【全英オープンゴルフ2022】中継(テレビ放送/地上波・ネット配信)、賞金分配、日程|松山英樹/桂川有人 スタート時間

全英オープンゴルフ,松山英樹

全英オープンゴルフ2022|放送予定(テレビ地上波・ネット配信)、賞金分配、日程第150回 全英オープン ゴルフ 2022 の放送情報(テレビ・ネット配信)など生中継情報・賞金配分(賞金額)・大会日程・出場選手を掲載

男子の全英オープンはゴルフの聖地セント・アンドリュース オールドコースで、現地 2022.07.14- 2022.07.17の日程で行われます。

日本選手の出場は、松山英樹、 中島 啓太、金谷 拓実、桂川 有人、今平 周吾、比嘉 一貴

女子のメジャー大会、全英女子オープン ゴルフ 2022現地 2022年8月4日(木)~8月7日(日)で開催詳しくは下記をご覧下さい。
⇒2022 全英女子オープンゴルフ・テレビ放送/ネット配信

松山英樹・スタート時間/スコア/順位|全英オープンゴルフ

■スタート時間
※セント・アンドリュース オールドコースとの時差8時間日本が進んでいます

#Tee TimesPLAYER
Final▶日本時間7/17(日)15:40
現地時間7/17(日)7:40
Hideki Matsuyama
David LAW

⇒全英オープンゴルフの放送予定に移動

TOR1R2R3R4
T68
-2
71727667

桂川有人・スタート時間/スコア/順位

#Tee TimesPLAYER
Final▶日本時間7/16(土)17:05
現地時間7/17(日)9:05
Yuto KATSURAGAWA
LarsVAN MEIJEL

⇒全英オープンゴルフの放送予定に移動

TOR1R2R3R4
T47
-2
71687569

全英オープンゴルフ2022-大会概要

大会名The Open Championship
日本での名称全英オープンゴルフ
開催期間
現地日程
時差日本が8時間進んでいます
開催地スコットランド
コース
レイアウト
セント・アンドリュース オールドコース
ヤード/パー7,313ヤード/パー72
テレビ中継生中継・録画(TV)
・テレビ朝日系列
・ゴルフネットワーク
テレビ中継番組表
ネット配信LIVE配信
・ABEMA
・テレ朝動画
・ゴルフネットワーク+
※共に見逃し配信あり
ネット配信番組表

全英オープンゴルフ2022のテレビ放送・ネット配信情報

中継先テレビネット放送時間
ゴルフ
ネットワーク
生中継LIVE
見逃
1日目|(LIVE)
7月14日(木)
14:30~翌4:00
2日目|(LIVE)
7月15日(金)
14:30~翌4:00
3日目|(LIVE)
7月16日(土)
18:00~翌4:00
最終日|(LIVE)
7月17日(日)
17:00~翌3:00
DAZN予定なし
ABEMALIVE
見逃
1日目|(LIVE)
7月14日(木)
19:00~翌6:00
2日目|(LIVE)
7月15日(金)
19:00~翌6:00
3日目|(LIVE)
7月16日(土)
19:00~翌6:00
最終日|(LIVE)
7月17日(日)
19:00~翌6:00
テレビ朝日系列生中継1日目|LIVE
7月14日(木)
23:21~翌4:00
(最大延長5:00)
2日目|LIVE
7月15日(金)
23:15~翌3:55
(最大延長4:50)
3日目|LIVE
7月16日(土)
23:00~翌4:00
(最大延長5:00)
最終日|LIVE
7月17日(日)
21:55~翌3:00
最大延長4:55
※一部地域除く
テレ朝動画LIVE1日目|(LIVE)
7月14日(木)
18:00~24:00
2日目|(LIVE)
7月15日(金)
17:50~23:50
3日目|
7月16日(土)未定
18:15配信開始
最終日|
7月17日(日)未定
15:15配信開始
NHK総合
NHKBS1

全英オープン 2022のテレビ放送情報

2021年は新型コロナウイルスの影響でテレビ朝日とUSGAとの契約がまとまらず、全米オープンゴルフ2022の放送も地上波からの中継が消滅、全英オープンゴルフは無事、2022年もテレビ朝日系列での放送となりました。

ゴルフネットワーク視聴方法

スカパー! 、スカパー! プレミアムサービス、ケーブルテレビ、光回線で見る方法があります。

解説|内藤雄士・進藤大典・佐藤信人
ゲスト|倉本昌弘

視聴に関してはホームページからご覧下さい。
ゴルフネットワーク公式ページ←

NHK 総合、NHK BS1

NHKで全英オープンゴルフの放送はありません。

テレビ朝日系列

今年も全英オープンを生中継

ラウンド解説|青木 功プロ、今田竜二プロ
解説|丸山茂樹プロ
ゴルフキャスター|戸張 捷
実況|森下桂吉

全英オープンゴルフ 2022のネット配信サービス

近年、各スポーツ中継はネット配信サービスの流れが強く、全英オープンゴルフもネット配信の放送が多く始まっています。

ABEMAでの視聴について

ABEMAは全米オープンゴルフに続いて、全英オープンゴルフも全日程を配信、料金や視聴に関しては下記の公式AbemaTVホームページからご覧下さい。

AbemaTV公式ページ←

ゴルフネットワーク+視聴方法

テレビのスカパー!ゴルフネットワーク契約でネット配信サービスのゴルフネットワーク+も視聴可能

テレビが無い方は単体でネット配信サービスのゴルフネットワーク+のみも加入可能

ネット配信の為、スマホ・タブレット・PCなどからご覧いただけます。

視聴に関してはゴルフネットワークホームページでご確認下さい。

ゴルフネットワーク+公式ページ←

テレ朝動画 視聴方法

テレビ朝日系の選りすぐりの番組をPC・スマートフォンなどの環境でご視聴いただけます。

テレ朝動画には無料のテレ朝キャッチアップ、個別課金の有料動画、月額見放題パックの3つのサービスがあります。

全英オープンゴルフは個別課金、公式サイトによると下記の通りとなっています。

  • 第150回全英オープンゴルフ第1日800円(税込)
  • 第150回全英オープンゴルフ第2日800円(税込)
  • 第150回全英オープンゴルフ第3日800円(税込)
  • 第150回全英オープンゴルフ最終日800円(税込)
  • 第150回全英オープンゴルフ4日間セット券2,000円(税込)
  • 第150回全英オープンゴルフ&第46回全英女子オープンゴルフ8日間セット券3,500円(税込)

視聴に関してはテレ朝動画でご確認下さい。

テレ朝動画公式ページ←

DAZNでの視聴について

全米オープンゴルフの中継はありましたが、全英オープンゴルフの配信はありません。

プロ野球・サッカー・F1 ・テニス、ゴルフなど、ライブ&見逃し配信が視聴可能

視聴に関しては下記の公式DAZNホームページからご覧下さい。
DAZN(ダゾーン)公式ページ←

全英オープン・ゴルフ選手権 2022-コースについて

  • 開催地:セント・アンドルーズ スコットランド

1552年に作られ世界で最も古いコース

セント・アンドリュース オールドコースで毎年開催される訳ではなく、現在は以下のコースの持ち回りで大会が行われています。

  • ⇒第150回セント・アンドリュース オールドコース(オールドコース)
  • 第151回ロイヤル・リヴァプール・ゴルフクラブ
  • 第152回ロイヤル・トルーン・ゴルフ・クラブ
  • 第153回ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフ・クラブ
  • カーヌスティー・ゴルフリンクス(チャンピオンシップコース)
  • ロイヤル・バークデール・ゴルフクラブ
  • ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフクラブ
  • ロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブ

セント・アンドリュース オールドコース

HoleヤードPar
13754
24524
33984
44804
55705
64144
73714
81873
93524
103864
111743
123514
134654
146145
154554
164184
174954
183564
IN3,71436
Total7,31372

全英オープン・ゴルフ 2022-大会スケジュール

■全英オープン・ゴルフ会場との時差は、日本の方が8時間進んでいます。

日程現地時間日本時間
7月14日(木)6:3514:35
7月15日(金)6:3514:35
7月16日(土)
7月17日(日)

全英オープンゴルフ2022 の賞金配分

全英オープンの優勝賞金¥342,500,000、総額は約19億円

PO.賞金日本円
1$2,500,000¥342,500,000
2$1,455,000¥199,335,000
3$933,000¥127,821,000
4$725,000¥99,325,000
5$583,000¥79,871,000
6$505,000¥69,185,000
7$434,000¥59,458,000
8$366,000¥50,142,000
9$321,000¥43,977,000
10$290,000¥39,730,000
11$264,000¥36,168,000
12$234,000¥32,058,000
13$220,000¥30,140,000
14$206,000¥28,222,000
15$191,500¥26,235,500
16$176,000¥24,112,000
17$167,500¥22,947,500
18$159,750¥21,885,750
19$153,000¥20,961,000
20$145,750¥19,967,750
21$139,000¥19,043,000
22$132,000¥18,084,000
23$125,000¥17,125,000
24$118,000¥16,166,000
25$114,000¥15,618,000
26$109,000¥14,933,000
27$105,000¥14,385,000
28$101,500¥13,905,500
29$97,000¥13,289,000
30$92,000¥12,604,000
31$89,000¥12,193,000
32$84,500¥11,576,500
33$81,500¥11,165,500
34$79,250¥10,857,250
35$76,500¥10,480,500
36$73,500¥10,069,500
37$70,000¥9,590,000
38$66,500¥9,110,500
39$64,000¥8,768,000
40$62,000¥8,494,000
41$59,500¥8,151,500
42$56,500¥7,740,500
43$54,000¥7,398,000
44$51,000¥6,987,000
45$48,000¥6,576,000
46$45,500¥6,233,500
47$43,700¥5,986,900
48$42,000¥5,754,000
49$40,000¥5,480,000
50$39,100¥5,356,700
51$38,200¥5,233,400
52$37,600¥5,151,200
53$37,000¥5,069,000
54$36,500¥5,000,500
55$35,900¥4,918,300
56$35,400¥4,849,800
57$35,000¥4,795,000
58$34,750¥4,760,750
59$34,500¥4,726,500
60$34,250¥4,692,250
61$34,000¥4,658,000
62$33,900¥4,644,300
63$33,750¥4,623,750
64$33,600¥4,603,200
65$33,400¥4,575,800
66$33,100¥4,534,700
67$32,900¥4,507,300
68$32,600¥4,466,200
69$32,400¥4,438,800
70$32,200¥4,411,400

全英オープン・ゴルフ2022の出場選手

※位=ワールドゴルフランキング
(-)はランク無選手

選手名※Rank
Aaron Jarvis1806
Aaron Wise44
Abraham Ancer21
Adam Scott46
Adri Arnaus61
Adrian Meronk65
Aldrich Potgieter1806
Alex Wrigley
Alexander Bjork161
Anthony Quayle224
Ashley Chesters523
Barclay Brown
Ben Campbell428
Ben Curtis
Bernd Wiesberger108
Billy Horschel15
Brad Kennedy135
Brandon Wu216
Brooks Koepka20
Bryson DeChambeau33
Cameron Smith6
Cameron Tringale49
Cameron Young32
Chan Kim117
Chris Kirk58
Christiaan Bezuidenhout57
Collin Morikawa8
Corey Conners29
Danny Willett153
Darren Clarke1806
David Carey912
David Duval1806
David Law351
Dean Burmester82
Dimi Papadatos365
Dustin Johnson18
Dylan Frittelli152
Emiliano Grillo128
Erik Van Rooyen89
Ernie Els1806
Fabrizio Zanotti226
Filippo Celli1806
Francesco Molinari183
Garrick Higgo132
Gary Woodland90
Guido Migliozzi156
Hao-Tong Li139
Harold Varner III38
Harris English30
Henrik Stenson165
Hideki Matsuyama14
Ian Poulter104
J.T. Poston60
Jack Floydd
Jamie Rutherford520
Jason Kokrak36
Jason Scrivener178
Jediah Morgan269
Jimmy Walker405
Joaquin Niemann16
John Catlin193
John Daly1806
John Parry581
Jon Rahm3
Joohyung Kim39
Jordan L. Smith115
Jordan Spieth12
Jorge Fernandez-Valdes550
Justin De Los Santos497
Justin Harding118
Justin Leonard1806
Justin Rose50
Justin Thomas7
Kazuki Higa75
Keegan Bradley43
Keita Nakajima275
Keith Mitchell53
Kevin Kisner25
Kevin Na31
Kurt Kitayama62
Kyoung-Hoon Lee42
Lars Van Meijel579
Laurie Canter134
Lee Westwood94
Louis Oosthuizen24
Lucas Herbert51
Mackenzie Hughes71
Marc Leishman56
Marco Penge476
Marcus Armitage207
Mark Calcavecchia
Matt Fitzpatrick10
Matt Ford1105
Matthew Griffin742
Matthew Jordan300
Max Homa19
Min Woo Lee74
Mingyu Cho337
Minkyu Kim229
Mito Pereira47
Nicolai Hojgaard112
Oliver Farr785
Pablo Larrazabal73
Padraig Harrington202
Patrick Cantlay4
Patrick Reed41
Paul Casey28
Paul Lawrie1806
Phil Mickelson92
Richard Bland79
Richard Mansell297
Robert Dinwiddie1779
Robert Macintyre105
Ronan Mullarney1806
Rory McIlroy2
Russell Henley55
Ryan Fox48
Sadom Kaewkanjana124
Sahith Theegala63
Sam Bairstow1806
Sam Burns11
Sam Horsfield87
Scott Vincent95
Scottie Scheffler1
Seamus Power37
Sergio Garcia68
Shane Lowry22
Shaun Norris85
Shugo Imahira88
Sihwan Kim150
Stephen Dodd1806
Stewart Cink93
Sungjae Im23
Takumi Kanaya97
Talor Gooch40
Thomas Detry151
Thomas Pieters34
Thriston Lawrence131
Tiger Woods994
Todd Hamilton
Tom Hoge45
Tommy Fleetwood35
Tony Finau17
Trey Mullinax190
Tyrrell Hatton27
Victor Perez107
Viktor Hovland9
Webb Simpson67
Will Zalatoris13
Wyndham Clark218
Xander Schauffele5
Yuto Katsuragawa126
Zach Johnson283
Zander Lombard373

(a)はアマチュア選手

全英オープン・ゴルフ 2022のチケット・ツアー情報

一般発売のチケット情報→https://www.theopen.com/tickets-and-hospitality/tickets

コロナ以前は各旅行会社で観戦パッケージとして発売されていました。

全英オープン・ゴルフのSNS(Twitter・facebook)情報

全英オープン・ゴルフより発信されるTwitter・facebook・InstagramなどSNSで発信される、最新情報をできる限り掲載

https://twitter.com/TheOpen/status/1546811614485270530

出典元一覧

全英オープンゴルフ公式ページ
→https://www.theopen.com/

公式情報を元に作成しています。
内容や記載についてのご不明点・ご意見は→お問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら