦の結果次第でATPカップ決勝ラウンド進出も狙える位置に!
Pos勝敗MatchSET
WIN%
ゲーム
WIN%
1スペイン
2位
2-06-092.31%71.72%
2日本
7位
2-05-176.92%62.28%
3ジョージア
13位
0-21-523.08%37.72%
4ウルグアイ
22位
0-20-67.69%28.28%

ATPカップテニス2020、グループリーグ全体の順位表

決勝ラウンドはシドニーに集結し準々決勝・準決勝・決勝と計7試合が行われます。

グループ1位通過の6ヶ国+2ヶ国(次点1位・2位)
次点のチームは1位のチームを除いた、全グループの最上位と2番目の国が準々決勝に進出

◎はすでに決勝ラウンド進出の代表チーム
 #ATP CUP代表国 チーム
W/L
試合
W/L
Set
W %
Game
W %
1AustraliaF3-09-078.26%56.65%
1RussiaD3-08-180.00%59.68%
1Great BritainC2-16-366.67%56.99%
1SerbiaA2-05-173.33%55.17%
1SpainB2-06-092.31%71.72%
1CroatiaE2-05-171.43%54.35%
2BelgiumC2-16-354.55%51.50%
2CanadaF2-15-460.00%53.23%
3BulgariaC2-15-456.52%53.30%
2ItalyD2-15-455.00%50.00%
2JapanB2-05-176.92%62.28%
2AustriaE1-13-353.33%50.34%
2South AfricaA1-13-350.00%50.79%
3FranceA1-13-346.67%49.65%
3ArgentinaE1-12-440.00%48.51%
3GermanyF1-23-635.00%45.86%
3NorwayD1-23-630.00%43.01%
4USAD0-32-736.36%47.62%
4GreeceF0-31-823.81%43.00%
4MoldovaC0-31-820.00%37.97%
4PolandE0-22-435.71%46.34%
4ChileA0-21-528.57%43.55%
3GeorgiaB0-21-523.08%37.72%
4UruguayB0-20-67.69%28.28%

ATPカップ、グループB(スペイン・日本・ジョージア・ウルグアイ)の出場選手

T=チームランキング 略
G=グループ略
ATPカップ出場選手
日本西岡良仁73
日本内山靖崇81
日本マクラクラン勉D44
日本松井俊英D177
日本欠場・錦織圭13
日本欠場・添田豪122
スペインRafael Nadal
ラファエル・ナダル
1
スペインRoberto Bautista Agut
ロベルト・バウティスタ・アグート
9
スペインPablo Carreno Busta
パブロ・カレーニョ・ブスタ
27
スペインAlbert Ramos-Vinolas
アルベルト・ラモス=ビノラス
41
スペインFeliciano Lopez
フェリシアーノ・ロペス
55
ジョージアNikoloz Basilashvili
ニコロズ・バシラシビリ
26
ジョージアAleksandre Metreveli
アレクサンドル・メトレヴェリ
682
ジョージアGeorge Tsivadze877
ジョージアAleksandre Bakshi
アレクサンドル・バクシ
1031
ジョージアZura Tkemaladze1170
ウルグアイPablo Cuevas
パブロ・クエバス
45
ウルグアイMartin Cuevas
マルティン・クエヴァス
524
ウルグアイAriel Behar
アリエル・ビハル
76
ウルグアイJuan Martin Fumeaux1176
ウルグアイFranco Roncadelli2229

ATPカップテニス2020の獲得ポイントと賞金の解説

シングルスプレイヤーは最大750ポイント、ダブルスは最大250ポイントとなりますが、少々ポイントの仕組みが分かりにくい所もありますが、できる限り詳しく調べまてみました。

ATP CUPでポイントを獲得する為には

シングルスでは対戦相手のランキングと、ラウンドに応じてポイントが変動する仕組みとなり、ランキング上位の選手に勝利することで、より多くのポイントが加算されます。

試合のフォーマット的に、シングルスは各国のランキング最上選手同士と対戦し、NO2同士の対戦となるので、極端な事にはならない仕組みの様です。

可能性とするとNO2プレイヤー同士の対戦では、差がでるのかもしれません。

ATPカップ、シングルスのポイント獲得表

→※の行は相手のランキング

→※ 1-10 11-25 26-50 51-100 101+
決勝戦 250200150 75 50
準決勝 180140 105 50 35
準々決勝 120100753525
予選 7565502520

シングルスランキング301位以下の選手の場合は、ポイント制度が変更となります。

相手のランキング 1-100 101+
決勝戦 85 55
準決勝 55 35
準々決勝 35 25
予選 25 15

ATPカップ、ダブルスのポイント獲得表

ラウンドポイント
決勝戦 85
準決勝 55
準々決勝 35
予選 25

相手のランキングやラウンドに応じてポイントが違うので、通常のトーナメントより複雑です。

上位選手同士の戦いはトーナメント後半で見られるのが通常でしたが、予選から対戦の可能性があるのも面白いところではないでしょうか?

ATPカップ2020の賞金情報

ATPカップの賞金総額は$1,500万(約16億円)となり、参加するだけ賞金がもらえる大会で、ATPの力の入れ方が見れて取れます。ちなみに、最高賞金はグランドスラム2019年の「全米オープン」で、賞金総額は約5,700万ドル(約61億円)

各選手の賞金は参加賞金・勝利賞金・チーム賞金の3種類あり、個人の勝利とチームの勝利によって、得られる額も大きく変動しそうです。

代表チームのNO. 1 選手のATPCUP参加賞金

チーム順位参加賞金
1-3$250,000(約2700万円)
4-6$225,000(約2440万円)
7-12$200,000(約2170万円)
13-18$150,000(約1620万円)
19-24$75,000(約810万円)

1-18位は2019年9月13日時点で決定
19-24位は 2019年11月13日時点
※公式サイトによると、上位20位までは$150,000とあるので、変更となったのかもしれません。

ATPカップ公式サイトQ&Aより

代表チームのNO. 2選手のATPCUP参加賞金

NO2選手の参加賞金はATPカップへチームが決まった時のランキング、NO1選手との違いはシングルスランキングが採用されるようです。

シングルスランキング参加賞金
1-10$200,000(約2170万円)
11-20$150,000(約1620万円)
21-30$75,000(約810万円)
31-50$60,000(約650万円)
51-100$45,000(約480万円)
101-200$30,000(約320万円)
201-300$20,000(約210万円)
301+$15,000(約160万円)

代表チームの3人目~5人目のATPCUP参加賞金

3人目~5人目に選ばれた選手は2019年11月13日時点のランキングできまります。

シングルスランキング参加賞金
1-100$20,000(約210万円)
101-300$12,500(約130万円)
301+$7,500(約80万円)
ダブルスランキング参加賞金
1-20$30,000(約320万円)
21-50$20,000(約210万円)
51-100$12,500(約130万円)
101-150$10,000(約100万円)
151+$7,500(約80万円)

試合に勝利した時のATPCUP個人賞金額

最上位選手同士の対戦は賞金額も高く設定されています。

ダブルスは各選手ごとに支払われます。

ラウンド シングルス
No1
シングルス
NO2
 ダブルス
 決勝 $290,400
約3100万円
 $204,000
約2200万円
 $61,800
約670万円
 準決勝 $151,000
約1600万円
 $106,000
約1100万円
 $32,150
約350万円
準々決勝 $78,350
約850万円
 $55,100
約600万円
 $16,700
約180万円
 予選 $39,400
約420万円
 $27,600
約300万円
 $8,375
約90万円

試合に勝利した時のチームへの賞金

試合をしなかった選手に対してもチーム賞金が支払われるという、システムとの事です。

ラウンド 各選手ごと
 決勝 $48,760(約5300万円)
準決勝$29,280(約3180万円)
準々決勝 $17,620(約1910万円)
予選 $9,850(約100万円)

ATPカップ2020関連記事一覧

以上がATPカップ情報となります。こちらの記事はATPカップ公式サイトAbemaTVWOWOW・テレビ放送系列・GAORAスポーツの情報もとに作成しています。内容や記載についてのご不明点・ご意見はお問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら