【BNLイタリア国際 2020 ローマ】放送予定、日程、ドロー、ポイント、試合結果|錦織圭・大坂なおみ 出場予定

BNLイタリア国際,大坂なおみ,錦織圭,錦織圭特集

2020BNLイタリア国際(ローマオープン)のテニス放送情報(テレビ放映・ネット配信)・試合日程・出場選手・ドロー・ポイント(賞金)・ツアー情報もまとめてご覧頂けます。

BNLイタリア国際2020(ローマ・マスターズ)、今年はコロナで延期となり2020.09.14(月) – 2020.09.21(月)に変更した大会日程で開催が決定、男子・女子の試合がフォロ・イタリコ(スポーツ施設のテニスコート)で行われます。

錦織圭・大坂なおみ 最新の試合情報

錦織選手約1年ぶりの勝利で2回戦へ!
⇒2回戦の試合予定・対戦情報を更新

大坂なおみ は欠場…全仏オープンが予定に!

全米OP後の疲労を考えてか欠場となりました。

BNLイタリア国際2020-大会概要(ローマオープン テニス)

大会名Internazionali BNL d’Italia
名称BNLイタリア国際
ATPローマ大会
ローマオープン
ローママスターズ
イタリアオープンテニス
イタリアンオープンテニス
開催期間当初:2020.05.10(日) – 2020.05.17(日)
変更後:2020.09.20 – 2020.09.27
再変更:2020.09.14(月) – 2020.09.21(月)
開催地ローマ/イタリア
試合会場フォロ・イタリコ(スポーツ施設のテニスコート)
カテゴリー男子ATP(ATPマスターズ1000)
女子WTA(プレミア5)
ドロー男子シングルスドロー:56

女子シングルスドロー:56

時差日本が7時間進んでいます。
■BNLイタリア国際2020大会フォーマット

男女共にシード数は16、第8シード以内に入ると1回戦不戦勝(BYE)
3セットマッチ(2セット先取で勝利)
最終セットタイブレーク方式

男女共同開催のBNLイタリア国際(ローマオープン)は、無観客での開催が決定しています。また、錦織圭の復帰2大会目、大坂なおみも全米OP後、クレーで今季初となる注目の大会です。

錦織圭選手のBNLイタリア国際のこれまで

ローマで開催される、イタリア大会の初参戦は2011年この時は予選敗退

2013年は2回戦、2015年は準々決勝、2016年は準決勝に進出し2年連続でノバク・ジョコビッチが高い壁となり、2017年は3回戦でデルポトロと対戦、2018年は再び準々決勝でジョコビッチ、2019年は準々決勝と、コンスタントに実績を残している高いです。

6回出場で、3度ノバク・ジョコビッチと当たり、何かと縁のある大会となっています。

大坂なおみ選手のBNLイタリア国際のこれまで

昨年の大坂なおみ選手はランキング1位と第1シードで出場し準々決勝に進出

2018年は当時1位のシモナ・ハレプと2回戦当たり敗退、2017年は1回戦とこれまで3度出場しています。

年を追うごとに成績を伸ばしている大坂選手、ローマの大会でクレー初優勝もあるかもしれません。

BNLイタリア国際テニス 2020-試合会場(ローマオープン)

  • 開催地:Viale del Foro Italico, 00135 Roma RM, イタリア
  • 試合会場:フォロ・イタリコ(スポーツ施設のテニスコート)

試合会場となるフォロ・イタリコは、合計11面のクレーテニスコートがあり、CENTRAL COURT(センターコート)・GRAND STAND ARENA(2番コート)・GROUNDでトーナメントが行われます。

テニス会場の隣には、スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマと呼ばれる競技場があり、サッカーチームのASローマ、SSラツィオがホームスタジアムとして使用しています。このスポーツエリアは1960年のローマオリンピックの会場となっています。

 フォロ・イタリコ(BNLイタリア国際)試合会場画像

フォロ・イタリコ(イタリア国際)の画像はGoogle Mapより引用

BNLイタリア国際 テニス2020-大会日程

■ローマとの時差は日本の方が7時間進んでいます。

下記のスケジュールは暫定的な為、トーナメント開始前又は最中に変更される可能性があります。
ATP
WTA
 現地日程日本日時
1回戦DAY
9/14(月)11:009/14(月)18:00
1回戦DAY
NIGHT
9/15(火)11:00
9/15(火)19:00
9/15(火)18:00
9/16(水)2:00
1回戦
2回戦
DAY
NIGHT
9/16(水)11:00
9/16(水)19:00
9/16(水)18:00
9/17(木)2:00
2回戦DAY
NIGHT
9/17(木)11:00
9/17(木)19:00
9/17(木)18:00
9/18(金)2:00
3回戦DAY
NIGHT
9/18(金)11:00
9/18(金)19:00
9/18(金)18:00
9/19(土)2:00
準々決勝DAY
NIGHT
9/19(土)11:00
9/19(土)19:00
9/19(土)18:00
9/20(日)2:00
準決勝DAY
NIGHT
9/20(日)11:00
9/20(日)19:00
9/20(日)18:00
9/21(月)2:00
決勝9/21(月)11:009/21(月)18:00

BNLイタリア国際2020のテレビ放送・ネット配信情報

2020年のBNLイタリア国際は、男子テニスATPマスターズ1000と、女子テニスWTA(プレミア5)で、テレビ放送とインターネット配信(インターネットストリーミング)先が異なりますのでご注意下さい。

中継先男子(ATP)女子(WTA)
WOWOWNET配信のみ※予定なし
NHK BS1日本選手の試合を中心に放送予定なし
GAORATV・NETで生中継予定なし
DAZN予定なしNETで生中継
民放各局予定なし予定なし

※ネット配信は加入者限定のWOWOWメンバーズオンデマンドでライブ配信が決定、テレビ・ネットの利用方法はWOWOW

男女共に地上波(日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ・テレビ東京)を始め、BS放送(BS日テレ・BS朝日・BS-TBS・BSジャパン・BSフジ)、AbemaTV(アベマTV)での放送予定は確認できていません。情報が入った場合は掲載いたします。

男子BNLイタリア国際 2020のテレビ放送情報

BNLイタリア国際2020(ローマ・マスターズ)錦織圭
1年ぶりに怪我から復帰した錦織圭選手、2020年初のATPマスターズ1000のBNLイタリア国際2020(ローマ・マスターズ)
テレビ局TV中継情報NET配信
GAORA生中継LIVE※1
NHK BS1録画or生中継予定なし
WOWOW※2未定LIVE
Paravi(パラビ)未定
DAZN(ダゾーン)予定なし

※1・GAORAスポーツはスカパー!オンデマンドで同時配信
※2・WOWOWではネット配信サービスのWOWOWメンバーズオンデマンドでライブ配信決定しています。インターネットでの中継情報は下記をご覧下さい。

●NHK BS1(生中継・録画)
2016年~2019年とATPマスターズ1000のLIVE中継をNHKBS1で放映、2020年の放送も日本選手を中心にNHK BS1で中継されます。

錦織圭の復帰2大会目の為、生中継となる可能性が高いと思われます。

●スカパー!GAORA(生中継)
Nitto ATPファイナルズ、NEXT GEN ATPファイナルズ、マスターズ1000(全9大会)、ATP500大会を始めとする20大会の試合を中継、また、加入者はネット配信サービスのスカパーオンデマンドが利用できスマホ・PC・タブレットからLIVE配信にて視聴可能です。詳しくはスカパー!ホームページをご確認ください。
リンク先→スカパー!

●WOWOWテレビ(ネット配信のみ)
テレビ放映での予定はなく、ネット配信サービスのWOWOWメンバーズオンデマンドでご覧頂けます。情報としてWOWOWにチャンネルを合わせリモコンのdボタンを押してデータ放送上にボタンが表示された方や、ChromecastなどからWOWOWメンバーズオンデマンドをテレビ視聴が可能となりますのでお試し下さい。

男子BNLイタリア国際 2020のネット配信サービス情報

配信先配信時間
WOWOW視聴方法ライブ
スカパー!オンデマンド視聴方法ライブ
Paravi(パラビ)視聴方法未定

●WOWOWメンバーズオンデマンド(LIVE中継)
ネット配信の加入者限定のWOWOWメンバーズオンデマンドで、2020年度はATPマスターズ1000の全9大会、ATP500の12大会、ATP250の15大会、最終戦のATPファイナルズを生配信となります。また、グランドスラムやデビスカップ、錦織圭や大坂なおみ出場のエキシビションマッチなど、テレビ中継と同時配信されるケースも多数あります。

インターネットに接続できる環境があれば、WOWOWメンバーズオンデマンドHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE配信にて視聴可能です。ご利用や加入に関しての詳しい情報はWOWOWのホームページよりご覧下さい。
リンク先→WOWOWホームページ

●paravi(パラビ)
TBS、テレビ東京、WOWOWが参加している配信サービス、2019年は男子テニスATPツアーはライブ&アーカイブ配信され、大会によってはLIVE中継を行います。また、ドラマは日本最大級で人気の『半沢直樹』や『私の家政婦なぎささん』など、スポーツ以外にのも楽しみたい方はお得なサービスかもしれません。
詳しくは→Paravi

●スカパー!オンデマンド(LIVE中継)
GAORA利用者はスカパー!の番組をスマホ・PC・タブレット・TVで視聴できるサービスのスカパー!オンデマンドでも視聴可能です。
リンク先→スカパー!

女子BNLイタリア国際 2020のテレビ放送情報

BNLイタリア国際2020(ローマ・マスターズ)大坂なおみ
全米オープンテニスで結果を残した大坂なおみ、全仏オープンに向けクレーコートのBNLイタリア国際2020に出場
テレビ局TV中継情報NET配信
DAZN(ダゾーン)視聴方法LIVE配信
NHK 総合 BS1予定なし予定なし
WOWOW予定なし予定なし

女子テニスツアーWTAの放送はグランドスラムや日本で行われる一部の大会を除いて、ネット配信サービスのDAZNとなる見込みです。

●NHK 総合 Eテレ・NHK BS1(予定なし)
2019年の男子ATPマスターズ1000は錦織圭 選手の試合を中心にライブ放映、大坂なおみ選手の中継はNHK総合、NHKBS1ともにありませんでした。

●WOWOW(予定なし)
WOWOWテレビではグランドスラムやフェドカップ(国別対抗戦)などを放送、BNLイタリア国際のテレビ中継はありませんが、この後開催される全仏オープンテニスは生中継。詳しくはWOWOWホームページでご確認頂けます。
リンク先→WOWOWホームページ

女子BNLイタリア国際 2020のネット配信サービス情報

国外のWTAツアー・国別対抗戦のフェドカップはDAZNが独占LIVE配信

●DAZN(ダゾーン)ライブ配信
大坂なおみ選手の試合も含め国外のWTAツアーを独占配信しています。

サッカー(Jリーグ・ブンデスリーガ・セリエAほか)・ビジャレアルの久保建英やプロ野球・バレーボール・モータースポーツ・ラグビー・バスケットボール・総合格闘技・ゴルフなど様々なスポーツを配信し、1ヶ月の無料体験があるのが特徴です。

詳しくはHPをご覧ください→DAZN

BNLイタリア国際 2020ドロー(イタリアオープンテニス)について

下記は予想されるBNLイタリア国際 2020のトーナメント表(ドロー)の画像イメージです。

ATP・WTA共にシード数は16、上位8名は1回戦不戦勝(BYE)となります。

シード選手や出場選手が決定し次第更新いたします。

ローマオープン2020 男子ドロー(試合結果)

大会進むに連れ、勝敗をドローに記載します。スコアなど試合結果も下記でご覧いただけます。

BNLイタリア国際 2020の男子トーナメント表
BNLイタリア国際 2020のATPマスターズ1000 男子トーナメント表(画像)

ローマオープン2020 女子ドロー(試合結果)

大会進むに連れ、勝敗をドローに記載します。スコアなど試合結果も下記でご覧いただけます。

 BNLイタリア国際 2020の女子トーナメント表
BNLイタリア国際 2020プレミア5 女子トーナメント表(画像)

BNLイタリア国際2020 の賞金とポイント(ローマ・マスターズ)

BNLイタリア国際の(男子テニス・ATPマスターズ1000)・(女子テニス・プレミア5)のポイントは下記の通り、賞金額2019年度のものとなります。

2020年度の賞金額が発表され次第修正致します。

BNLイタリア国際-男子テニスの賞金とポイント

RoundPoint賞金額(2019年版)
優勝1000€ 958,055104,427,995円
準優勝600€ 484,95052,859,550円
準決勝360€ 248,74527,113,205円
準々決勝180€ 128,20013,973,800円
3回戦45€ 64,2257,000,525円
2回戦25€ 33,6353,666,215円
1回戦10€ 18,9552,066,095円

BNLイタリア国際-女子テニスの賞金とポイント

RoundPoint賞金額(2019年版)
優勝900€ 523,85857,100,522円
準優勝585€ 261,80228,536,418円
準決勝350€ 130,77414,254,366円
準々決勝190€ 60,2406,566,160円
3回戦105€ 29,8663,255,394円
2回戦60€ 15,3301,670,970円
1回戦1€ 7,879858,811円

BNLイタリア国際2020の出場予定選手(イタリアン・オープン)

BNLイタリア国際(ローマ・マスターズ)大会の出場選手ですが、男子テニスのATPでは前年度11月上旬のランキング上位30名は出場義務選手(コミットメントプレイヤー)として、特定の大会へ出場義務が課せられます。

男子テニスではATP1000シリーズの出場義務が軽減として免除制度があり、一部の選手には大会の出場を選択する権利があります。
錦織圭は出場義務の免除対象選手となりBNLイタリア国際に出場するかが選べる状況でしたが、今年は特別な状況下となり、全仏オープンに向けイタリア国際の出場を発表しています。

女子テニス(WTA)でもTOP10選手は特定の大会へ出場義務がありますが、プレミア5は年間5大会あり、内4大会に出場義務があります。

BNLイタリア国際の女子WTAツアーのカテゴリはプレミア5となり、大坂なおみ 選手のエントリーも決定しています。

男子・女子ともに出場選手が発表され次第掲載します。

男子シングルス出場予定選手一覧

#選手名
1Novak Djokovic
ノバク ジョコビッチ
SRB
2Rafael Nadal
ラファエル ナダル
ESP
3Dominic Thiem
ドミニク ティエム
AUT
4Roger Federer
ロジャー フェデラー
SUI
5Daniil Medvedev
ダニール・メドベージェフ
RUS
6Stefanos Tsitsipas
ステファノス・チチパス
GRE
7Alexander Zverev
アレクサンダー ズべレフ
GER
8Matteo Berrettini
マッテオ・ベレッティーニ
ITA
9Gael Monfils
ガエル モンフィス
FRA
10David Goffin
ダビド ゴフィン
BEL
11Roberto Bautista Agut
ロベルト バウティスタ アグト
ESP
12Fabio Fognini
ファビオ フォニーニ
ITA
13Diego Schwartzman
ディエゴ シュワルツマン
ARG
14Andrey Rublev
アンドレイ・ルブレフ
RUS
15Stan Wawrinka
スタン ワウリンカ
SUI
16Karen Khachanov
カレン・ハチャノフ
RUS
17Denis Shapovalov
デニス・シャポバロフ
CAN
18Milos Raonic
ミロシュ ラオニッチ
CAN
19Cristian Garin
クリスチャン・ガリン
CHI
20Grigor Dimitrov
グリゴール ディミトロフ
BUL
21Felix Auger-Aliassime
フェリックス・オジェ アリアシム
CAN
22John Isner
ジョン イスナー
USA
23Benoit Paire
ブノワ ペール
FRA
24Dusan Lajovic
ドゥサン ラヨビッチ
SRB
25Taylor Fritz
テイラー・フリッツ
USA
26Filip Krajinovic
フィリップ クラジノビッチ
SRB
27Pablo Carreno Busta
パブロ カレーロ バスタ
ESP
28Alex de Minaur
アレックス・デミノー
AUS
29Jan-Lennard Struff
ヤン=レナード・ストルフ
GER
30Nikoloz Basilashvili
ニコロズ バシラシビリ
GEO
31Daniel Evans
ダニエル・エバンス
GBR
32Borna Coric
ボルナ コリッチ
CRO
33Hubert Hurkacz
ホベルト・ホルカシュ
POL
34Kei Nishikori
錦織 圭
JPN
35Reilly Opelka
ライリー・オペルカ
USA
36Guido Pella
グイド ペジャ
ARG
37Casper Ruud
キャスパー・ルード
NOR
#シード選手
エントリー時の状況、全米オープン終了後、ランキングの変動がある為、確定し次第更新

女子シングルス出場予定選手一覧

#名前
1Ashleigh Barty
アシュリー・バーティ
AUS
2Simona Halep
シモナ・ハレプ
ROU
3Karolina Pliskova
カロリナ・プリスコバ
CZE
4Sofia Kenin
ソフィア・ケニン
USA
5Elina Svitolina
エリナ・スビトリナ
UKR
6Bianca Andreescu
ビアンカ・アンドレースク
CAN
7Kiki Bertens
キキ・ベルテンス
NED
8Belinda Bencic
ベリンダ・ベンチッチ
SUI
9Serena Williams
セリーナ・ウィリアムズ
USA
10Naomi Osaka
大坂 なおみ
JPN
11Aryna Sabalenka
アリナ・サバレンカ
BLR
12Petra Kvitova
ペトラ・クビトバ
CZE
13Madison Keys
マディソン・キーズ
USA
14Petra Martic
ペトラ・マルティッチ
CRO
15Johanna Konta
ジョアンナ・コンタ
GBR
16Garbiñe Muguruza
ガルビネ・ムグルサ
ESP
17Elena Rybakina
エレナ・リバキナ
KAZ
18Marketa Vondrousova
マルケタ・ボンドロウソバ
CZE
19Alison Riske
アリソン・リスク
USA
20Anett Kontaveit
アネット・コンタベイト
EST
21Maria Sakkari
マリア・サッカリ
GRE
22Elise Mertens
エリーズ・メルテンス
BEL
23Angelique Kerber
アンゲリク・ケルバー
GER
24Donna Vekic
ドナ・ベキッチ
CRO
25Dayana Yastremska
ダイアナ・ヤストレムスカ
UKR
26Karolina Muchova
カロリーナ・ムチョバ
CZE
27Ekaterina Alexandrova
エカテリーナ・アレクサンドロワ
RUS
28Amanda Anisimova
アマンダ・アニシモバ
USA
29Qiang Wang
ワン・チャン
CHN
30Anastasia Pavlyuchenkova
アナスタシア・セルゲーエヴナ・パブリュチェンコワ
RUS
31Barbora Strycova
バルボラ・ストリコバ
CZE
32Svetlana Kuznetsova
スベトラーナ・アレクサンドロヴナ・クズネツォワ
RUS
33Yulia Putintseva
ユリア・プチンツェワ
KAZ
34Saisai Zheng
ジェン・サイサイ
CHN
35Magda Linette
マグダ・リネッテ
POL
36Shuai Zhang
張 帥
CHN
37Sloane Stephens
スローン・スティーブンス
USA
38Julia Goerges
ユリア・ゲルゲス
GER
39Ons Jabeur
オンス・ジャバー
40Jennifer Brady
ジェニファー・ブレイディ
USA
41Veronika Kudermetova
アナ・コニュ
RUS
42Jelena Ostapenko
エレナ・オスタペンコ
LAT
43Kristina Mladenovic
クリスティナ・ムラデノビッチ
FRA
#シード選手
エントリー時の状況、全米オープン終了後、ランキングの変動がある為、確定し次第更新

BNLイタリア国際 テニス2020のチケット・ツアー情報

観戦ツアーの情報ですが、HISでBNLイタリア国際のツアーが発売されていましたが、コロナも今年は無観客試合となりました。

今年の観戦は無理ですが、来年も同様にツアーの発売もあるかと思います。チケットも用意してもらえるプランもあり、ローマ観光を兼ねて試合が見れることを願うばかりです。

世界のテニスを観戦に行こう
イタリア国際観戦サポートプラン
【有効期限 2019年11月6日~2020年4月20日】

■イタリア国際観戦サポートプラン
■HISローマ支店が、24時間日本語であなたの旅をサポート!

詳しくはHISのHPをご覧下さい⇒HISツアー

HIS以外でも、グランドスラムや大きな大会を中心に観戦ツアーが組まれる事もあります。テニスツアーを販売している一部の旅行会社のホームページを調べましたので、ご興味がある方は下記リンクをご覧下さい。

JTB公式サイト⇒JTBツアー

JAL公式サイト⇒JALツアー

錦織圭、大坂なおみ 選手がBNLイタリア国際にエントリーが確定してない段階でツアーへの申し込みは試案のしどころかもしれませんが、両選手共に昨年は準々決勝進出している為、ツアーランキングを考えると怪我がなければ、出場の可能性は高いかもしれません。

BNLイタリア国際のSNS(Twitter・facebook)情報

このコーナーでは、大坂なおみ選手や錦織圭選手など、BNLイタリア国際より発信されるTwitter・facebook・InstagramなどSNSの最新情報を出来る限り紹介していきます。

画像はBNLイタリア国際(ローマ・マスターズ)公式Twitterより引用
この記事のBNLイタリア国際情報は引用元のInternazionali BNL d’ItaliaATP TourWTA Tour公式情報を元に作成しています。内容や記載についてのご不明点・ご意見はお問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら