世界卓球2016女子・準決勝の試合結果速報とテレビ放送

世界卓球2016,伊藤美誠,石川佳純,福原愛

世界卓球2016女子団体で日本チーム(福原愛・石川佳純・伊藤美誠)が準決勝進出となりました。

準決勝の試合予定日やテレビ中継情報をはじめ、決勝トーナメント表などをまとめてお知らせいたします。

また、試合当日は速報にてスコア情報を更新いたします。

世界卓球2016女子団体:大会概要

  • 開催国:マレーシア
  • 時差:日本が1時間進んでいます。
    (現地、よる20:00→日本・よる21:00)
  • 3位決定戦はなく、準々決勝勝利でメダル獲得
  • 準決勝→3月4日(金)
    決勝→3月6日(日)15:30※日本時間

準決勝の試合日(開始時刻)|世界卓球2016女子団体

準決勝の大会スケジュール(試合開始時刻)は下記の通りとなっております。

  • 3月4日(金)よる20:30
    日本時間にて表記

日本VS北朝鮮の対戦表と結果一覧

準決勝の対戦チームは、北朝鮮となりました。

※17:25シンガポールVS北朝鮮は、最後までもつれましたが2-3で北朝鮮が勝利しました。

日本はグループリーグで北朝鮮と対戦し3-0で勝っています。

この準決勝を勝利すると、中国or台湾の勝ち上がりチームとなります。

●対戦相手は下記の通りにきまりました。

チームオーダーも非常に重要な要素となります。

  • 伊藤美誠[12]
  • 石川佳純[5]
  • 福原愛[4]
 総合結果
日本代表[2]3
北朝鮮[11]1

※女子団体日本チームが3-1で勝利し決勝進出となりました!

詳しい試合日時や放送予定については下記サイトをご覧ください。

決勝戦の対戦相手は(中国or台湾)となります。

世界卓球2016女子・決勝戦の試合結果速報とテレビ放送

第1試合
伊藤美誠[12]467
キム・ソンイ[89]111111
第2試合
石川佳純[5]111111
リ・ミョンスン[37]685
第3試合
福原愛[4]1111211
リ・ミギョン[70]56116
第4試合
伊藤美誠[12]411181111
リ・ミョンスン[37]1182077

※女子団体日本チームが3-1で勝利し決勝進出となりました!

詳しい試合日時や放送予定については下記サイトをご覧ください。

決勝戦の対戦相手は(中国or台湾)となります。

世界卓球2016女子・決勝戦の試合結果速報とテレビ放送

第5試合
石川佳純[5]
キム・ソンイ[89]

放送スケジュールとテレビ放送

世界卓球2016のテレビ放送は次の通りです。

  • 地上波:テレビ東京系列
    生中継を中心に放送
  • BS:BSジャパン
    決勝トーナメントはハイライトを予定

NHk(総合・BS)での放送はありません。

準決勝の放送時間
  • テレビ東京
    2016年3月4日(金)よる20:00~
    (最大延長25:24まで)

 決勝トーナメント表|世界卓球2016

f:id:h-koike027:20160304203919p:plain

引用:ITTF

準々決勝を3-0のストレートで勝利した日本チームですが、グループリーグを4勝1敗と、その1敗も準々決勝で対戦したドイツチーム因縁の対決となりました。

ここまで落とした試合は、福原愛が2敗・石川佳純が1敗・伊藤美誠は0敗となっています。

この団体戦は、相手選手が何試合目に出てくるかお互い読みあい、誰にどの選手をぶつけるかが重要になっているようです。

NHKの特集で石川佳純選手が強い選手になればなるほど、心理戦や読みが重要になってくると語っていたのが印象的です。

日本チームは、どの選手もエースとなりうるメンバーだけに、準決勝が楽しみです。

※女子団体日本チームが3-1で勝利し決勝進出となりました!

詳しい試合日時や放送予定については下記サイトをご覧ください。

世界卓球2016女子・決勝戦の試合結果速報とテレビ放送

※世界卓球2016男子団体日本チームが決勝進出となりました。

決勝戦は日本VS中国となります。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

→世界卓球2016男子・決勝の試合結果速報・テレビ放送

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら