宇野昌磨がGPシリーズのカナダ大会 優勝!ただ一人300点台

宇野昌磨

宇野昌磨がフィギュアスケート・カナダ大会(GPシリーズ第2戦)優勝!

男子フリーは日本時間10/29(日) 7:50~9:45より行われ、今季2戦目となるグランプリシリーズで、ここまでただ一人の300点台を叩き出し2位アメリカのJason BROWN(261.14)を大きく引き離す、301.10で優勝を飾りました。

日本からは宇野昌磨 選手と無良 崇人 選手が出場、無良 選手は得点が伸び悩み186.66の12位となっています。

宇野昌磨カナダ大会日本の名古屋で開催されるグランプリファイナルへの出場と2018年に行われる平昌冬季五輪への出場が一歩近づいた大会となりました。300点台と高得点ですが宇野 選手の自己ベストは319.84とシーズン後半に向けて更なる期待が高まります。ちなみに下記にが宇野昌磨の自己ベストとなります。

宇野昌磨のロンバルディア杯2017
(トータル319.84・フリー214.97 ・ショート104.87 )
 フィギュアスケート・カナダ大会2017のSP・フリーの詳細は下記よりご覧いただけます。
https://www.sportzorg24.tv/entry/unoshoma-canada2017/
The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら