【大坂なおみvs A.アニシモバ 1回戦 全仏オープン2022 速報】放送予定(テレビ・ネット)、試合日時、ライブ結果、女子ドロー

全仏オープン テニス,大坂なおみ

大坂なおみvs A.アニシモバ 1回戦 全仏オープン2022 、放送予定(テレビ・ネット)、試合日時、ライブ結果

大坂なおみ[38位]出場の2022全仏オープンテニス・1回戦の試合予定(開始時刻)/中継情報(テレビ放送・ネット配信)/ライブスコア・女子シングルスドロー(トーナメント表)など、いつ頃始まり、どこで放映(視聴)できるのか?など速報にて更新中

大会概要を始め、全体日程・試合会場・獲得ポイントなどはコチラを下記をクリックしご覧下さい。
2022 全仏オープン・テニス大会情報詳細

【大坂なおみvs A.アニシモバ】1回戦の試合予定(開始時刻) 2022 全仏オープン・テニス

■フランスとの時差
⏲日本が7時間進んでいます。
ナイトセッションの場合、日本では日を跨ぐため日付が変わります。

時差※試合日予想時刻
日本時間5/23(月)
18:00
現地時間5/23(月)11:00

■全仏オープン・テニスの試合時刻について
※SUZANNE-LENGLENの第1試合
※SUZANNE-LENGLENコートは屋外
※試合当日の天候が不安定な為、天候の影響を受け開始時刻が遅れる場合がありますのでご注意下さい。

試合開始前情報

ぐぐスポ!では掲載している試合予定時刻の15分~30分前を目安に、いつ頃始まりそうなのかなど状況を『このコーナー』でお知らせをしています。時折サイトをご覧頂けると情報が分かると思います。

#対戦カード進行状況
1試合目N.Osaka vs A.Anisimova現時点での天候は曇り、予定通りの時刻で始まる模様
18:00両選手が入場

試合速報/結果
▶放送予定(ネット配信)のライブ情報

現地日時天気予報気温
5/23(月)曇り
時間帯により雨
降水確率(80%前後)
19℃/10℃

【大坂なおみvs A.アニシモバ】1回戦のライブスコア/結果速報

▶対戦成績とプロフィールなど

スコア更新
大坂なおみ(38位)54
A.アニシモバ(28位)76

18:10大坂なおみ のサーブで開始
・1ゲーム・大坂が30-40の場面でダブルフォルト、アニシモバが先にブレイク
・2ゲーム・大坂がすぐにブレイクバック
・3ゲーム・安定感に欠ける大坂、アニシモバが再びブレイク
・6ゲーム・大坂がブレイクバック
・11ゲーム・大坂のサービスゲーム15-40から、デュースまで粘る大坂でしたが、ダブルフォルトでアニシモバがブレイク
46分
大坂1stサーブ19/41(46%)・ダブルフォルト4本とサーブの安定感に欠ける状況、サーブが戻ってくればリズムも戻ってくるのかもしれません。

18:59大坂のサーブから
・7ゲーム、大坂のサービスゲーム、このゲームもダブルフォルトでピンチとなり、アニシモバが先にブレイク、痛めたアキレス腱を気にする大坂
・大坂選手は終始サーブが上がらないまま、クレーで思った結果を残すことなく敗れて今いました。
1h30

大坂選手の全仏オープンは初戦敗退…次戦は芝(グラスコート)シーズンへ、ウィンブルドン選手権(グランドスラム)に向け大会が続きます。
ウィンブルドン前に芝の大会に出ると思われますが、現時点での情報は入っていません。次大会の情報が入り次第、下記特集サイトにてお知らせしています。

大坂なおみvs A.アニシモバとの対戦成績、プロフィール

A.アニシモバは第27シードで出場

今年の全豪オープン3回戦で対戦し、6-4 3-6 6-7 と大坂選手が第1セットを先取するも逆転で敗れた相手、クレーが得意な選手、初戦から強豪相手となりました。


 

画像

大坂なおみ
38位
選手Amanda Anisimova
アマンダ・アニシモバ
28位
0勝対戦1勝
24
1997年10月16日
年齢20
2019年10月21日
大阪、日本国籍アメリカ
180㎝身長180㎝
右利き利手右利き
7勝勝利2勝
1位
(2019年1月28日)
最高21位
(2019年10月21日)

アマンダ・アニシモバ選手はメルボルンサマーセット2(WTA250)で2勝目を達成、大坂なおみ選手はメルボルンサマーセット1(WTA500)

2019年の全仏オープンではシモナハレプ・Aサバレンカなどトップ選手を破り、セミファイナルまで進出しています。

全仏オープン・テニス2022 女子シングルス1回戦のテレビ/ネット配信 番組表

WOWOWはテレビ・ネットを駆使し全コート・全試合を生中継

中継先放送日放送時間中継情報
WOWOW5/22(日)
5/23(月)
5/24(火)
17:45~
17:50~
17:50~
テレビ中継
ネット配信
テレビ東京系列5/22(日)
5/23(月)
5/24(火)
予定無
NHK(地上波・BS)予定無

・ネット配信は加入者限定のWOWOWオンデマンドでライブ配信が決定、利用方法はWOWOW公式サイトでご確認ください。また、公式情報によると初月は料金なしでネットからの加入だと約15分程度で視聴が出来るとの事。

WOWOW公式ページ←

全仏オープン・テニス2022 のテレビ放送予定と視聴方法

中継先テレビ情報
WOWOW生中継
テレビ東京系列予定無
NHK(地上波・BS)予定無
民放各局

(ー)表示は放送予定がありません

TV番組表・配信スケジュールは下記をご覧下さい。
テレビ/ネット配信 番組表

WOWOWのテレビ放送について

テレビ放送を契約で、ネット配信サービスのWOWOWオンデマンドも利用可能
※テレビが無い方は、スマホ・タブレット・PCがあれば、WOWOWオンデマンド(ネット配信)のみの契約も可能

下記はテレビでの視聴する場合

  1. BS放送の視聴が可能(YES or NO)
  2. YESで視聴可能の場合 BSカードの番号を確認

■リモコン操作でのカード番号を確認し利用する方法

  1. チャンネルをNHKのBSデジタル放送BS1(101チャンネル)に合わせ、リモコンの青ボタンを5秒以上押し続けてください。
  2. 表示される20桁の数字の先頭の4桁がカード番号となりますので、メモなので控えてください。
  3. 下記のWOWOWホームページをスマホ・PCからクリックし、指示通りに手続することで約10分程度で視聴が可能となります。

詳しくは下記WOWOWホームページよりご確認下さい。

WOWOW公式ページ←

テレビ東京系列

2018、2019、2020とテレビ東京系で地上波独占放送されています。

2022年は未定ですが、放送となった場合、大坂なおみなど日本選手の試合を中心に『生中継・時差放送・ダイジェスト』が予想されます。

NHK総合・NHK BS1

NHK総合・NHKBS1のグランドスラム中継は、全豪オープンとウィンブルドンのみ
全仏オープンと全米オープンは放送権の都合で放送はありません。

その他、地上波、BS放送について

民放キー局の地上波(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・フジテレビ)
BS放送(BS日テレ・BS朝日・BS TBS・BSフジ)での放送はありません。

全仏オープン・テニス2022のネット配信サービスと利用方法

全仏オープンテニス 2022のインターネット配信は下記の通りです。
詳しい解説は引き続きご覧下さい。

配信先配信情報
WOWOW
オンデマンド
ライブ配信
DAZN(ダゾーン)視聴方法予定なし
Tver未定

TV番組表・配信スケジュールは下記をご覧下さい。

テレビ/ネット配信 番組表

WOWOWオンデマンドのネット配信について

テレビで放送されない試合は、スマホ・タブレット・PC・対応TVで視聴可能、練習の模様など中継されています。

WOWOW加入後、オンデマンドに登録すると使用できるネット配信サービス、インターネットに接続できる環境があれば、WOWOWオンデマンドHP又はアプリにアクセスし、スマホ・PC・タブレットからLIVE視聴・見逃し配信など、テニスだけではなく映画・音楽なども利用できます。

利用方法などに関してはWOWOWのホームページよりご覧下さい。
WOWOW公式ページ←

ネット配信サービスをテレビで見るには?

WOWOW、DAZN、Hulu、Apple TV+、ABEMAを始めPrime Video、YouTube、Netflix、Disney+、など、Amazon Fire TV シリーズの機器を、現在使用中のテレビに接続することで大谷選手出場のMLBも視聴可能となります。詳しい利用方法や機器の説明は下記公式ページよりご確認下さい。

Fire TV公式ページ←

全仏オープン・テニス・女子シングルスドロー

トップハーフ
上段・土居美咲

2022全仏オープンテニス女子ドロートップハーフ

ボトムハーフ
・大坂なおみ

2022全仏オープンテニス女子ドローボトムハーフ

全仏オープンテニス出場情報


#選手名年齢
1イガ・シフィオンテク20POL
2バーボラ・クレイチコバ26CZE
3マリア・サカーリ26GRE
4パウラ・バドーサ24ESP
5アネット・コンタベイト26EST
6オンス・ジャバー27TUN
7アーニャ・サバレンカ24BLR
8カロリーナ・プリスコバ30CZE
9ダニエル・コリンズ28USA
10ガルビネ・ムグルッサ28ESP
11ジェシカ・ペグラ28USA
12エマ・ラドゥカーヌ19GBR
13エレナ・オスタペンコ24LAT
14ベリンダ・ベンチッチ25SUI
15ビクトリア・アザレンカ32BLR
16エレナ・リバキナ22KAZ
17レイラ・フェルナンデス19CAN
18シモナ・ハレプ30ROU
19ダリア・カサキナ25RUS
20アンジェリック・ケルバー34GER
22マディソン・キーズ27USA
23コリ・ガウフ18USA
24ジル・タイヒマン24SUI
25タマラ・ジダンセク24SLO
26ソラナ・シルステア32ROU
27リュドミラ・サムソノワ23RUS
28アマンダ・アニシモワ20USA
29ベロニカ・クデルメトバ25RUS
30カミラ・ジョルジ30ITA
31エカテリーナ・アレクサンドロワ27RUS
32エリース・メルテンス26BEL
34ペトラ・クビトバ32CZE
36アンヘリーナ・カリニーナ25UKR
37ユリア・プティンセバ27KAZ
38大坂なおみ24JPN
39サラ・ソリベス・トルモ25ESP
40アリゼ・コルネ32FRA
41ジャン・シューアイ33CHN
42アイラ・トムヤノビッチ29AUS
43アリソン・リスク31USA
44クララ・タウソン19DEN
45カイア・カネピ36EST
46アリャクサンドラ・サスノビッチ28BLR
47ヌリア・パリサス・ディアス30ESP
48ベアトリス・アダッド・マイア25BRA
49マイアー・シェリフ26EGY
50シェルビー・ロジャーズ29USA
51エレーナ・ガブリエラ・ルース24ROU
52マグダ・リネッテ30POL
53ビクトリヤ・ゴルビッチ29SUI
54テレザ・マーチンコワ27CZE
55ジャスミン・パオリーニ26ITA
56カテリーナ・シニアコバ26CZE
57マディソン・ブレングル32USA
58マルタ・コスチュク19UKR
59アリソン・バン ウィトバンク28BEL
60マリナ・ザネフスカ28BEL
61イリナ・カメリア・ベグ31ROU
62スローン・スティーブンス29USA
63アンドレア・ペトコビッチ34GER
64カミラ・オソリオ20COL
65アンナ・ボンダル24HUN
66アン・リー21USA
67マリー・ブーズコバ23CZE
69バルバラ・グラチェバ21RUS
70(PR)ビアンカ・アンドレスク21CAN
71ツェン・シンウェン19CHN
72ペトラ・マルティッチ31CRO
73ワン・シンユー20CHN
74カーヤ・ユバン21SLO
75アランチャ・ラス31NED
76カロリーヌ・ガルシア28FRA
77ルシア・ブロンゼッティ23ITA
79カロリーナ・ムチョバ25CZE
80デヤナ・イエストレムスカ22UKR
81グリート・ミネン24BEL
82マルティナ・トレビサン28ITA
83アナ・コニュ24CRO
84アンナ・カリンスカヤ23RUS
85レベッカ・ピーターソン26SWE
86クリスティーナ・クコバ31SVK
87マグダレナ・フレッヒ24POL
88クレア・リュー21USA
89パンナ・アドゥヴァーディ23HUN
90オセアン・ドダン25FRA
91ローレン・デービス28USA
92アンナ・カロリーナ・シュミドローバ27SVK
93アナ・ボグダン29ROU
94クララ・ブレル21FRA
95ダンカ・コビニッチ27MNE
96ダルマ・ガルフィ23HUN
97ダイアン・パリー19FRA
98土居美咲31JPN
101クロエ・パケ27FRA
103ヘザー・ワトソン29GBR
105(PR)タチアナ・マリア34GER
106(WC)ハーモニー・タン24FRA
107クリスティーナ・ムラデノビッチ29FRA
109カミラ・ラヒモワ20RUS
111ハリエット・ダート25GBR
116ベルナルダ・ペラ27USA
124アストラ・シャルマ26AUS
127(WC)ダリア・サビル28AUS
129ワン・チャン30CHN
130(WC)フィオナ・フェロ25FRA
135(WC)ケイティ・ボリネッツ20USA
142(WC)テッサ・アンドリアンジャフィトリモ23FRA
213(WC)エルサ・ジャクモ19FRA
225(WC)レオリア・ジャンジャン26FRA
249(WC)キャロル・モネ20FRA
342(PR)テイラー・タウンゼント26USA

全仏オープンテニス以降の大坂なおみの試合スケジュール

試合日程出場Cat大会名
6/27(月)
7/10(日)
予定GSウィンブルドン

出典元一覧

→https://www.rolandgarros.com/
→https://www.atptour.com/
→https://www.wtatennis.com/

全仏オープンテニス公式SNS一覧

公式情報・公式SNSを元に作成、内容や記載についてのご不明点・ご意見は→お問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら