【錦織圭】 2022年 最新の試合予定とテレビ放送(ネット中継)

錦織圭

目次

錦織圭の2022年シーズンの試合予定と結果

試合
日程
出場Cat大会名
1/4(火)
1/9(日)
欠場ATP250メルボルン
1/10(月)
1/15(土)
欠場ATP250シドニーテニス
(オーストラリア/ハード)
1/17(月)
1/30(日)
欠場GS全豪オープンテニス
(メルボルン/ハード)
2/7(月)
2/13(日)
欠場ATP250ダラスオープン
(USAテキサス/ハード)
2/7(月)
2/13(日)
欠場ATP500ABNアムロ世界テニス
トーナメント

(オランダ/室内ハード)
2/14(月)
2/20(日)
欠場ATP250デルレイビーチオープン
(アメリカ/ハード)
3/10(木)
3/20(日)
欠場ATP1000BNPパリバ・オープン
(Indian Wells/ハード)
3/21(月)
4/3(日)
欠場ATP1000マイアミ・オープン
(マイアミ/ハード)
4/10(日)
4/17(日)
欠場ATP1000モンテカルロマスターズ
(モンテカルロ/クレー)
4/18(月)
4/24(日)
欠場ATP500バルセロナ・オープン
(スペイン/クレー)
5/1(日)
5/8(日)
欠場ATP1000マドリード・オープン
(スペイン/クレー)
5/8(日)
5/14(土)
欠場ATP1000BNLイタリア国際
(ローマ/クレー)
5/22(日)
6/5(日)
欠場GS全仏オープン
(ローランギャロス/クレー)
6/13(月)
6/19(日)
欠場ATP500ノベンティ・オープン
(ドイツハレ/Grass)
6/27(月)
7/10(日)
欠場GSウィンブルドン
(ロンドン/Grass)
7/16(土)
7/24(日)
ATP250スイスオープングスタード
7/18(月)
7/24(日)
ATP250プラバラグナ
クロアチアオープン
7/23(土)
7/30(土)
ATP250ジェネラリオープン
7/23(土)
7/31(日)
ATP250Truist Atlanta Open
8/1(月)
8/6(土)
ATP250ミッフェルオープン
8/1(月)
8/7(日)
ATP500シティ・オープン
(ワシントン/ハード)
8/8(月)
8/14(日)
ATP1000ロジャーズ・カップ
(カナダ バンクーバー/ハード)
8/13(土)
8/21(日)
ATP1000ウエスタン&サザン・OP
(シンシナティ/ハード)
8/20(土)
8/27(土)
ATP250ウィンストンセーラムオープン
8/29(月)
9/11(日)
GS全米オープン・テニス
(ニューヨーク/ハード)
9/19(月)
9/25(日)
ATP250アスタナオープン
9/19(月)
9/25(日)
ATP250モーゼル・オープン
(フランス/室内ハード)
9/23(金)
9/26(月)
Laver Cupレーバーカップロンドン
9/26(月)
10/2(日)
ATP250珠海選手権
9/26(月)
10/2(日)
ATP250ソフィアオープン
9/26(月)
10/2(日)
ATP250サンディエゴ・オープン
(アメリカ/ハード)
9/26(月)
10/3(月)
ATP250成都オープン
10/3(月)
10/9(日)
ATP500楽天ジャパン オープン
(有明/ハード)
10/3(月)
10/9(日)
ATP500チャイナオープン
10/10(月)
10/16(日)
ATP1000上海マスターズ
(中国/ハード)
10/22(土)
10/30(日)
ATP500スイスインドアバーゼル
10/22(土)
10/30(日)
ATP500エルステバンク オープン
(ウィーン/室内ハード)
TBC
1/0(土)
ATP250ヨーロピアンオープン
TBC
1/0(土)
ATP250サンクトペテルブルク
(ATP500)
10/29(土)
11/6(日)
ATP1000パリ・マスターズ
(フランス/室内ハード)
TBC
ATP250ストックホルム・オープン
(フランス/室内ハード)
TBC
ATP250VTBクレムリンカップ
TBC
ATP
Finals
ATPファイナルズ
(トリノ/室内ハード)

錦織圭 2014年シーズンの試合詳細 結果一覧

→錦織圭 選手の2022最新の情報へ戻る

2014年11月

バークレイズ ATP ワールド・ツアー・ファイナル|

この年だけで4勝し、年間ポイント獲得上位8名が出場できるツアーファイナルズに初出場!

ロンドン(イギリス)
錦織圭 大会時のランキング : 5
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
WRRアンディ・マレー(イギリス)66-4 6-4
LRRロジャー・フェデラー(スイス)23-6 2-6
WRRダビド・フェレール(スペイン)104-6 6-4 6-1
L準決勝ノバク・ジョコビッチ(セルビア)11-6 6-3 0-6

2014年10月

BNP パリバ・マスターズ|

パリ(フランス)
錦織圭 大会時のランキング : 7
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦トミー・ロブレド(スペイン)216-7(5) 6-2 6-3
W3回戦ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)126-1 4-6 6-4
W準々決勝ダビド・フェレール(スペイン)63-6 7-6(5) 6-4
L準決勝ノバク・ジョコビッチ(セルビア)12-6 3-6

上海 ロレックス・マスターズ|

上海(中国)
錦織圭 大会時のランキング : 6
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
L2回戦ジャック・ソック(アメリカ)606-7(5) 4-6

2014年09月

楽天ジャパンオープンテニス|7勝目

2014年シーズンは4勝を達成!

東京(日本)
錦織圭 大会時のランキング : 8
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦イバン・ドディグ(クロアチア)646-3 6-4
W2回戦ドナルド・ヤング(アメリカ)506-4 7-6(4)
W準々決勝ジェレミー・シャルディ(フランス)356-4 6-2
W準決勝ベンジャミン・ベッカー(ドイツ)664-6 6-0 7-6(2)
W決勝ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)67-6(5) 4-6 6-4

マレーシア・オープン|6勝目

クアラルンプール(マレーシア)
錦織圭 大会時のランキング : 8
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦ラジーブ・ラム(アメリカ)1506-2 6-3
W準々決勝マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)786-3 6-0
W準決勝ヤルコ・ニーミネン(フィンランド)576-3 4-6 6-2
W決勝ジュリアン・ベネトー287-6(4) 6-4

2014年08月

全米オープン|グランドスラム初の決勝進出!

ニューヨーク(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 11
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦ウェイン・オデスニック(アメリカ)1766-2 6-4 6-2
W2回戦パブロ・アンドゥハル(スペイン)486-4 6-1 RET
W3回戦レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)266-4 6-2 6-3
W4回戦ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)64-6 7-6(4) 6-7(6) 7-5 6-4
W準々決勝スタン・バブリンカ(スイス)43-6 7-5 7-6(7) 6-7(5) 6-4
W準決勝ノバク・ジョコビッチ(セルビア)16-4 1-6 7-6(4) 6-3
L決勝マリン・チリッチ(クロアチア)163-6 3-6 3-6

2014年07月

シティ・オープン|

ワシントンD.C.(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 11
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦サム・クエリー(アメリカ)636-4 5-7 6-4
W3回戦ルーカス・ラッコ(スロバキア)916-2 2-6 6-3
L準々決勝リシャール・ガスケ(フランス)141-6 4-6

2014年06月

ウィンブルドン|

ロンドン(イギリス)
錦織圭 大会時のランキング : 12
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦ケニー・デ シェパー(フランス)736-4 7-6(5) 7-5
W2回戦デニス・クドラ(アメリカ)1366-3 6-2 6-1
W3回戦シモーヌ・ボレッリ(イタリア)1323-6 6-3 4-6 7-6(4) 6-4
L4回戦ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)96-4 1-6 6-7(4) 3-6

ゲリー・ウェーバー・オープン|

ハレ(ドイツ)
錦織圭 大会時のランキング : 12
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦ガエル・モンフィス(フランス)206-1 3-6 6-3
W準々決勝スティーブ・ジョンソン(アメリカ)636-1 7-6(4)
L準決勝ロジャー・フェデラー(スイス)43-6 6-7(4)

2014年05月

全仏オープン|

パリ(フランス)
錦織圭 大会時のランキング : 10
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
L1回戦マルティン・クーリザン(スロバキア)596-7(4) 1-6 2-6

ムトゥア・マドリッド・オープン|

マドリッド(スペイン)
錦織圭 大会時のランキング : 12
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦イバン・ドディグ(クロアチア)396-4 6-4
W2回戦ギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)386-3 6-1
W3回戦ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)97-6(5) 7-6(5)
W準々決勝フェリシアーノ・ロペス(スペイン)296-4 6-4
W準決勝ダビド・フェレール(スペイン)57-6(5) 5-7 6-3
L決勝ラファエル・ナダル(スペイン)16-2 4-6 0-3 RET

2014年04月

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル|5勝目

この年の2勝目がバルセロナ・オープン

バルセロナ(スペイン)
錦織圭 大会時のランキング : 17
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)456-1 4-6 6-3
W3回戦アンドレイ・ゴルベフ(カザフスタン)606-0 6-4
W準々決勝マリン・チリッチ(クロアチア)276-1 6-3
W準決勝エルネスツ・ガルビス(ラトビア)236-2 6-4
W決勝サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)656-2 6-2

2014年03月

ソニー・オープン|

マイアミ(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 21
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)726-4 6-1
W3回戦グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)167-6(1) 7-5
W4回戦ダビド・フェレール(スペイン)47-6(7) 2-6 7-6(9)
W準々決勝ロジャー・フェデラー(スイス)53-6 7-5 6-4
L準決勝ノバク・ジョコビッチ(セルビア)2W/O

BNP パリバ・オープン|

インディアンウェルズ(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 21
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦サンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)716-1 6-3
L3回戦トミー・ハース(ドイツ)126-7(3) 2-6

2014年02月

デルレイビーチ国際|

デルレイビーチ(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 15
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦ガスタオ・エリアス(ポルトガル)1696-1 5-7 6-2
L2回戦ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)652-4 RET

USナショナル・インドア・テニス選手権|4勝目

2013年に続き2連覇

メンフィス(アメリカ)
錦織圭 大会時のランキング : 16
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦ベンジャミン・ベッカー(ドイツ)886-4 6-4
W準々決勝アレクス・ボゴモロフJR(ロシア)963-6 6-3 6-2
W準決勝マイケル・ラッセル(アメリカ)986-3 6-2
W決勝イボ・カルロビッチ(クロアチア)806-4 7-6

デビスカップ ワールドグループ 1回戦|

東京(日本)
錦織圭 大会時のランキング : 18
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
WRRピーター・ポランスキー(カナダ)1356-4 6-4 6-4
WRRフランク・ダンシェビッチ(カナダ)1196-2 1-0 RET

2014年01月

全豪オープン|

メルボルン(オーストラリア)
錦織圭 大会時のランキング : 18
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
W1回戦マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)546-3 5-7 6-2 4-6 6-2
W2回戦ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)1176-1 6-1 7-6
W3回戦ドナルド・ヤング(アメリカ)917-5 6-1 6-0
L4回戦ラファエル・ナダル(スペイン)16-7(3) 5-7 6-7(3)

2013年12月

ブリスベン国際|

ブリスベン(オーストラリア)
錦織圭 大会時のランキング : 17
W-Lラウンド対戦相手Rankスコア
1回戦Bye
W2回戦マシュー・エブデン(オーストラリア)686-2 6-4
W準々決勝マリン・チリッチ(クロアチア)376-4 5-7 6-2
L準決勝レイトン・ヒューイット(オーストラリア)607-5 4-6 3-6

資料:ATPツアー公式サイト

錦織圭 2019年~2007年シーズンの試合結果一覧

  1. 2019年シーズンの試合結果一覧
  2. 2018年シーズンの試合結果一覧
  3. 2017年シーズンの試合結果一覧
  4. 2016年シーズンの試合結果一覧
  5. 2015年シーズンの試合結果一覧
  6. 2014年シーズンの試合結果一覧
  7. 2013年シーズンの試合結果一覧
  8. 2012年シーズンの試合結果一覧
  9. 2011年シーズンの試合結果一覧
  10. 2010年シーズンの試合結果一覧
  11. 2009年シーズンの試合結果一覧
  12. 2008年シーズンの試合結果一覧
  13. 2007年プロデビューシーズンの結果一覧
The following two tabs change content below.
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴6年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1200記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら