錦織圭、2020年の日程と最新ニュース!
錦織圭の最新ニュース
大坂なおみ次戦の試合予定!
大坂選手の次戦や最新情報!

錦織圭、2020年シーズンに向け復帰への道のり

錦織圭, 錦織圭特集

錦織圭の復帰について

錦織選手の2019年シーズンの開幕はブリスベン国際で優勝し、全豪オープンテニスでもベスト8入りと好スタートを切り、初のATPマスターズ1000、グランドスラムされました。

5月の全仏オープン以降、右ひじの痛みに悩まされた錦織選手のこれまでの経緯や、2020年シーズンに向けての状況をまとめました。

錦織圭 選手の2019年後半のまとめ

■2019年9月21日
右ひじの怪我のため楽天オープン2019を欠場を発表
「けがはよくなってきていて、痛みも消えている、100パーセントは回復していない、3・4週間のオフを取った方がよいとアドバイスされた、なるべく違和感をなくしたい」
その後、上海オープンとUNIQLO LifeWear Day Tokyoも欠場

■2019年10月15日
ダンテボッティーニとのコーチ解消を発表
「この9年間、本当に毎日毎日一緒にトレーニングしてきて、今新しい声を聞く時だと決断した。ダンテの僕のキャリアへの貢献には感謝し、もちろんこれからも親友。9年間の僕らの友情に心から感謝」とコメント
→ダンテ・ボッテイーニの経歴と錦織圭のコーチ就任への経緯

その後「あんまり肘の調子が良くないので、もうちょっと時間がかかるかもしれない」としてエルステバンクオープンを欠場、続くパリマスターズも欠場

■2019年10月22日
右ひじの手術を発表
「全仏オープン以降、右ひじの炎症に苦しめられた。しばらく休養をとってきたけど、ここまでかけた時間では休養とリハビリが十分ではないと分かった。明日、右ひじにできた小さい2つの骨棘(こっきょく)を取り除くために小さな手術を受けることになった」
これにより2019年シーズンは終了へ

■2019年10月23日
無事に手術終了

錦織圭選手が復帰に向けての状況やコメント集

ここからは、右ひじの手術後の状況など

IMGのオリバー氏⁦のコメントによると「手術後、4〜6週間の静養が必要で練習開始は12月第1週の見込み」という。12月末のハワイのトーナメントから実戦に復帰できる見込と公表
→【錦織圭】ハワイ オープンテニス 2019の試合予定と放送情報

■2019年10月26日
ギブスをしながら早くもリハビリ開始

■2019年10月27日
錦織選手から、手術後SNSで「力強く戻ってこれるように頑張ります。」とコメント

■2019年11月19日
錦織選手が自身のSNSで非常に軽くですが、手術後はじめてラケットを使いボールを打つ模様をSNSで公開、コメントでも「No pain」と痛みは出ていないとの事!

■2019年11月25日
錦織選手がついにコートに復帰!フォアハンド・バックハンド共に軽くですが、コートで練習を再開2020年2月に開催されるニューヨークオープンにエントリーを表明、4連覇(2013-2016)したメンフィスオープンに代わって2018年から新設された大会

■2019年11月27日
LIXILの東京2020パラリンピック聖火ランナー募集、記者会見に参加した錦織選手「

いまはリハビリをしながら、いい来年を迎えられるように準備している。この時期を有意義な、意味のあるリハビリの期間にする。五輪が一番の目標。そこに向けていい準備していく」と語る

■2019年11月30日
男子ダブルス元世界1位の マックス・ミルヌイをコーチに迎えることを発表!
→新コーチに【マックス・ミルヌイ】のプロフィール

■2019年12月7日
ウイルソンが2020年9月から使用するラケットのデザイン募集会に出席

現在の状況を聞かれると「(味の素ナショナルトレーニングセンター)最近やっとスポンジボールを打てるようになった。軽いラケットから始めて、今月末にはしっかり打てるようにしたい」

東京五輪については「楽しみ。日本でできるのは幸せなこと。いい結果を残したい。あとは、なおみちゃんが何とかやってくれると思います」

来シーズンの復帰については「戻ってこられるのは1月のどこか。もしかしたら2月。来年の後半にはしっかりプレーができるようになっていたい」

「絶対に無理はしたくない」

「今月末には普通のボールを打ちたい」

「30歳になって、引退の方が近くなってきたが、体に衰えは感じていない。来年の後半くらいには、いいテニスができるように戻ってきたい」

「(現役生活を)長くやるため」「まずはしっかり治して、来年の後半くらいにはいいテニスができるように戻ってきたい」

■2019年12月27日

錦織圭選手が100%の準備が出来ていないとして、ハワイオープンの欠場をSNS(Twitter)で発表しました。(12/27 9:00)

Unfortunately I have to pull out of the @hitennisopen this year.

I am not 100% ready yet. It is very disappointing as I love coming here and look forward to meeting tennis fans here this week 🤙🤙

■2019年12月27日

日本時間 2019年12月30日11時頃、錦織圭(30才)選手がATPカップと全豪オープンテニス2020の欠場を自身のSNSで発表しました。

・錦織選手が発表した全文

残念ながら、ATPカップとオージーオープン(全豪オープン)を撤退する必要があります。今日、チームと一緒にこの決断をしました。最高レベルで戦うための、100%の準備が整っていない状況です。オーストラリアはお気に入りの大会の1つであるため、この決断は軽くは出来ませんでした。チームと一緒に、できるだけ早くコートに戻るためにハードワークを続けます。

すべてのサポートに感謝します。

Unfortunately l have to pull out of the ATP Cup and the Aussie open.

Today,together with my team,

we have made this decision as l am still not 100 percent ready/healthy to compete at the highest level.

This decision was not taken lightly as Australia is one of my favorite places to compete.

Together with my team l will keep working hard to be back on court as soon as possible.

Thanks for all the support.

錦織圭 選手、1/14 22時頃に右肘のサポーターが見えましたが、かなり強くボールを叩く模様を公式アプリで公開、最後はお茶目な様子を見せています。リハビリが順調な様子が伺えます。(1/14 22:00)

錦織圭 選手、ついにフォアハンドの練習の模様をアプリ(https://www.keisapp.com/)で公開、下記は@keinishikoriのリツイート(1/11 20:40)

錦織圭選手は1/8、オフィシャルSNSで右肘の手術後、初めてコートに戻りサーブ練習の模様を公開!復帰に向け順調にリハビリが進んでいるようです!

12月29日に誕生日を迎えた錦織圭選手、残念ながらATPカップ全豪オープンテニス2020の欠場をSNSで発表しました。(12/30 11:00)

Unfortunately I hava to pull out of the Atp cup and the Aussie Open

オーストラリアの森林火災の寄付に関する運動として、親交のあるサッカーの本田圭佑選手からバトンを受けとる錦織 選手

錦織圭選手が東京オリンピックスポーツクライミング代表に内定している、野口啓代(のぐちあきよ)選手のInstagramに登場!ボルダリングをする姿を見せています、右肘も使いますが、前腕、指の筋肉、上半身、下半身と全身を使う競技ですが、錦織選手の回復ぶりが伺えます。

錦織選手は復帰を予定していた2大会をキャンセルし状況が気になるところですが、2/9(日)に駒沢屋内球技場で行われた、スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップを観戦した模様です。


リハビリは順調のようです、来年に向け、しかっりとしたビジョンがある錦織選手、試合姿をみたいのはもちろんですが、現役を長く続ける為にも、しっかり治し、2020年の東京オリンピック付近から、USオープンへ向け、一ファンとしてはグランドスラム初制覇を見せて欲しいところです。

全豪オープン後のニューヨークオープン2020⇒デルレイビーチ・オープン2020も2大会連続で、欠場を発表しています。

気になる復帰プランですが、日本で開催されるデビスカップが予想されています。

欠場となったニューヨークオープン2020は下記特集サイトからご覧下さい。
⇒【ニューヨーク・オープン2020】日程、放送予定、トーナメント表(ドロー)、ポイント、ツアー情報

復帰第2戦として予定していたデルレイビーチ・オープンも欠場、下記特集サイトからご覧頂けます
⇒【デルレイビーチ・オープン2020】日程、放送予定、トーナメント表(ドロー)、ポイント、ツアー情報

The following two tabs change content below.
アバター
スポーツライター(ぐぐスポ!でのライター歴5年目に突入) 埼玉県出身(東京都在住)。大手通信会社を退社後、WEB制作や記事作成の仕事を立ち上げる。学生時代はテニス・サッカーを行い、様々なスポーツに親しみながら知識を深め、ATPツアー・WTAツアーなど年間100試合以上、サッカー・ラグビー・野球・フュギュアスケート・卓球・バドミントン・オリンピックやその他のスポーツを含めると、ほぼ競技を見ない日は無いという現状、どの分野でも徹底した調査と取材をモットーに1000記事以上作成の実績 記事についてのご意見などは→お問合せ、SNS(Twitterfacebook)、メールからご連絡下さい。 更に詳しいプロフィールは→こちら