【錦織圭 vs N.ジョコビッチ】準々決勝・東京オリンピックの試合日程、放送予定(テレビ・ネット)、ライブ速報、男子シングルスドロー

ノバク・ジョコビッチ,東京オリンピック,錦織圭

東京オリンピック(東京五輪)男子シングルス準々決勝 錦織圭vs N.ジョコビッチ

東京オリンピックテニスの準々決勝に錦織圭[69位]が進出!

試合予定(開始時刻)・中継情報(テレビ放送・ネット配信)・ライブスコア・男子シングルスドローなど、試合がいつ頃始まり、どこで放映(視聴)できるのか?など速報にて更新

TOKYO2020最新情報

・テレビ中継・ネット配信情報を更新(14:52)

・準々決勝の試合スケジュールが決定(7/28 21:10頃)

・対戦相手は第1シードのN.ジョコビッチ1位(セルビア)に決定(7/28 17:55頃)

【錦織圭vs N.ジョコビッチ】男子シングルス準々決勝の試合予定(開始時刻) 2021 東京オリンピックテニス

Round試合日予想時刻
シングルス7/29(木)16:30前後
■東京オリンピックの試合時刻について
センターコートの第2試合に組まれました。
※暑さ対策で全コート15:00スタートに変更
※コート2の第2試合にマクラクラン勉/柴原瑛菜のMIXダブルス準々決勝も行われます。
16:45開始【マクラクラン勉/柴原瑛菜】MIXダブルス準々決勝
試合開始前情報
ぐぐスポ!では掲載している試合予定時刻の15分~30分前を目安に、いつ頃始まりそうなのかなど状況を『このコーナー』でお知らせをしています。時折サイトをご覧頂けると情報が分かると思います。
18:04両選手が入場

■東京の天気予報

東京オリンピックの試合会場となる有明テニスの森公園テニス施設のセンターコートは開閉式の為、天候の影響は少ないと思われます。屋外コートの場合試合進行の他、天候によっても開始時刻が大きく前後するケースがあります。

日程天気気温
7/29(木)晴れ所により曇り
にわか雨の可能性あり
降水確率30%~40%
32/25

【錦織圭vs N.ジョコビッチ】男子シングルス準々決勝の試合速報/結果|2021東京オリンピックテニス

詳しい情報→『対戦成績とプロフィールなど

スコア更新
錦織圭(69位)0
N.ジョコビッチ(1位)66

東京オリンピックは準々決勝敗退となりましたが、1回戦ではランキング7位のアンドレイ・ルブレフを破り、TOP10復帰への手ごたえを感じさせる大会となりました。

次戦は休むことなく、アメリカ(ワシントン)で現地2021/8/2(月)~8/8(日)の日程開催される、シティ・オープンへエントリーしています。現時点で確認できる大会情報を特設サイトに掲載していますのでご覧下さい。


18:12 ジョコビッチのサーブで開始
2ゲーム、
ジョコビッチが先にブレイク
8ゲーム、ジョコビッチがブレイクし第1セットを落とす錦織
0:40
セカンドサーブのポイント獲得3/11、アンフォーストエラー(ジョコビッチ7-9錦織)

18:55ジョコビッチのサーブから
1ゲーム、
ジョコビッチのサービスゲーム、30-40とチャンスをつくる錦織ですが、堅い守りに阻まれます
2ゲーム、
錦織のサービスゲーム、ジョコビッチがブレイク
2ゲーム、
錦織のサービスゲーム、厳しいコースで返すと、更に厳しいショットで守るジョコビッチ、錦織がダブルフォルトでジョコビッチが更にブレイク
1h10

準々決勝の対戦相手との成績、プロフィール情報

対戦相手の第1シード N.ジョコビッチ1位(セルビア)は3回戦で第16シードのA.ダビドビチフォキナ34位(スペイン)相手に6-3 6-1で勝ち上って来ています。

錦織圭vsノバク・ジョコビッチとの対戦成績、プロフィール情報


画像
錦織圭
69位
選手Novak Djokovic
1位
2勝対戦19勝
31(1989.12.29)年齢34 (1987.05.22)
日本 島根国籍セルビア
178㎝身長188㎝
右/両手利手右/両手
12勝勝利85勝
4位(2015.03.02)最高1位

直近の対戦は2019年の全豪オープン準々決勝で対戦、この試合は1-6 1-4 となった時点で錦織選手が右太腿の怪我で棄権しています。

錦織圭が勝利した試合
2011年のスイス・バーゼルで2-6 7-6 6-0
USオープン2014年の準決勝で6-4 1-6 7-6 6-3の2試合

過去のデータ上ですが、錦織がブレイクしたセットはジョコビッチが準備する時間を与えない早い展開時となっています。ネットプレーなど前に出るプレーが出来るかがブレイクするポイントとなるのかもしれません。

東京オリンピックテニス 男子シングルス準々決勝のテレビ放送予定一覧

東京オリンピックはNHKを中心に番組編成が行われています。

大坂戦・錦織戦共に試合当日に放送先が発表されています。情報が入り次第更新します。

また、錦織圭選手の試合(シングルス・ダブルス)は、NHK東京オリンピック特設サイト内、又は、民放各社で運営するgorin.jpでLIVE配信されています。

詳しくは→ネット配信先と配信時刻をご覧下さい。

テレビ局TV中継情報NET配信
NHK総合未定
NHK総合サブCh未定
NHK Eテレ未定
NHK Eテレサブch未定
NHK BS1生中継
録画
NHK BS1サブch生中継
NHK BS4K未定
NHK BS8K未定
NHK東京オリンピック
特設サイト
LIVE
gorin.jpLIVE

※総合(G)・Eテレのメイン放送を中心にNHKプラスで配信予定
※サブチャンネルの視聴方法はNHK公式ページをご確認ください
https://www.nhk.or.jp/info/digital/broadcast/multi.html

東京オリンピックテニス 準々決勝のテレビ番組表

18:20~NHKBS1はサブチャンネル(チャンネル番号102)に切り替わっています。

中継先放送日放送時間中継情報
NHK総合
NHK Eテレ
7/29(木)未定
NHK BS17/29(木)

16:00
~18:20
生中継
NHK BS1
サブch
18:20
生中継
NHK BS17/29(木)※録画
民放7/29(木)未定

WOWOWのテレビ放送について?

WOWOWでは東京オリンピックの放送はありません。

グランドスラムや男子(ATPツアー)は錦織圭や大坂なおみ出場の試合を始め、日本選手の試合やTOP選手の試合をテレビ中継

更に詳しい情報に関してはWOWOWの公式ホームページをご確認下さい。

WOWOW公式ページ←

NHKでの東京五輪テニス中継について


錦織圭や大坂なおみ選手など日本選手の活躍次第では放送されると思われます。

地上波・NHK G総合

大坂戦を中心に生中継の可能性あり、錦織戦は勝ち上がり状況や時間帯によって放送されるかもしれません。

地上波・NHK Eテレ

大坂戦を中心に生中継の可能性あり、錦織戦は勝ち上がり状況や時間帯によって放送されるかもしれません。

BS放送・NHK BS1

録画での放送予定

但し、大坂戦を中心に生中継の可能性あり、錦織戦は勝ち上がり状況や時間帯によって放送されるかもしれません。

BS放送・NHK BS4K

未定

BS放送・NHK BS8K

未定

その他、地上波・BS放送について

地上波(日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ・テレビ東京)を始め、BS放送(BS日テレ・BS朝日・BS-TBS・BSジャパン・BSフジ)、AbemaTV(アベマTV)で情報が入った場合は掲載いたします。

東京オリンピックテニス2021のネット配信サービス情報

ネット配信は各コートを第1試合から途切れることなくLIVE配信しています。各選手の試合開始に合わせご視聴下さい。

※gorin.jp・NHK=NHK東京オリンピック特集サイト共にLIVE配信先のURLが発表され次第更新

提供
court
時間配信先URL
gorin.jpcenter
錦織戦
14:55https://gorin.jp/live/
当日限り
NHK※15:00https://sports.nhk.or.jp/
見逃し可能
gorin.jpcourt2
マクラクラン
青山
MIXダブルス
14:55https://gorin.jp/live/
NHK※15:00https://sports.nhk.or.jp/

地上波のNHK 総合・NHK Eテレで放送される場合は、NHKネット配信サービス、NHKプラスで配信される場合があります。

NHK東京オリンピック特設サイト

大会期間中の各競技をライブ配信、放送予定や情報が確認できます。

NHK東京オリンピック特設サイト

NHKプラスについて

NHKプラスは総合・Eテレの番組を同時配信・見逃し配信するサービスです(配信しない番組もあります)

NHKプラス公式ページ←

gorin.jpについて

民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト、現時点での配信はありませんが情報が入り次第更新

TV番組表・配信スケジュールは下記をご覧下さい。
⇒放送予定 テレビ/ネット

東京オリンピック(男子)シングルスドロー 2021


東京五輪テニス男子シングルス準々決勝ドロー

本戦出場の日本選手

  • 錦織圭
  • ダニエル太郎
  • 錦織圭
  • 杉田祐一

出場選手とシード情報


名前生年月日
ROCアスラン・カラツェフ1993年9月4日24
ROCアンドレイ・ルブレフ1997年10月20日7
ROCカレン・ハチャノフ1996年5月21日25
ROCダニル・メドベージェフ1996年2月11日2
アメリカ合衆国テニース・サンドグレン1991年7月22日81
アメリカ合衆国トミー・ポール1997年5月17日54
アメリカ合衆国フランシス・ティアフォー1998年1月20日53
アメリカ合衆国マルコス・ギロン1993年7月24日64
アルゼンチンSCHWARTZMAN Diego1992年8月16日13
アルゼンチンファクンド・バグニス1990年2月27日80
アルゼンチンフェデリコ・コリア1992年3月9日62
アルゼンチンフランシスコ・セルンドロ1998年8月13日116
イタリアファビオ・フォニーニ1987年5月24日31
イタリアロレンツォ・ソネゴ1995年5月11日26
イタリアロレンツォ・ムゼッティ2002年3月3日61
インドNAGAL Sumit1997年8月16日160
ウズベキスタンデニス・イストミン1986年9月7日197
英国BROADY Liam1994年1月4日142
英国アンディ・マリー1987年5月15日104
エジプトモハメド・サフワト1990年9月19日171
オーストラリアジェームズ・ダックワース1992年1月21日77
オーストラリアジョン・ミルマン1989年6月14日44
カザフスタンアレクサンドル・ブブリク1997年6月17日40
カザフスタンミハイル・ククシキン1987年12月26日123
カナダフェリックス・オジェアリアシム2000年8月8日15
ギリシャステファノス・チチパス1998年8月12日4
クロアチアマリン・チリッチ1988年9月28日36
コロンビアダニエル・ガラン1996年6月18日113
ジョージアニコロズ・バシラシビリ1992年2月23日42
スペインCARBALLES BAENA Roberto1993年3月23日90
スペインアレハンドロ・ダビドビチフォキナ1999年6月5日35
スペインパブロ・アンドゥハル1986年1月23日65
スペインパブロ・カレニョブスタ1991年7月12日11
スロバキアKLEIN Lukas1998年3月22日246
スロバキアノルベルト・ゴムボシュ1990年8月13日98
セルビアノバク・ジョコビッチ1987年5月22日1
セルビアミオミル・ケツマノビッチ1999年8月31日50
大韓民国KWON Soonwoo1997年12月2日71
チェコ共和国トマーシュ・マハツ2000年10月13日145
チャイニーズ・タイペイLU Yen-Hsun1983年8月14日573
チリBARRIOS Tomas1997年12月10日195
ドイツアレクサンダー・ズベレフ1997年4月20日5
ドイツドミニク・ケプファー1994年4月29日57
ドイツフィリップ・コールシュライバー1983年10月16日112
ドイツヤンレナルト・シュトルフ1990年4月25日48
日本DANIEL Taro1993年1月27日110
日本NISHIKORI Kei1989年12月29日69
日本NISHIOKA Yoshihito1995年9月27日55
日本SUGITA Yuichi1988年9月18日114
ハンガリーマートン・フチョビッチ1992年2月8日38
ブラジルMENEZES Joao1996年12月17日541
ブラジルチアゴ・モンテイロ1994年5月31日95
フランスウーゴ・アンベール1998年6月26日28
フランスガエル・モンフィス1986年9月1日18
フランスジェレミ・シャルディ1987年2月12日68
フランスジル・シモン1984年12月27日102
ベラルーシイーゴリ・ゲラシモフ1992年11月11日79
ベラルーシイリア・イワシュカ1994年2月24日66
ペルーVARILLAS Juan Pablo1995年10月6日122
ポーランドカミル・マイクシャク1996年1月13日115
ポーランドフベルト・フルカチュ1997年2月11日12
ボリビアウーゴ・デリエン1993年6月16日139
ポルトガルジョアン・ソウザ1989年3月30日137
ポルトガルペドロ・ソウザ1988年5月27日120
組織的なドーピング問題でロシア選手団は、今夏の東京五輪と来年2月の北京冬季五輪に関して、ロシア選手としての出場はでない為、通常「RUS=ロシア」の略称ですが、違反歴や疑惑がない選手のみ個人資格として「ROC」と表記されます。

東京オリンピック(東京五輪)2021 女子ドロー トップハーフ

2021東京オリンピック(東京五輪)の試合日程

日時開始時刻ラウンド
7月24日(土)11:00 –
20:00
男子/女子 シングルス1回戦
男子/女子 ダブルス1回戦
7月25日(日)11:00 –
20:00
男子/女子 シングルス1回戦
男子/女子 ダブルス1回戦
7月26日(月)11:00 –
20:00
男子/女子 シングルス2回戦
男子/女子 ダブルス2回戦
7月27日(火)11:00 –
20:00
男子シングルス2回戦
女子シングルス3回戦
男子ダブルス準々決勝
女子ダブルス2回戦/準々決勝
7月28日(水)11:00 –
20:00
男子シングルス3回戦
女子シングルス準々決勝
女子ダブルス準々決勝
混合ダブルス1回戦
7月29日(木)11:00 –
20:00
男子シングルス準々決勝
女子シングルス準決勝
男子ダブルス準決勝
女子ダブルス準決勝
混合ダブルス準々決勝
7月30日(金)12:00 –
20:00
■有明テニスの森
(センターコート)
男子シングルス準決勝
男子ダブルス決勝戦
男子ダブルス表彰式
■有明テニスの森
(コート1)
男子ダブルス3位決定戦
混合ダブルス準決勝
7月31日(土)12:00 –
20:00
■有明テニスの森
(センターコート)
男子シングルス3位決定戦
女子シングルス3位決定戦
女子シングルス決勝戦
女子シングルス表彰式
■有明テニスの森
(コート1)
女子ダブルス3位決定戦
混合ダブルス3位決定戦
8月1日(日)12:00 –
20:00
男子シングルス決勝戦
男子シングルス表彰式
女子ダブルス決勝戦
女子ダブルス表彰式
混合ダブルス決勝戦
混合ダブルス表彰式

錦織圭の東京オリンピックここまでの試合結果

1回戦の結果
錦織圭(69位)66
アンドレイ・ルブレフ(7位)34

17:30錦織のサーブで開始
4ゲーム、
錦織が先にブレイク!
7ゲーム、
デュースに持ち込まれ粘る錦織ですが、守り切れずルブレフがブレイクバック
8ゲーム、30-40とチャンスを作り、サイドに追い出される展開からスーパーショットでブレイク成功!
錦織が第1セット先取
40分
40ふ

18:08ルブレフのサーブから
7ゲーム、
錦織がブレイク!
1h15
2回戦の結果
錦織圭(69位)36
マルコス・ギロン(64位)1

17:15ギロンのサーブで開始
3ゲーム、
錦織圭がブレイク!厳しいコースのサーブを返し、相手のコースを呼んだ鋭いショットを決めています。
6ゲーム、ギロンがブレイクバック、動きは軽やかですが僅かにコントロールできなかった錦織
タイブレーク
錦織 7-5 ギロン

タイブレークは両者ミニブレイクする接戦、最後のポイントはサイドに追い出されるも、フォアの鋭角なショットで決め第1セット先取!
59分

18:17錦織のサーブから
1ゲーム
、サーブが乱れた錦織、ギロンが先にブレイク
9ゲーム、ギロンがブレイクし、セットカウント1-1でファイナルセットへ
35分

・セット間でトイレットブレイク
18:55ギロンのサーブから
1ゲーム、
錦織がブレイク!リターンエースでブレイクポイントをつくり、次Pointギロンがネットにかけブレイクしています
5ゲーム、錦織がダブルブレイク!デュースからラリー戦をモノにしています。
7ゲーム、錦織が2度目のマッチポイントを獲り切り勝利!
2h18
3回戦の結果
錦織圭(69位)6
I.イヴァシュカ(66位)60

13:00錦織のサーブで開始
1ゲーム、
8分と長いゲームになりましたが、錦織がキープ
3ゲーム、イヴァシュカがブレイク
4ゲーム、錦織がブレイクバック、緩急をつけた攻撃
9ゲーム、イヴァシュカがブレイク、
10ゲーム、錦織がブレイクバック、大事な場面で落ち着いたプレーで対応する錦織
11ゲーム、イヴァシュカがブレイク、攻めてくるイヴァシュカ、ディフェンスしている錦織ですが、若干押し込まれる展開
12ゲーム、錦織がブレイクバック
タイブレーク
錦織9-7イヴァシュカ
先にミニブレイクされ追いかける錦織でしたが、勝負強さを見せ第1セット先取
1h22

14:30イヴァシュカのサーブから
1ゲーム、錦織が先にブレイク
3ゲーム、錦織が更にブレイク、勝負所で厳しいリターン、カモンの声も!
5ゲーム、錦織が3連測ブレイク!!
2h01

過去の五輪結果一覧

当時位結果
2016
リオ
6位3位
3位決定戦でナダルを破りメダル獲得
2012
ロンドン
18位準々決勝
2008
北京
124位1回戦

出典元一覧

→https://olympics.com/
→https://www.atptour.com/
→https://event.itftennis.com/olympics/
公式情報を元に作成しています。

内容や記載についてのご不明点・ご意見は→お問合せ先よりご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら