錦織圭、2020年の日程と最新ニュース!
錦織圭の最新ニュース
大坂なおみ次戦の試合予定!
大坂選手の次戦や最新情報!
プロ野球6/19開幕!試合日程・放送予定を更新
開幕戦から最新の放送情報・時間を随時更新

ラグビー日本代表VS.サモア戦の試合日程とテレビ放送|W杯2015

ラグビー,ラグビー・ワールドカップ

ラグビーワールドカップ2015 予選3試合目のサモア戦の試合日程とテレビ放送スケジュールについてまとめました。

生中継が視聴できるテレビ局や、インターネット中継についても調べてあります。

予選1試合目が南アフリカ戦・2試合目スコットランド戦・3試合目がサモア戦となります。

速報→ラグビーワールドカップ2015試合結果速報!日本代表vsサモア 第3戦目

日本代表VSサモア代表の試合日程|ラグビーW杯2015

試合開始日時(日本時間)

2015年10月3日(土)

よる22:30~24:30

現地時間

午後14:30~16:30

試合会場

スタジアム:mk

日本との時差

日本とイングランドの時差が8時間あり、日本が8時間進んでいます。

テレビ放送と中継時間|ラグビーW杯2015

地上波|日本テレビ

10月3日(土)

よる22:15 ~ 24:25(生中継)

BSスカパー|J SPORTS

10月3日(土)

よる22:00~(生中継)

NHK BS1

10月3日(土)

深夜 25:00~26:50(時差中継)

明けて10月4日(日)

午前1:00~午前2:50

インターネット中継について

スカパー!オンデマンドのJ SPORTSで、BS放送と同時刻にLIVE配信があります。

日本戦以外の試合も全試合生中継で見られます。

ご加入に関しての詳しい情報はBSスカパー!のホームページよりご覧下さい。

リンク先→BSスカパー!(2週間のお試しがあります)

 

サモアとの対戦成績|ラグビーW杯2015

エディー・ジョーンズ(Eddie Jones)日本代表ヘッドコーチ(監督)就任後のサモア代表との対戦成績

(契約期間は2012年4月から2015年ワールドカップ終了後の12月31日)

エディー・ジョーンズ監督就任後、2試合し1勝1敗

比較のため、前ラグビー日本代表ヘッドコーチ(監督)ジョン・カーワン 氏の時の試合結果も一部掲載しました。

リポビタンDチャレンジカップ2014

2014/05/30(金)19:00

日本代表33対14サモア代表

試合会場:日本 秩父宮

詳細日本代表
得点33
トライ(5点)藤田慶和(2)松島幸太朗
コンバージョン(2点)五郎丸歩(3)
ペナルティー(3点)五郎丸歩(4)
ドロップゴール(3点)

IRBパシフィック・ネーションズカップ2012

2012/06/17(日)14:00

日本代表26対27サモア代表

試合会場:日本 秩父宮

詳細日本代表
得点26
トライ(5点)ヘンドリック・ツイ菊谷崇(2)廣瀬俊朗
コンバージョン(2点)
ペナルティー(3点)五郎丸歩(2)
ドロップゴール(3点)

IRBパシフィック・ネーションズカップ2011

前ラグビー日本代表ヘッドコーチ(監督)ジョン・カーワン 氏の時の試合結果

2011/07/02(土)18:10

日本代表15対34サモア代表

試合会場:秩父宮

詳細日本代表
得点15
トライ(5点)ホラニ龍コリニアシ宇薄岳央
コンバージョン(2点)ウェブ将武
ペナルティー(3点)ウェブ将武
ドロップゴール(3点)

2015年9月22日現在のランキングではサモアが10位・日本代表が11位となっています。

現在のラグビー日本代表は過去の成績では測れない実力を秘めています。

エディー・ジョーンズ就任後に飛躍的に活躍を見せている。

五郎丸歩選手ですが、僅差での戦いの場合、ペナルティーゴールやトライ後のコンバージョンゴールの成功率が大きなカギとなってくることは間違いありません。

ラグビーワールド開催前にも、エディー・ジョーンズ監督はキックについて、重要になると触れています。

予選通過をするにあたり、五郎丸歩選手のプレッシャーはますます強くなってくると思われます。

関連記事

ラグビーワールドカップ2015試合結果速報!日本代表vsサモア 第3戦目

五郎丸歩 選手が見せるキック前のポーズがラグビーワールドカップ勝利の鍵となる!

ラグビー日本代表 ワールドカップ2015の試合日程と放送時間

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら